レジデントノート2023年12月号 Vol.25 No.13 脳卒中診療 THE スタンダード

  • ページ数 : 148頁
  • 書籍発行日 : 2022年11月
  • 電子版発売日 : 2023年11月2日
¥2,530(税込)
ポイント : 46 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

脳卒中診療に絶対強くなる!場面ごとの動き方・考え方教えます
救急外来で必ず出会う,脳卒中の診療に自信がもてる!医師として必ず身につけておきたい脳卒中の初期対応,神経診察・画像診断,治療,病棟管理,リハビリテーションなど一連の考え方・動き方を丁寧に解説します.

目次

特集:脳卒中診療 THE スタンダード~救急初療から画像診断、治療方針、全身管理、リハビリテーションまで研修医が知っておきたい基本をシンプルに教えます

編集/中村光伸(前橋赤十字病院 高度救命救急センター 集中治療科・救急科)

特集にあたって[中村光伸]

救急外来での評価① 救急隊との連携[小橋大輔]

救急外来での評価② 神経診察(意識レベルの評価)[小畑仁司]

救急外来での評価③ 神経診察(NIHSS)[池田尚人,中村彰宏]

救急外来での評価④ 呼吸・循環[増田 衛]

救急外来での評価⑤ 画像診断(CT,MRI)[神徳亮介]

脳卒中の治療方針の考え方[清水立矢]

脳卒中患者に対する全身管理[本多 満]

研修医も知っておきたい! リハビリテーション[伊部洋子]

連載

実践! 画像診断Q&A―このサインを見落とすな

嘔吐をくり返す70歳代女性[山内哲司]

労作時呼吸困難を訴えて受診した80歳代男性[佐藤譲之,早稲田優子]

なるほどわかった! 日常診療のズバリ基本講座

2100年の救急当直(?!)から学ぶ「気候変動×医療」[豊田喜弘,梶 有貴,原 大知]

臨床検査専門医がコッソリ教える…検査のTips!

第81回 ルーチン検査と臨床経過を比較しよう[松本 剛]

考える心電図 ~波形と症状,検査所見から診断・病態を読み解く

第9回 薬剤内服後の不調②[杉山洋樹,森田 宏]

判断力を高める! 救急外来での他科コンサルト

第3回 妊婦の腹痛と画像診断[堀江勝博]

よく使う日常治療薬の正しい使い方

小児におけるかぜ診療 ~正しい薬の使い方~[𠮷田美智子]

こんなにも面白い医学の世界 からだのトリビア教えます

第111回 冬にインフルエンザや風邪が流行るのはなぜ?[中尾篤典]

日常診療でこんなに役立つ! 漢方薬の使い方 漢方専門医が本音で教えます

第5回 誤嚥性肺炎予防と慢性咳嗽[吉野鉄大]

対岸の火事、他山の石

第267回 軽症頭部外傷あれこれ(その3)[中島 伸]

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:18.6MB以上(インストール時:40.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:74.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:18.6MB以上(インストール時:40.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:74.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784758127073
  • ページ数:148頁
  • 書籍発行日:2022年11月
  • 電子版発売日:2023年11月2日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。