~日経DIクイズで学ぶ~ 薬局薬剤師のための外来がん薬物療法入門

  • ページ数 : 264頁
  • 書籍発行日 : 2023年4月
  • 電子版発売日 : 2023年4月19日
¥6,380(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 116pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

「病院でどんな治療を受けてきたのかな」「この処方は副作用対策のためなのか」――。
がん患者さんの処方箋を応需した際に抱くそんな疑問を解決!


外来でがんの薬物療法を受ける患者が増える中、薬剤師による服薬アドヒアランスの評価や副作用マネジメントが欠かせなくなっています。本書では、9つのがんについて、がん研究会有明病院の医師が薬物療法の基本的な考え方や外来症例を多数紹介し、その治療意図や患者の経過を分かりやすく解説しています。また、同病院のがん専門薬剤師が外来における副作用マネジメントのコツを詳述。さらに実践編として、がん患者の処方箋を応需する薬局薬剤師が、患者から実際に受けそうな質問を基に作成した「日経DIクイズ」を多数掲載。クイズを解くことで知識を確認できます。処方箋の背後にある患者の病態や治療経過への理解が深まり、一歩踏み込んだ服薬指導、フォローアップが可能になる1冊です。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

監修に当たって


がん治療における薬物療法には、化学療法、内分泌療法(ホルモン療法)、分子標的療法などの種類があり、化学療法という言葉は、主に「細胞障害性抗がん薬」という種類の薬を使う治療の際に用いられます。

近年、抗がん薬開発の目覚ましい進歩に伴い、より効果の高い薬剤が使用できるようになりました。副作用に対して用いられる薬剤も同様に、より効果の高いものが開発されており、薬物治療のマネジメントがしやすくなっています。そのため、これまで副作用のコントロール目的で入院して行っていた化学療法が、現在では、外来で行われることが多くなってきています。通院治療で薬物療法を行う際には、病院薬剤師が薬剤師外来や薬局窓口において患者さんに処方薬の説明をし、服薬状況や副作用の発現状況などを確認することが多いですが、実際に患者さんが多くの時間を過ごす自宅や職場でのことを考えると、院内でのフォローだけでは十分とは言えません。特に抗がん薬による副作用のコントロールは、治療の継続やQOLに大きな影響を及ぼします。このような背景もあり、抗がん薬による薬物治療では外来から在宅まで継ぎ目のない患者サポートが求められています。

2019年に「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」が改正され、認定薬局制度が創設されました。がんの薬物療法においては、「専門医療機関連携薬局」が医療機関と連携しつつ、専門性が求められる調剤や高度な薬学管理に対応できる薬局として、がん治療を受ける患者さんをサポートすることが求められています。当院では、病院薬剤師と保険薬局薬剤師間で行う薬薬連携に力を注いでおり、トレーシングレポートなどを活用して薬物治療において安全かつ最大の効果が得られるように取り組んでいます。

本書では、がんの薬物治療を受けている患者さんに最良の医療を提供するためのツールとして使っていただけるように、Part1では、がん薬物療法の基礎知識や副作用マネジメントについて、多数の外来症例とともに紹介しています。またPart2は実践編として、実際に薬局で患者さんから受けることが多い質問を想定した「日経DIクイズ」で知識を確認でき、より実務に近い内容の構成としています。

がん専門病院の医師および薬剤師らが日々の診療を通じて積み重ねた経験やノウハウを分かりやすく解説しており、これからがんの薬物療法を学ぶ薬剤師にとっても、患者さんへの服薬指導やフォローアップなどの業務に大いに役立つ内容になっています。本書を通して、多くの薬剤師ががん領域の薬物療法に精通し、医薬品の適正使用が推進されることを願っています。


公益財団法人がん研究会有明病院 院長補佐・薬剤部長
山口正和

目次

監修に当たって

執筆者一覧

Part.1 基礎知識編

胃がん

がん薬物療法の基礎知識/ 症例から学ぶ薬物療法

がん薬物療法の副作用マネジメント

大腸がん

がん薬物療法の基礎知識/ 症例から学ぶ薬物療法

がん薬物療法の副作用マネジメント

肺がん

がん薬物療法の基礎知識/ 症例から学ぶ薬物療法

がん薬物療法の副作用マネジメント

乳がん

がん薬物療法の基礎知識/ 症例から学ぶ薬物療法

がん薬物療法の副作用マネジメント

膵臓がん

がん薬物療法の基礎知識/ 症例から学ぶ薬物療法

がん薬物療法の副作用マネジメント

卵巣がん

がん薬物療法の基礎知識/ 症例から学ぶ薬物療法

がん薬物療法の副作用マネジメント

肝細胞がん

がん薬物療法の基礎知識/ 症例から学ぶ薬物療法

がん薬物療法の副作用マネジメント

悪性リンパ腫

がん薬物療法の基礎知識/ 症例から学ぶ薬物療法

がん薬物療法の副作用マネジメント

前立腺がん

がん薬物療法の基礎知識/ 症例から学ぶ薬物療法

がん薬物療法の副作用マネジメント

Part.2 実践編 日経DIクイズ

Q-01 胃がん患者に処方されたS-1の投与量

Q-02 S-1服用中に生じた眼の違和感

Q-03 胃がん患者へのワルファリンが変更された理由

Q-04 ロンサーフの服用方法の注意点

Q-05 胃がん患者に追加されたしゃっくり止め

Q-06 抗がん薬によって異なる末梢神経障害

Q-07 プレガバリン投与後に出現した眠気

Q-08 ゼローダによる手足症候群の悪化

Q-09 抗がん薬による手足症候群の予防方法

Q-10 スチバーガ服用患者に追加された降圧薬

Q-11 ロンサーフの服用中に中止された降圧薬

Q-12 イリノテカン点滴前に処方された下剤と下痢止め

Q-13 ジオトリフからタグリッソに変更となった肺がん患者

Q-14 タグリッソによるざ瘡様皮疹の対処法

Q-15 肺がん患者に処方されたビタミン剤

Q-16 肺がん患者に処方された「食欲が出る薬」

Q-17 抗がん薬に伴う吐き気に有効な薬剤

Q-18 ホルモン治療中に処方された加味逍遙散

Q-19 食道がん患者にプレドニゾロンが処方された理由

Q-20 体重が減少した患者に出されたレンビマ

Q-21 尿の泡立ちを訴えるレンバチニブ服用患者

Q-22 ヴォトリエント服用中に注意すべき併用薬

Q-23 抗がん薬治療中に処方された抗菌薬

Q-24 前立腺がん治療で薬が減った理由

Q-25 ザイティガ服用時の注意点

Q-26 オプジーボからゼルボラフに変更後の全身性皮疹

Q-27 オピオイドレスキュー薬とNSAIDsの使い方の違い

Q-28 がん疼痛に処方されたNSAIDs貼付薬

Q-29 オピオイド服用者に処方されたスインプロイク

Q-30 オキシコドン服用中に生じた眠気

Q-31 オピオイドが経口薬から貼付薬へ変更されたら

Q-32 オピオイドの切り替えに伴う処方提案

Q-33 抗がん薬治療中に処方されたリクシアナ

付録 1 薬剤師外来の現場から

CASE1 抗がん薬による下痢、重症度をどう評価する?

CASE2 アプレピタントで治まらない強い悪心、と思いきや…

CASE3 侮れない、支持療法薬で生じる便秘

CASE4 治療後も続く末梢神経障害への対処法は

付録 2

本書で取り上げている

主な副作用の有害事象共通用語規準(CTCAE)

索引(一般名、薬剤名)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:44.2MB以上(インストール時:96.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:176.9MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:44.2MB以上(インストール時:96.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:176.9MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784296201884
  • ページ数:264頁
  • 書籍発行日:2023年4月
  • 電子版発売日:2023年4月19日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。