救急医学2023年6月号(47巻6号) FIX PICS;集中治療後症候群の予防と治療

  • ページ数 : 120頁
  • 書籍発行日 : 2023年6月
  • 電子版発売日 : 2023年6月8日
¥3,190(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 174pt ( 6 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

FIX PICS;集中治療後症候群の予防と治療
集中治療後症候群=PICSの概念提唱から10年。
PICSを“FIX”し、救急医療から集中治療へと続く重症患者の救命・予後改善につなげるために、PICSに関する最新知見・知識を“FIX”しよう。

≫ 「救急医学」最新号・バックナンバーはこちら
救急医学2023年1~12月年間購読 受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

特集 FIX PICS;集中治療後症候群の予防と治療


集中治療後症候群(post intensive care syndrome;PICS)はICU入室中・退室後そして退院後に生じる身体・認知・精神の障害であり,その家族も精神障害をきたす。米国集中治療医学会によるPICSの提唱から10年が経過した。わが国でも集中治療領域におけるPICSの知名度は高まっており,この領域のホットトピックスとなっている。しかしながら,救急医,とくに集中治療とあまり接点のない救急医の先生方にとっては,PICSについて学ぶ機会はまだ多くないかもしれない。

近年,PICSに関する疫学研究は日進月歩で日本からも数多く発表がなされており,PICSの発生頻度やリスクファクターなどが明らかになりつつある。また,PICSの予防や治療においては,早期リハビリテーションやせん妄対策などがバンドル化され,注目されている。一方で,PICSに関する介入研究は少なく,「どのような患者に,どのような介入を,いつどのように行うか」については十分に解明されていないのが現状である。さらに,急性期からのシームレスな栄養療法や口腔・嚥下ケア,ICUからの多職種連携や外来での長期フォローアップも,重症患者の長期予後改善のためには重要な要素であるものの,いずれもエビデンスは不十分で,予後改善に向けた課題は山積している。

そのような状況のなか,「PICSに関する特集を企画してほしい」という依頼を本誌編集部よりいただいた。提案された“FIX PICS” というタイトルは「PICSをいかに治療(FIX)していくか」という今後のPICS研究の方向性を示したもので,まさに妙を得たものであると考える。そこで本特集では,超高齢社会であるわが国におけるPICSの疫学・病態の概要を紹介するとともに,予防・治療に関する最新の知見をわかりやすく解説し,救急・ICU患者の長期予後改善に向けた方策を本誌読者の救急医の先生方に提案したい。

日本におけるPICS研究のフロントランナーによる丁寧な解説が,読者の皆さまのPICSに関する理解/興味を高め,それがひいては,救急医療から集中治療へと続く重症患者の救命,そして予後改善につながることを願っている。


特集企画ゲストエディター:神戸大学大学院医学研究科外科系講座災害・救急医学分野 井上 茂亮

目次

特集:FIX PICS;集中治療後症候群の予防と治療

Ⅰ.はじめに

Post intensive care syndrome ─提唱から10年,最新知見と今後の方向性

神戸大学大学院医学研究科外科系講座災害・救急医学分野 井上 茂亮

Ⅱ.PICSを理解する

PICSの構成要素─身体機能障害(ICU-AW)

大阪医科薬科大学救急医学教室 畠山 淳司

PICSの構成要素─認知機能障害

順天堂大学医学部附属浦安病院救急診療科 近藤 豊 他

PICSの構成要素─精神症状

和歌山県立医科大学救急・集中治療医学講座 島 望 他

PICS-Fとは

聖路加国際病院救急部/救命救急センター 白﨑 加純 他

PICS-pとは

国立成育医療研究センター手術・集中治療部集中治療科 成相 諒子 他

PICSとその関連病態(PIICS)

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科生体集中管理学 土屋 一成 他

PICSのリスク因子

加古川中央市民病院救急科 藤浪 好寿

ICUでの嚥下障害

岡山大学学術研究院医歯薬学域救命救急・災害医学分野 本郷 貴識 他

Ⅲ.PICSを防ぐ/治す

ABCDEFバンドル─ ICU Liberationバンドル

The Prince Charles Hospital Critical Care Research Group 劉 啓文

せん妄対策

和歌山県立医科大学救急・集中治療医学講座 宮本 恭兵

早期リハビリテーション,神経筋電気刺激療法

神戸大学大学院医学研究科外科系講座災害・救急医学分野 中西 信人

ICU日記

大阪府立病院機構大阪急性期・総合医療センター救急病棟 池条 咲希 他

栄養療法

横浜市立大学附属病院集中治療部 中村 謙介

多職種による病棟回診・外来フォロー

飯塚病院集中治療科 川上 大裕

地域医療・地域包括ケアとの連携

医療法人平寿会クリニックすみた 隅田 英憲

連載

救急医四方山話

コロナ鬱の疑い

秋田大学医学部附属病院高度救命救急センター 奥山 学

出張版Dr.ʼs Prime Academia

第6回 救急~ICUケーススタディ─外傷後の鼠径部腫脹をみたら?

練馬光が丘病院総合救急診療科 竪 良太

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:78.8MB以上(インストール時:161.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:315.0MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:78.8MB以上(インストール時:161.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:315.0MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784012004706
  • ページ数:120頁
  • 書籍発行日:2023年6月
  • 電子版発売日:2023年6月8日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。