ICUとCCU 2023年2月号(Vol.47 No.2)【特集】循環器集中治療と非心血管疾患

  • ページ数 : 66頁
  • 書籍発行日 : 2023年2月
  • 電子版発売日 : 2023年4月18日
¥3,410(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 62pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

【特集】循環器集中治療と非心血管疾患
CCU入室患者の非心血管疾患の実態/循環器集中治療における急性腎障害とその対応/循環器疾患に伴う敗血症─感染性心内膜炎,心血管植込み型電子デバイス(CIED)感染について ほか

≫ 「ICUとCCU」最新号・バックナンバーはこちら
ICUとCCU(2023年・定期購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

特集にあたって


近年,人口の高齢化や各種疾患の診断,治療の進歩により,寿命の延伸とともに併存疾患を有する患者が増加している。CCUの患者も50年前は急性心筋梗塞が主であったが,いまや心血管疾患と非心血管疾患が混在した状況であると欧米から報告されている1 〜3)。たとえば,急性冠症候群の診断でCCU入室となっても急性腎障害や敗血症,肺炎などを合併し,心疾患治療を難渋させ,入院期間の長期化,さらに予後悪化のリスクとなっている1,2)。CCUでは循環器医が心臓だけ治療すればいいという時代ではなくなり,併存疾患も含めた管理が必要とされている。

本特集では,循環器集中治療を担うCCUで遭遇する頻度が増えてきた非心血管疾患の状況とその対応,課題について取り上げた。近年,欧米のみならず日本でもCCU入室患者のなかで非心血管疾患の合併例の頻度が増加している。しかし,日本のCCU施設のほとんどで循環器医がその治療管理にあたっている。非心血管疾患の対応には集中治療専門医との連携が望まれていながら,集中治療専門医の数が少ないという実情がある。CCUで非心血管疾患への治療を適切に行うための新たな課題が見えてきた。循環器集中治療で合併する非心血管疾患として最も頻度が高いのが急性腎障害である。急性腎障害は予後とも関連し,そのリスク回避が必要であるが,心不全増悪がそもそもリスクとなり,大きなジレンマがある。重症化した場合には血液浄化療法が選択肢となるが,その適応や選択,そしてアウトカムは定まっていない。敗血症など重症感染症もCCUで扱う非心血管疾患として重要である。患者の高齢化も背景になるが,デバイス感染,カテーテル関連血流感染,感染性心内膜炎など循環器疾患特有の感染症もある。いずれも致死性が高く,早期診断と適切な治療の迅速な開始が求められる。循環器疾患に伴う急性呼吸不全は心不全増悪によるものが最も多い。心原性肺水腫に対する陽圧換気の有効性は高いが,その効果は一様ではない。心不全の病態を考えた呼吸管理が必要となる。循環器疾患の合併疾患として多いのが糖尿病である。循環器集中治療でも糖尿病は予後リスクだけでなく,治療の大きな障害ともなる。急性期の血糖管理の重要性は指摘されているが,その至適レベルや管理方法などまだ議論がある。

一方,循環器集中治療で患者の高齢化も大きな問題である。高齢患者は予後が悪く,集中治療の適応判断も難しい。的確な予後推定と治療ゴールを明確にし,患者の希望に基づいた意思決定支援が求められる。さらに患者の高齢化とともに心臓リハビリテーションの役割も高まっている。とくに集中治療後に生じる運動機能や認知機能・精神機能の障害が注目され,急性期における早期心臓リハビリテーション介入の重要性が指摘されている。また,循環器集中治療において,栄養管理は重要な柱になる。栄養管理が後手に回り低栄養になると治療にも大きく影響する。循環器集中治療の一環として早期から栄養管理を導入していくことが必要である。

このように近年,循環器集中治療で増加してきている非心血管疾患について,第一線でご活躍されている先生方にまとめていただいた。大変お忙しいなかご執筆いただいた著者の方々に感謝申し上げる。


東京慈恵会医科大学臨床薬理学
志賀 剛



【文献】

1) Holland EM, Moss TJ:Acute Noncardiovascular Illness in the Cardiac Intensive Care Unit. J Am Coll Cardiol 69:1999-2007, 2017

2) Watson RA, Bohula EA, Gilliland TC, et al:Editor’s Choice-Prospective registry of cardiac critical illness in a modern tertiary care Cardiac Intensive Care Unit. Eur Heart J Acute Cardiovasc Care 8:755-761, 2019

3) Fordyce CB, Katz JN, Alviar CL, et al:Prevention of Complications in the Cardiac Intensive Care Unit:A Scientific Statement From the American Heart Association. Circulation 142:e379-e406, 2020

目次

特集:循環器集中治療と非心血管疾患

特集にあたって

志賀 剛

CCU入室患者の非心血管疾患の実態

宮地 秀樹

循環器集中治療における急性腎障害とその対応

土井 研人

循環器疾患に伴う敗血症─感染性心内膜炎,心血管植込み型電子デバイス(CIED)感染について

菊池 賢

CCUにおける急性呼吸不全と管理

井上 弘貴・大野 博司

CCUと糖尿病患者の管理

南 雄一郎

超高齢者と循環器集中治療─終末期の意思決定支援を中心に

内田 雅俊・菊地 研

急性期の心臓リハビリテーション

中山 敦子

循環器集中治療と栄養管理

宮澤  靖

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:3.7MB以上(インストール時:9.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:14.7MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:3.7MB以上(インストール時:9.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:14.7MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784019004702
  • ページ数:66頁
  • 書籍発行日:2023年2月
  • 電子版発売日:2023年4月18日
  • 判:A4判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。