脊椎脊髄ジャーナル36巻5号 脊髄および末梢神経鞘腫瘍のすべて

  • ページ数 : 96頁
  • 書籍発行日 : 2023年4月
  • 電子版発売日 : 2023年7月5日
¥2,750(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 50pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

特集 脊髄および末梢神経鞘腫瘍のすべて
末梢神経鞘腫瘍の病理 内藤 裕,他
神経鞘腫の細胞像 山口大介,他
神経鞘腫瘍の画像診断 大木 望,他

≫ 「脊椎脊髄ジャーナル」最新号・バックナンバーはこちら
『脊椎脊髄ジャーナル』 2023年定期購読受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

特集にあたって

本誌においても過去に取り上げられている脊髄神経鞘腫は,日本において比較的よく遭遇する良性腫瘍であり,硬膜内髄外腫瘍としてみられることが多い.神経線維腫やplexiform neurofibroma とは発生様式が異なるため,ほとんど合併症をきたすことなく全摘出可能であるが,発生を理解した摘出術がなされていない現状がある.

本稿では,神経鞘腫瘍の分類,画像診断について造詣の深い先生方にお願いして執筆いただいた.これらを理解することが私たち脊髄外科医にとっては非常に重要なことと考えている.また,私たち脊髄外科医が比較的よく遭遇する脊髄髄内神経鞘腫瘍の手術法について,国内のエキスパートに執筆いただき,手術における基本的考え方や手術方法について詳しく説明をしていただいた.私自身,末梢神経の神経鞘腫を多く取り扱うようになって,強く神経解剖を意識するに至り,この経験を脊髄神経鞘腫に生かして手術を行うようになっている.末梢神経の神経鞘腫瘍は多科に跨って診察されており,神経原生腫瘍である認識がないまま手術を行えば,重大な神経合併症をきたす.今回,末梢神経鞘腫瘍にまで話題を広げたのは,脊髄外科医が末梢神経鞘腫の外科治療にもっと参入してほしいからである.

今回の特集では主に神経鞘腫を取り扱っているが,末梢の神経鞘発生の腫瘍として神経線維腫,悪性神経鞘腫瘍についても執筆いただいた.神経鞘腫は,神経線維腫症Ⅱ型(NF‒Ⅱ)やschwannomatosis として多発することがあり,手術加療は基本的に症状のあるものに対して行われる.しかし,全身の神経鞘腫に対して手術以外の効果的な治療が開発されれば,その恩恵は大きい.神経鞘腫の現状と今後の可能性についても知識が得られるよう執筆をお願いした.今回の特集が読者の糧となることを願っている.


愛知医科大学脳神経外科・脊椎脊髄センター 原 政人

目次

特集 脊髄および末梢神経鞘腫瘍のすべて

 特集にあたって 原 政人

末梢神経鞘腫瘍の病理 内藤 裕,他

神経鞘腫の細胞像 山口大介,他

神経鞘腫瘍の画像診断 大木 望,他

神経鞘腫瘍の手術

 脊髄腫瘍(神経鞘腫)

  硬膜内髄外腫瘍の手術 髙見俊宏

  ダンベル腫瘍の手術 村田英俊

  髄内神経鞘腫 佐々田 晋,他

 末梢神経鞘腫瘍

  末梢神経鞘腫の手術 原 政人,他

  神経線維腫 吉田雄一

  悪性末梢神経鞘腫瘍 西田佳弘,他

 その他の脊髄神経鞘腫の治療

  脊髄神経鞘腫に対する定位放射線治療 水松真一郎

  分子標的薬などの化学療法 大谷理浩,他

  NF2関連神経鞘腫の腫瘍微小環境と免疫療法の可能性 田村亮太,他

Nomade

脊椎外科医の統計うんちく 武中章太

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:16.4MB以上(インストール時:35.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:65.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:16.4MB以上(インストール時:35.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:65.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784013003605
  • ページ数:96頁
  • 書籍発行日:2023年4月
  • 電子版発売日:2023年7月5日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。