• m3.com 電子書籍
  • 医学図書出版
  • 泌尿器外科 2021年9月号(Vol.34 No.9)【特集】こんな時どうする!難治性 /共存疾患を有する下部尿路機能障害症例に対する外科的治療

泌尿器外科 2021年9月号(Vol.34 No.9)【特集】こんな時どうする!難治性 /共存疾患を有する下部尿路機能障害症例に対する外科的治療

  • ページ数 : 99頁
  • 書籍発行日 : 2021年9月
  • 電子版発売日 : 2022年7月29日
¥3,300(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 60pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

特集 こんな時どうする!難治性 /共存疾患を有する下部尿路機能障害症例に対する外科的治療
男性難治性過活動膀胱の治療:仙骨神経刺激療法かA型ボツリヌス毒素膀胱壁内注入手術か?/排尿筋低活動を伴う前立腺肥大症に対する外科的治療は有効なのか?/認知症患者における前立腺肥大症手術 ほか

≫ 「泌尿器外科」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

序文


本号の特集は,「こんな時どうする!難治性/ 共存疾患を有する下部尿路機能障害症例に対する外科的治療」です。泌尿器外科の特集は系統的な内容の企画が多いと思いますので,本号の特集内容は,やや変化球と言えるかも知れません。今回は,超高齢化社会の泌尿器科診療の中で小職が常日頃疑問を抱いている,あるいは実際に困っていることを,“Meet the Expert”的な感じで企画させていただきました。執筆依頼をご快諾いただいた上に,教育的かつ示唆に富む総説をご執筆いただいた先生方に心より感謝申し上げます。ご執筆の先生方にご依頼した際の「企画書」に記載させていただいた副題は以下の通りです(一部改変)。

・難治性過活動膀胱

「 前立腺はやや大きめみたいなんですが,仙骨神経刺激療法と経尿道的 A 型ボツリヌス毒素膀胱壁内注入手術のどちらをお勧めするべきでしょうか?」

・前立腺肥大症

「 手術をお勧めすべきか迷っています。膀胱の収縮力が弱くても大丈夫でしょうか? 過活動膀胱を合併していても大丈夫でしょうか?」

「 認知症の患者さんで尿閉を繰り返しているが,清潔間欠導尿は不可能,尿道カテーテル留置の管理も困難で,さて困った。どの術式なら可能ですか?」

「 手術適応はあるが,抗血栓療法を行っている診療科から,できれば抗血栓療法を継続してもらいたいと言われ,さて困った。どの術式が良いでしょうか?」

・腹圧性尿失禁

「 腹圧性尿失禁の患者さんで,尿流測定・残尿測定上どうも低活動膀胱 / 排尿筋低活動が疑わしいが,患者さんが困っているのは尿失禁。腹圧性尿失禁手術を行っても良いものでしょうか?」

・骨盤臓器脱

「 ご高齢の患者さんで,ペッサリーでは管理不能,尿排出障害があるが尿道カテーテル留置も行き詰まりそうで,さて困った。どの術式が良いでしょうか?」

・神経因性下部尿路機能障害

「間欠導尿が無理な場合は,尿道カテーテル留置やむなしで宜しいでしょうか?」

「 腹圧性尿失禁で困っているようですが,TVT あるいは TOT を行って清潔間欠導尿を続けて行けば良いのでしょうか?」

泌尿器科医の重要な役割の一つは,「尿を,いかに漏らさず,かつ滞らさず」に尿路管理を行うかにあると思います。様々なデバイスの発展,手術の低侵襲化,周術期管理の進歩などに伴い,従来は「手術は無理です」となっていた病態でも手術可能な時代になってきています。外科的治療によって,患者さんあるいは介護者の生活の質を向上させ,患者さんの尊厳の維持を達成するためには,適切な患者選択,正確な診断,十分なインフォームドコンセントの取得,低侵襲手術,綿密な周術期管理が必須と思われます。今回の特集には,上述の副題に該当する患者さんに対して,これらの諸点に関するヒントが散りばめられていると思います。読者の先生方の日常診療の参考としていただけましたら幸甚です。


東邦大学医療センター大橋病院泌尿器科
関戸 哲利

目次

特集:こんな時どうする!難治性 /共存疾患を有する下部尿路機能障害症例に対する外科的治療

序文

東邦大学医療センター大橋病院泌尿器科 関戸 哲利

男性難治性過活動膀胱の治療:仙骨神経刺激療法かA型ボツリヌス毒素膀胱壁内注入手術か?

獨協医科大学排泄機能センター 山西 友典,他

排尿筋低活動を伴う前立腺肥大症に対する外科的治療は有効なのか?

名古屋大学大学院医学系研究科泌尿器科学 松川 宜久

認知症患者における前立腺肥大症手術

長久保病院 桑原 勝孝

認知症患者における前立腺肥大症手術:どの術式なら可能なのか?─膀胱皮膚瘻─

佐賀大学泌尿器科 東武 昇平,他

抗血栓療法中の患者における前立腺肥大症手術はレーザー蒸散術が第一選択である

福岡山王病院泌尿器科 野村 博之

低活動膀胱 / 排尿筋低活動を伴う腹圧性尿失禁:尿失禁手術は選択肢になるか?

東京女子医科大学東医療センター骨盤底機能再建診療部 巴 ひかる

高齢者の骨盤臓器脱に対する外科的治療:どの術式が良いのか?

日本大学医学部泌尿器科学系泌尿器科学分野 吉澤  剛,他

清潔間欠導尿が不可能な患者の尿路管理法:恥骨上膀胱瘻カテーテル留置法

兵庫県立リハビリテーション中央病院泌尿器科 仙石  淳,他

高齢者の神経因性下部尿路障害に伴う腹圧性尿失禁に対する外科手術

北海道大学大学院医学研究院腎泌尿器外科学教室 千葉 博基,他

連載

第128回 泌尿器科領域におけるトラブルシューティング

肝不全,怖し恐ろし,侮るなかれ

金沢大学大学院医薬保健学総合研究科泌尿器集学的治療学 八重樫 洋,他

総説

前立腺癌治療における認知機能マネジメントの重要性

京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 谷向  仁,他

臨床研究

前立腺針生検の手法別合併症に関する多施設共同研究

済生会京都府病院泌尿器科 稲葉 光彦,他

症例報告

透析腎がん患者に発生した膀胱転移の1例

日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院泌尿器科 山田 浩史,他

恥骨後式前立腺全摘後,完全重複尿管に合併した腎盂癌に対する経尿道的尿管引き抜き術の経験

紀南病院泌尿器科 楠本 浩貴,他

膀胱原発神経鞘腫の1例

日本赤十字社医療センター泌尿器科 北村 年由,他

保存的治療にて長期間の経過観察を行っている前立腺 Stromal tumors of uncertain malignant potential(STUMP)の1例

東京逓信病院泌尿器科 加藤 真実,他

高齢男性にびまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫と精巣原発高分化神経内分泌腫瘍を合併した1例

自治医科大学腎泌尿器外科学講座泌尿器科学部門 横山 博崇,他

臨床経験

人工尿道括約筋植込・置換術における「細い」尿道に対する対応の工夫

奈良県総合医療センター泌尿器科 大森 千尋,他

地方会

第116,118回 日本泌尿器科学会茨城地方会

令和2年度 高知泌尿器科会

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:6.1MB以上(インストール時:16.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:24.3MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:6.1MB以上(インストール時:16.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:24.3MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784865174373
  • ページ数:99頁
  • 書籍発行日:2021年9月
  • 電子版発売日:2022年7月29日
  • 判:A4判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。