• M2PLUS
  • シーニュ
  • 救急外来 診療の原則集―あたりまえのことをあたりまえに

救急外来 診療の原則集―あたりまえのことをあたりまえに

  • ISBN : 9784990950514
  • ページ数 : 327頁
  • 書籍発行日 : 2017年11月
  • 電子版発売日 : 2022年9月30日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 2
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,620 (税込)
ポイント : 84 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

教育への情熱で磨かれたキーフレーズ+解説

●簡単なようで難しい,身に着ければ強い―それが「あたりまえのこと」
●臨床とともに,研修医向けの教育講習を重ねている著者によるパール集
●全21章,101項目(病歴聴取,病状説明,救急診療で遭遇する頻度が高い疾患や症候)

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに

「俺はフランケンシュタイン,偶然から生まれたのだ,生命など~♫」.これはミュージカル「フランケンシュタイン」(2017 年1 月 日生劇場)のビッグナンバー「偉大な生命創造の歴史が始まる」の一節です.フランケンシュタインと聞くとみなさんはどのような映像が頭に浮かぶでしょうか?

イラストのような怪物をイメージする人が多いと思います(私は漫画『ドラゴンボール』の人造人間8 号がすぐに頭に浮かびました).しかし,実はフランケンシュタインとは,怪物をつくった科学者の名前(ヴィクター・フランケンシュタイン)なのです.

いかなる状況においても病歴,vital signs,身体所見が大切なことは誰もが「あたりまえ」と思っていることでしょう.しかし,緊急度や重症度が高い患者さんが多く,時間や資源,そして人材が限られた救急という状況では,それをいつの間にか忘れてしまい,病歴聴取を疎かにしてしまったり,身体所見を取らずに検査を依頼してしまったりすることが少なくありません.

私は現在,年間20 数か所の研修病院で研修医に対してレクチャーをする機会がありますが,どこの病院でも同じような質問を受けます.救急外来の最前線にいる研修医が悩んでいることは最新のエビデンスではなく,基本的な事項です.本書は救急診療において最低限押さえておくべき基本的事項,「あたりまえ」に行うべき内容をまとめたものです.フランケンシュタインが怪物ではなく博士の名前であったように,あたりまえに思っていたことが実はあたりまえではないことが意外と多いのではないでしょうか.

「あたりまえのことをあたりまえに」─これは簡単なようで実は難しく,普段から意識しておかなければ実践できません.本書が日頃行っている診療を見直すきっかになれば幸いです.

さいごに,普段私を支えてくれている妻,二人の子どもたちに感謝します.


2017 年7 月

坂本 壮

■ 目次

1.病歴聴取

1焦ってはいけない︕

2既往歴は具体的に聞くこと︕  ほか

2.消化管出血

1Hb値で判断するな︕

2血圧のみで判断するな︕  ほか

3.敗血症

1定義は正確に

2vital signsに注目︕  ほか

4.肺炎

1肺炎は除外診断だ︕

2喀痰採取に命をかけろ︕  ほか

5.尿路感染症

1尿路感染症は除外診断だ︕

2症状がなければ治療するな︕  ほか

6.髄膜炎

1意識障害を軽視するな︕

2腰椎穿刺を躊躇するな︕  ほか

7.皮膚軟部組織感染症

1見た目で判断するな︕

2迷ったら 小切開︕

8.カテーテル関連血流感染症

1「カテ感染」は血流感染だ︕

9.抗菌薬

1「広域抗菌薬=最強」ではない︕

2抗菌薬はfull dose︕    ほか

10.意識障害

1頭蓋内疾患 血圧は上がるぞ︕

2重度の意識障害は気管挿管の適応だ   ほか

11.失神

1外傷患者 受傷原因を追求せよ︕

2まず心血管性失神を考える    ほか

12.痙攣

1原因検索を怠るな︕

2目の前の痙攣を止めるのはジアゼパム   ほか

13.呼吸困難

1病歴・身体所見で判断せよ︕

2心不全 心臓の動きで判断するな︕  ほか

14.疼痛

1突然発症の病歴に要注意︕

2痛いのは裂けているとき︕  ほか

15.頭部外傷

1後頸部の圧痛を確認せよ︕

2CTを撮るべきか,撮らざるべきか,それが問題だ︕  ほか

16.脳卒中

1発症時間を確定する努力を怠るな︕

2stroke mimicsを除外せよ︕  ほか

17.心房細動

1発作性だからといって安心するな︕

2スコアではなく患者さんを診よ︕

18.尿路結石

1尿検査ではなくエコーをやろう︕

2急性閉塞性腎盂腎炎を見逃すな︕

19.アナフィラキシー

1消化器症状に要注意

2アドレナリンを躊躇するな︕  ほか

20.帯状疱疹

1帯状疱疹 症状多彩︕

2誰もが腎障害を起こしうる︕  ほか

21.病状説明

1患者さんは一人ではない︕

2DNARの解釈は適切に

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.1MB以上(インストール時:23.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.1MB以上(インストール時:23.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません