救急医学2023年2月号(47巻2号) 薬のエキスパートに学ぶ 見逃されやすい副作用・相互作用

  • ページ数 : 139頁
  • 書籍発行日 : 2023年2月
  • 電子版発売日 : 2023年2月8日
¥3,190(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 174pt ( 6 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

救急診療でピットフォールとなり得る薬剤の副作用・相互作用。いつでも疑い、素早く判断するために。“オール薬剤師”のスペシャリストによる状況別・薬剤別の解説から、正しい知識を身につけよう。

≫ 「救急医学」最新号・バックナンバーはこちら
救急医学2023年1~12月年間購読 受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

薬のエキスパートに学ぶ
見逃されやすい副作用・相互作用


本誌読者の救急医の先生方は,例えば頭痛や腹痛,悪心,嘔吐などの比較的軽い症状を訴えるケースから,心肺停止や脳卒中など直接命にかかわるケースまで,救急に訪れる実にさまざまな患者に対して,その訴えや他覚的所見から迅速,そして確実に診断・治療を行っているものと考えます。しかしながら,患者の訴えをよく聞くと/診ると,いずれも薬の副作用としても散見されるものばかり,というケースもあり,果たしてそれが原疾患によるものなのか,それとも常用薬によるものなのか,あるいはつい先程投与した治療薬による反応なのか,判断に迷うことも多いでしょう。そのような救急の現場だからこそ,既往歴や常用薬,アレルギー歴や副作用歴などについて,薬剤師も協働して確認・対処することが非常に重要であると,改めて気づかされます。

このような背景をふまえ今号の『救急医学』では,救急症候と間違えやすい薬の副作用や,決して見逃してはならない重篤な副作用・相互作用,さらには臓器機能の低下や亢進に影響を受ける薬の作用について,薬の専門家たる薬剤師が詳細に解説することで,救急医や現場スタッフの“引き出し”の数を増やすことに寄与すべく,「薬のエキスパートに学ぶ 見逃されやすい副作用・相互作用」と題した特集を企画いたしました。

本誌としては珍しい“オール薬剤師”の執筆陣による,各薬剤の副作用・相互作用の特徴・機序・対策などの丁寧な解説が,救急医の先生方の日々の臨床に役立つことを期待しております。そして,それがひいては薬剤師と救急医のより有意義な連携・協働につながっていくことを願って,本特集をお届けいたします。


【特集企画ゲストエディター】
日本赤十字社医療センター薬剤部部長 細谷  治
埼玉医科大学病院薬剤部係長 鈴木 善樹

目次

特集

Ⅰ.総 論

その症状…薬の副作用じゃないですか?

国家公務員共済組合連合会虎の門病院薬剤部  林 昌洋

高齢者でとくに注意すべき薬物有害事象

鈴鹿医療科学大学薬学部  大井 一弥

小児でとくに注意すべき薬物有害事象

ココカラファイン薬局砧店  川名三知代 他

Ⅱ.薬剤・病態別各論

抗菌薬

熊本大学病院薬剤部  尾田 一貴

降圧薬

城西大学薬学部薬学科栄養治療学研究室  井上 裕

抗不安薬,抗精神病薬

居仁会総合心療センターひなが診療技術部薬剤課  和田 智仁

糖尿病薬

埼玉医科大学総合医療センター薬剤部  齋藤 健一 他

ホルモン剤

佐賀大学医学部附属病院薬剤部  飛田 修康

抗悪性腫瘍薬

飯山赤十字病院薬剤部  滝澤 康志

抗ヒスタミン薬,抗コリン薬

日本赤十字社医療センター薬剤部  西村 康孝

抗凝固薬

武蔵野赤十字病院薬剤部  細谷龍一郎 他

脂質異常症治療薬

日本大学医学部附属板橋病院薬剤部  今井 徹 他

鎮痛薬

星薬科大学実務教育研究部門  鳥越 一宏

漢方薬

東邦大学医療センター佐倉病院薬剤部  佐藤 直子

薬物動態に起因する副作用・相互作用の変動

武蔵野大学薬学部薬物動態学研究室  伊藤 清美

腎機能障害の影響

熊本赤十字病院薬剤部  下石 和樹 他

連載

救急医四方山話

異分野大学院進学のススメ

政策研究大学院大学  佐々木 暁洋

出張版Dr.ʼs Prime Academia

第2回 非専門医が行うべき! 緊急血液透析の基本

岐阜大学医学部附属病院医師育成推進センター  伊藤 貴康

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:80.7MB以上(インストール時:165.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:322.8MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:80.7MB以上(インストール時:165.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:322.8MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784012004702
  • ページ数:139頁
  • 書籍発行日:2023年2月
  • 電子版発売日:2023年2月8日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。