• m3.com 電子書籍
  • 産科と婦人科 2022年 Vol.89 No.9【特集】プロゲステロン・プロゲスト―ゲン・プロゲスチン―黄体ホルモンのすべて―

産科と婦人科 2022年 Vol.89 No.9【特集】プロゲステロン・プロゲスト―ゲン・プロゲスチン―黄体ホルモンのすべて―

  • ページ数 : 130頁
  • 書籍発行日 : 2022年8月
  • 電子版発売日 : 2022年8月19日
¥3,190(税込)
ポイント : 58 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

歴史・分類,分子生物学・血管生物学,月経異常や子宮内膜がんなど臨床での使われ方,新規薬剤まで網羅的に解説いただきました.黄体ホルモンの奥深さに触れてください.

≫ 「産科と婦人科」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

プロゲステロン・プロゲストーゲン・プロゲスチン
―黄体ホルモンのすべて―


「黄体ホルモン」は産婦人科医にとってはあまりに馴染み深い存在である.

生殖内分泌・周産期・腫瘍・女性医学すべての専門分野にわたって,日々これを測定し,あるいは薬剤として用いている.一方で身近過ぎるがゆえに,その構造や作用について深く思いを致すことは少ない.また臨床医になってからは,「黄体ホルモンとは何か」「どのように分類されるのか」「どのような機能をもつのか」等について体系的な教育を受ける機会は意外に少ないので,専門家として十分な経験を積んでいるはずの上級医でありながら,ややもすると「プロゲステロン」「プロゲストーゲン」「プロゲスチン」の使い分けすらあやしかったりする.

このような思いから,黄体ホルモンについて改めて一から学び直すことができるようにと,本特集を企画した.最初に黄体ホルモンの「歴史」や「分類」,そして受容体を介する作用についての「分子機構」,血管機能への影響に関する「血管生物学」など,その道の達人に基礎的知見をまとめていただいた.次いで,産婦人科臨床の様々な局面における黄体ホルモンの意義について考えるために,「月経異常」「メンタルヘルス」「OC・LEP」「緊急避妊」「子宮内膜症」「生殖補助医療」「早産」「子宮内膜がん」「HRT」といったテーマを選択し,疾患に黄体ホルモンが与える影響と,治療薬としての黄体ホルモン薬の有効性について,エキスパートの先生方に実践的な解説をいただいた.最後に,新規黄体ホルモン系薬剤に関する話題として,「天然型黄体ホルモンのHRTへの応用」と「選択的プロゲステロン受容体修飾薬(SPRM)の今後の展望」という2つのトピックを取り上げた.

この1冊で「黄体ホルモンのすべて」がわかる,といえば少し盛り過ぎなのだろうけれど,若い先生方には黄体ホルモンの世界の広さと深さを感じ取っていただき,またべテランの先生方には異なるサブスペシャリティにおける黄体ホルモンの現在についての知識をアップデートしていただきたいと願っている.本特集が,生涯学習が深化する起点となれば幸いである.


(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科茨城県地域産科婦人科学講座 寺内公一)

目次

特集:プロゲステロン・プロゲスト―ゲン・プロゲスチン―黄体ホルモンのすべて―

Ⅰ.黄体ホルモンの基礎

1 .黄体ホルモンの歴史 / 村田紘未・他

2 .黄体ホルモンの分類 / 北脇 城

3 .黄体ホルモンの分子機構 / 松尾光徳・他

4 .黄体ホルモンの血管生物学 / 伊藤文武

Ⅱ.黄体ホルモンの臨床

5 .黄体ホルモンと月経異常 / 樋口 毅

6 .黄体ホルモンとメンタルヘルス / 小川真里子・他

7 .黄体ホルモンとOC・LEP / 篠原康一

8 .黄体ホルモンと緊急避妊 / 北村邦夫

9 .黄体ホルモンと子宮内膜症 / 北島道夫

10.黄体ホルモンと生殖補助医療 / 岩佐 武・他

11.黄体ホルモンと早産 / 桑原慶充

12.黄体ホルモンと子宮内膜がん / 澤田健二郎

13.黄体ホルモンとHRT / 岡野浩哉

Ⅲ.新規黄体ホルモン系薬剤

14.天然型黄体ホルモンのHRTへの応用 / 寺内公一

15.選択的プロゲステロン受容体修飾薬(SPRM)の今後の展望 / 山口宗影・他

連載

医療裁判の現場から 第34回

乳頭腺管がんと診断され,乳房全部摘出術を受けたが,多臓器転移し,最終的に死亡したとして,乳がん検診にて異常がないと診断されていたことにつき,損害賠償請求された事例 / 粟野公一郎

原著

D&C手術における傍頸管ブロックの有用性について / 山内茂人・他

症例

子宮頸癌治癒後の広汎な皮膚真菌感染症により腫瘍マーカーSCCが上昇した1例 / 清水綾乃・他

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:10.0MB以上(インストール時:23.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:39.9MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:10.0MB以上(インストール時:23.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:39.9MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784015208909
  • ページ数:130頁
  • 書籍発行日:2022年8月
  • 電子版発売日:2022年8月19日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。