形成外科 2015年3月号【特集】東洋人におけるRhinoplasty

  • ページ数 : 116頁
  • 書籍発行日 : 2015年3月
  • 電子版発売日 : 2023年3月3日
¥3,080(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 56pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

第58巻3号:鼻は顔の中心にあり,顔貌の特徴を決める重要な部分である。美容外科領域における鼻の形成,再建外科領域における鼻の再建についてはこれまで多くの手技が報告されてきたが,これらの多くは欧米で開発され,白人の鼻を対象としていた。東洋人の鼻は,鼻骨や鼻翼軟骨の形態,鼻尖部の外観など,白人とは異なる点が多くあるので,形成・再建手術には熟練の知識と手技が要求される。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

企画にあたって

鼻は顔の中心にあり,顔貌の特徴を決める重要な部分であります。したがって,美容外科領域においては隆鼻術や鼻尖形成などのさまざまな鼻形成術に,再建外科領域においては外傷後の鼻再建に,多くの手技が報告されています。しかし,これらの手技の多くは欧米で開発されたもので,白人の鼻を対象とした手技であります。東洋人の鼻をみた場合,鼻骨や鼻翼軟骨の形態,皮下組織の厚さの違いによる鼻尖部の外観など,白人の鼻とは異なる点が多くあります。

これらの点を考慮した鼻の形成・再建手術には熟練した知識と手技が要求され,キャリアの浅い形成外科医にとっては,いまだ未踏の領域といえます。そこで今回,鼻の形成・再建に多くの経験を有している先生方に東洋人の鼻を対象とした手技を述べていただきたく本特集を企画いたしました。

顔面の整容性にかかわる形成外科医にとって,鼻の形成・再建手技は習得すべき必須の手技であります。本特集がこれらの手技を理解し,習得できる一助となれば幸いです。


金沢医科大学形成外科 川上重彦

目次

随想「伝統」 貴志和生

特集:東洋人におけるRhinoplasty

企画にあたって 川上重彦

軟骨移植による鼻形成術 山下昌信

斜鼻の治療 宮脇剛司

人工物を用いた鼻形成術 大竹尚之

骨折変形治癒に対する鼻骨骨切り術を中心とした外鼻形成術 小坂正明ほか

鼻翼縮小術 福田慶三

骨移植による鼻形成術 尾崎 峰ほか

連載:教室だより北~南

(3)埼玉医科大学 形成外科・美容外科 中塚貴志

症例

胸部皮下に生じた巨大solitary fibrous tumorの1例 山内崇史ほか

まれな形態を呈した母趾列多趾症の1例 有川俊輔ほか

われわれの工夫

手指手術における改良型鉛の手(seven fingers hand)の使用経験 島田賢一

ガス壊疽切開創に対するメトロニダゾール軟膏を用いた局所処置 鈴木文子ほか

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.2MB以上(インストール時:19.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:33.0MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.2MB以上(インストール時:19.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:33.0MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784014105803
  • ページ数:116頁
  • 書籍発行日:2015年3月
  • 電子版発売日:2023年3月3日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。