• m3.com 電子書籍
  • 整形・災害外科 2019年4月号 62巻4号 特集 足関節の鏡視下手術【電子版】

整形・災害外科 2019年4月号 62巻4号 特集 足関節の鏡視下手術【電子版】

  • 書籍発行日 : 2019年4月
  • 電子版発売日 : 2019年11月25日
¥2,750(税込)
ポイント : 50 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

毎号、整形外科のhotな話題を特集企画。幅広い読者層に大好評!ライバルはどう考えているの!?臨床の話題を実践的に解説。読んでおもしろく、ためになる、まさに「読むためのジャーナル」!

特集 足関節の鏡視下手術
 足関節の鏡視下手術-過去・現在・未来
 足関節インピンジメント症候群に対する鏡視下手術
 足関節外側靱帯損傷に対する鏡視下靱帯修復術-各術式の利点と欠点
 足関節外側靱帯損傷に対する鏡視下手術-arthroscopic Brostrom repair with Gould augmentation
 足関節外側靱帯損傷に対する鏡視下再建手術?自家腱を用いた再建術(AntiRoLL)
 足関節軟骨損傷に対する鏡視下手術
 距骨下関節鏡を行うべき病態
 腓骨筋腱脱臼に対する腱鞘鏡視下手術
 腱鞘鏡視下手術の最前線-仰臥位による足関節後足部への鏡視方法
 足底腱膜炎に対する鏡視下手術
 ほか

目次

特集 足関節の鏡視下手術

足関節の鏡視下手術-過去・現在・未来

足関節インピンジメント症候群に対する鏡視下手術

足関節外側靱帯損傷に対する鏡視下靱帯修復術-各術式の利点と欠点

足関節外側靱帯損傷に対する鏡視下手術-arthroscopic Brostrom repair with Gould augmentation

足関節外側靱帯損傷に対する鏡視下再建手術?自家腱を用いた再建術(AntiRoLL)

足関節軟骨損傷に対する鏡視下手術

距骨下関節鏡を行うべき病態

腓骨筋腱脱臼に対する腱鞘鏡視下手術

腱鞘鏡視下手術の最前線-仰臥位による足関節後足部への鏡視方法

足底腱膜炎に対する鏡視下手術

Personal View

医局制度

新しい医療技術

Siglec-15分子標的治療の有用性

臨床

高位脛骨骨切り術と脛骨顆外反骨切り術のX線学的比較

大腿骨近位部骨折症例に対するロコモ25を用いた受傷前の運動機能評価

解剖学的2束および3束前十字靱帯再建術の前向きランダム化比較試験

症例

関節エコーが有用であった足部発症関節リウマチの3例

整形外科手術-名人のknow-how

「内側半月板後根修復術」

医療史回り舞台(322)

「雪舟が描いた左前腕切断図」

机上の想いのままに(11)

「昔語り:秘密の回診」

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:24.8MB以上(インストール時:52.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:99.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:24.8MB以上(インストール時:52.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:99.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。