• m3.com 電子書籍
  • 整形・災害外科 2019年9月号 62巻10号 特集 東京2020:整形外科医には何ができるか?【電子版】

整形・災害外科 2019年9月号 62巻10号 特集 東京2020:整形外科医には何ができるか?【電子版】

  • ページ数 : 164頁
  • 書籍発行日 : 2019年9月
  • 電子版発売日 : 2019年9月4日
¥4,840(税込)
ポイント : 88 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

毎号、整形外科のhotな話題を特集企画。幅広い読者層に大好評!ライバルはどう考えているの!?臨床の話題を実践的に解説。読んでおもしろく、ためになる、まさに「読むためのジャーナル」!

今回の特集は慶應義塾大学の松本秀男先生に監修していただき「東京2020:整形外科医には何ができるか?」とのタイトルで15編の論文を掲載した。

■関連書籍
整形・災害外科 Vol.59 No.6 スポーツ整形外科 最新の治療
整形・災害外科 Vol.60 No.5 脊椎・脊髄疾患のニューロサイエンス
整形・災害外科 Vol.61 No.5 これで完璧!手の変形性関節症 最新のエビデンスから紐解く

序文

特集 東京2020:整形外科医には何ができるか?

東京2020が近づいてきた。東京2020は日本にとっても国家の威信をかけて臨むべきイベントであり,国民全体で応援する必要がある。我々整形外科医はスポーツに関わる機会が極めて多く,また多くの整形外科医はスポーツが大好きである。東京2020は是非整形外科医の総力をあげて協力したいと考える。ただし,一言で整形外科医といっても,それぞれの立場は異なり,それぞれの役割で東京2020に関わることになる。本企画では東京2020を迎えるにあたって,整形外科医に何ができて,何をすべきかについてそれぞれの専門家に解説を依頼した。

まず,東京2020に向かって,医療サイドとしては最終的にどのような体制を構築すべきか,そして現在,その準備がどの程度進んでいるかについて解説する。そして選手のスポーツ外傷や障害を予防するために注意すべき点,スポーツで外傷や障害が実際に生じてしまった場合に早期のスポーツ復帰のために工夫すべき点などについて解説する。さらに,東京2020を迎えることにより,一般のスポーツ熱も盛んになるために,スポーツによるけがの予防等,整形外科分野では,どのようなケアとマネジメントをすべきかについて解説する。

次に,東京2020が実際に始まった後,大会期間中に整形外科医は何ができ,何をすべきかについて,主な競技種目である陸上競技,水泳,サッカー,それぞれの競技について,その準備と現場での対応について解説する。また,大会期間中は外傷や障害の治療ばかりでなく,最高のパフォーマンスを引き出すためのコンディショニング等も重要である。選手村,各競技場,後方支援病院,一般病院において,整形外科医が何をすべきかについて解説する。また,パラリンピックにおいて整形外科医は,どのような体制で準備を行い,どのような注意をすべきかについて解説する。

最後に東京2020が終了した後,折角の機会を無駄にせず,その経験を日本の競技スポーツの競技力向上,スポーツ外傷や障害の予防や治療にどのように役立てるか,国民全体の健康スポーツの発展や小児スポーツへの応用にどのように役立てるかについて解説する。

これらを通して,それぞれの整形外科医が東京2020をわくわくした気持ちで迎え,全力で応援できるようになるための一助になれば幸いである。


松本 秀男

目次

特集:東京2020:整形外科医には何ができるか?

●スポーツ外傷・障害予防のポイント

●膝前十字靱帯損傷に対する遺残組織温存再建術-早期のスポーツ復帰を目指して

●大規模スポーツ大会の医療体制-東京2020に向けて

●東京2020に向かって整形外科医がしておくべきこと

●日本陸上競技連盟における整形外科医の役割

●日本水泳連盟における整形外科医の役割

●日本サッカー協会における整形外科医の役割-サッカー日本代表チーム帯同医師が行うこと

●選手村ドクターとしての整形外科医の役割

●競技場ドクターとしての整形外科医の役割

●後方支援病院における整形外科医の役割

●パラリンピックにおける整形外科医の役割

●病院・診療所における東京オリンピックに向けた外国人患者受入れ体制の整備-外国人患者診療に関する諸問題とその対応

●競技スポーツへの応用-日本ラグビーフットボール協会としてのレガシープラン

●健康スポーツへの応用

●小児アスリートの養成

Personal View

新たな時代を迎えて

特別寄稿

臨床研究法施行下における臨床研究のあり方

新しい医療技術

バイスペシフィック抗体技術を用いた血友病A治療

論究

脊椎固定術後の隣接椎間障害に対するLLIFとPPS併用の有用性

臨床

下肢静脈エコー/造影CTを用いた人工膝関節置換術後の血栓症発生率と危険因子の検討

百寿者(100歳以上の高齢者)の大腿骨近位部骨折の転帰

経験

大きな深指屈筋腱停止部裂離骨片を伴った末節骨底部骨折の検討

症例

手関節形成術・固定術の術後に両側橈骨遠位骨幹部の脆弱性骨折をきたした関節リウマチの1例

整形外科手術 名人のknow‒how

変形性膝関節症に対するdouble level osteotomy

医療史回り舞台(327)

日本泳法と武士の"残心"の心得

机上の想いのままに(16)

ゲーテとフーフェラント

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:21.6MB以上(インストール時:47.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:86.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:33.5MB以上(インストール時:70.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:134.0MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784003306210
  • ページ数:164頁
  • 書籍発行日:2019年9月
  • 電子版発売日:2019年9月4日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。