内分泌代謝・糖尿病内科領域専門医研修ガイドブック

  • ページ数 : 516頁
  • 書籍発行日 : 2023年5月
  • 電子版発売日 : 2023年5月20日
¥9,240(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 252pt ( 3 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

日本内分泌学会と日本糖尿病学会が総力を結集し,新専門医制度(機構認定専門医)のカリキュラムに準拠した研修ガイドブック!専門医試験対策だけではなく,日常診療に役立つ知識を凝集.2018年以降に内科専門医研修を開始した医師で,サブスペシャリティとして内分泌代謝・糖尿病領域の専門医を目指す医師に必携の書であるとともに,内分泌代謝・糖尿病領域の知識の継続的な維持・向上にも最適の1冊.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

序文


2022年より日本専門医機構認定の内分泌代謝・糖尿病内科領域専門医制度が発足いたしました.その理念として,「甲状腺・副甲状腺・副腎・下垂体疾患や骨粗鬆症などの内分泌疾患および糖尿病・脂質異常症・肥満症に代表される代謝疾患を診療することができる医師を養成し,国民の健康増進に貢献することを目的とする」ことが掲げられています.これから本領域を目指す先生方は,この理念を実現できる内分泌代謝・糖尿病内科領域専門医取得が必須となります.

これまで糖尿病専門医と内分泌代謝科専門医はそれぞれ日本糖尿病学会,日本内分泌学会が別々に認定してきました.今回新たにできた内分泌代謝・糖尿病内科領域専門医は,両学会が共同でその整備を行い,今後も共同で運用していきます.そしてそのためのガイドブックが必要となり,今回,両学会が力を合わせて本ガイドブックを作成いたしました.

作成にあたり,まず同専門医のカリキュラムを網羅するとともに,実践的に必要な知識だけではなく考え方を学べるように工夫しました.たとえば「内分泌代謝疾患エマージェンシー」のセッションを設けました.また最新のガイドラインを掲載するとともに,自分で病態を考えることができるように「ガイドラインに合わないときの考え方」という項目を入れました.

同専門医はゴールではなく,専門医としての活動の最初の足がかりです.内分泌代謝・糖尿病領域は奥が深く,病態・診断・治療についても日進月歩であり,一生学び続ける姿勢が重要です.本ガイドブックが,単に同専門医取得のためだけではなく広く日常診療で活用され,さらなる研鑽のきっかけになることを心から願っております.

最後になりましたが,本ガイドブックは下記の編集委員の先生方のご尽力のもと作成いたしました.また両学会の理事長をはじめ,多くの先生方のご協力・ご支援をいただいたことに心から感謝申し上げます.


2023年4月

内分泌代謝・糖尿病内科領域専門医研修ガイドブック編集長
髙橋 裕,金藤秀明


【編集委員】

岩間信太郎,駒津光久,櫻井晃洋,田辺晶代,谷澤幸生,中西修平,西尾善彦,橋本貢士,松久宗英,綿田裕孝(五十音順)



刊行によせて


平成30年度に,日本専門医機構が専門医の認定を行う新専門医制度が開始されました.この新専門医制度では,基本的な19の診療領域(内科,外科など)を取得したうえで,サブスペシャルティ領域の専門医を取得する2段階の仕組みが基本となりました.そして,医道審議会の委員とアカデミアからなる「サブスペシャルティ領域の在り方に関するワーキンググループ」が令和2年3月5日に報告書を発表し,内分泌代謝と糖尿病については「領域として一部包含関係にあること,実態として両者を合わせて標ぼうされることが多いことを勘案し,連動研修を行い得る領域に内分泌代謝・糖尿病内科(領域)として集約」する方針が示されました.かくして内分泌代謝・糖尿病内科(領域)の専門医制度は,日本内分泌学会と日本糖尿病学会の両学会で構築,運営することとなり,新専門医制度の内科専門医の資格を取得した者を対象に,令和4年度から内分泌代謝・糖尿病内科(領域)専門医の試験が開始される運びとなりました.

前述のとおり,学会が認定する専門医から日本専門医機構が認定する専門医へと,専門医制度は大きな変革期を迎えました.しかしながら,内分泌代謝・糖尿病内科の医師に求められるものが変わるものではありません.「内分泌代謝・糖尿病内科領域専門医研修ガイドブック」は,日本内分泌学会の「内分泌代謝科専門医研修ガイドブック」と日本糖尿病学会の「糖尿病専門医研修ガイドブック」を1冊にまとめ,さらには専門医を目指す専攻医が学びやすいように配慮されたものです.同領域専門医を目指す際には,ぜひこのガイドブックを用いて理解を深めていただきたい,専門医取得後も手元に置いて診療に役立てていただきたい,そして本ガイドブックによってわが国における内分泌代謝・糖尿病内科の診療レベルがさらに高まってほしいと,心から願います.

最後になりましたが,本ガイドブック刊行に際してご尽力いただきました関係者の皆様に心から感謝申し上げます.


令和5年4月

日本内分泌学会代表理事
有馬 寛



刊行によせて


この度,日本専門医機構が認定する新しい内科サブスペシャルティ領域として,内分泌代謝・糖尿病内科領域がスタートすることになりました.これまで当該領域に従事する専門医については,日本内分泌学会が内分泌代謝科専門医を,日本糖尿病学会が糖尿病専門医をおのおの育成してきました.いずれも高度の専門的知識や診療技術をもった専門医であり,わが国における当該疾患領域の診療の維持・向上に貢献してきました.今般新たに創設された内分泌代謝・糖尿病内科領域専門医には,多岐にわたる当該領域の疾患について適切に診断し治療に結びつけ,必要があればより高度の診療を継続する役目を担う専門医と位置づけられるものです.本領域に興味をもっている皆さん,また研修を始めようとしている皆さんに不安なく研修をスタートしていただくために,日本糖尿病学会と日本内分泌学会は,約3年にわたり緊密に連携して制度設計・整備を続けてきました.本領域は新たに創設された領域ですので,日本専門医機構や基本領域を担当する日本内科学会の承認も受けながら,新しい領域の専門医像,研修内容,研修施設,試験や認定の手順などを整備して,このサブスペシャルティ領域のスタートの準備をしてきました.今回刊行される「内分泌代謝・糖尿病内科領域専門医研修ガイドブック」には,その成果の一つとして,専攻医の皆様,これから専攻医を目指す方々にお届けするものです.このガイドブックを活用して,内分泌代謝・糖尿病内科領域の研修を実りあるものにしていただき,多くの方が本領域の新しい専門医となっていただけることを祈念しています.

最後に,本領域の整備をともに進めていただいております代表理事 有馬寛先生をはじめとする日本内分泌学会の先生方,また本書の作成に大変なご尽力をいただきました髙橋裕先生,金藤秀明先生をはじめとする両学会からの編集委員の先生方に深謝いたしますとともに,本領域の穏やかな船出と益々の発展を祈念したいと思います.


令和5年4月

日本糖尿病学会理事長
植木浩二郎

目次

・カラー口絵

・序文 髙橋裕,金藤秀明

・刊行によせて 有馬寛,植木浩二郎

・編集委員・査読者・執筆者一覧

・本書で使用した略語一覧

・内分泌代謝・糖尿病内科領域専門医研修カリキュラムと本ガイドラインの対応表

・利益相反

第1章 総論

1.疾患概念

内分泌学総論―内分泌代謝疾患の診断と治療に重要な考え方

糖尿病学総論ー診断と病型分類

2.EBM

EBMー考え方を中心に

3.主要症候

内分泌疾患の主要症候

糖尿病の主要症候

第2章 内分泌代謝疾患エマージェンシー

高浸透圧高血糖状態

糖尿病性ケトアシドーシス

重症低血糖

副腎クリーゼ

甲状腺クリーゼ

高血圧緊急症・高血圧クリーゼ

低ナトリウム血症

高カルシウム血症

第3章 検体・生理・画像検査の意義と評価法

1.検体検査

血糖値および血糖管理の指標

自己抗体

尿糖,尿タンパク,尿中アルブミン

インスリン分泌能と感受性の評価の意義と方法

2.視床下部・下垂体機能の評価

血中下垂体ホルモンの評価

下垂体前葉機能試験

下垂体後葉機能試験

3.カルシウム・骨代謝異常の評価

骨密度測定,骨代謝マーカー

4.副腎機能の評価

副腎機能試験

第4章 視床下部・下垂体疾患

1.下垂体前葉機能亢進症

先端巨大症

Cushing病

プロラクチノーマ(機能性高プロラクチン血症を含む)

甲状腺刺激ホルモン(TSH)産生下垂体腫瘍

2.下垂体前葉機能低下症

汎下垂体機能低下症

成人成長ホルモン分泌不全症

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)単独欠損症

低ゴナドトロピン性性腺機能低下症

3.下垂体後葉疾患

中枢性尿崩症,腎性尿崩症

抗利尿ホルモン不適切分泌症候群(SIADH)

4.視床下部疾患

視床下部症候群

中枢性摂食異常症(摂食障害)

5.その他の視床下部・下垂体疾患

下垂体偶発腫瘍,非機能性下垂体腫瘍

empty sella

自己免疫性視床下部下垂体炎

下垂体卒中・頭部外傷などによる下垂体機能低下症

第5章 甲状腺疾患

1.甲状腺機能亢進症・甲状腺中毒症

Basedow病

Plummer病

亜急性甲状腺炎,無痛性甲状腺炎

2.甲状腺機能低下症

慢性甲状腺炎(橋本病)

術後または放射性ヨウ素内用療法後の甲状腺機能低下症

先天性甲状腺機能低下症(甲状腺ホルモン不応症を含む)

3.その他の甲状腺機能障害

その他の甲状腺中毒症

その他の甲状腺機能低下症

薬剤性甲状腺機能障害

4.甲状腺腫瘍

悪性腫瘍

良性腫瘍

第6章 カルシウム・骨代謝異常

1.高カルシウム血症

原発性副甲状腺機能亢進症

悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症

その他の高カルシウム血症

2.低カルシウム血症

副甲状腺機能低下症,偽性副甲状腺機能低下症

ビタミンD作用不全症

その他の低カルシウム血症

3.低リン血症

腫瘍性骨軟化症,X連鎖性低リン血症性くる病

4.骨粗鬆症

原発性骨粗鬆症

続発性骨粗鬆症

5.その他の代謝性骨疾患

低ホスファターゼ症,骨形成不全症,軟骨異栄養症(軟骨無形成症,軟骨低形成症)

第7章 副腎疾患

1.副腎皮質機能亢進症

Cushing症候群

原発性アルドステロン症

AME症候群

その他の副腎腫瘍

2.副腎皮質機能低下症

Addison病

先天性副腎過形成症

その他の副腎皮質機能低下症

3.副腎皮質腫瘍

副腎偶発腫(インシデンタローマ)

副腎皮質癌

4.副腎髄質腫瘍

褐色細胞腫・パラガングリオーマ

第8章 多発性内分泌腺異常

多発性内分泌腫瘍症1型,2型

自己免疫性多内分泌腺症候群

IgG4関連疾患

第9章 発育異常症

低身長症

高身長症

思春期早発症

思春期遅発症

第10章 性腺疾患

Turner症候群

Klinefelter症候群

多胞性卵巣症候群

性分化疾患

第11章 腫瘍とホルモン

インスリノーマ

消化管ホルモン産生腫瘍,カルチノイド症候群

異所性ホルモン産生腫瘍

第12章 薬剤性内分泌代謝障害

免疫チェックポイント阻害薬による内分泌irAE

第13章 肥満症

原発性肥満症

高度肥満症

二次性肥満症

メタボリックシンドローム

第14章 脂質異常症

脂質異常症

第15章 高血圧症

高血圧症

第16章 水・電解質異常

血清ナトリウム異常

血清カリウム異常

血清カルシウム・リン異常

酸塩基平衡異常

第17章 その他の代謝異常

高尿酸血症

ビタミン欠乏症・過剰症および微量元素欠乏症・過剰症

先天代謝異常症

第18章 糖尿病

1.病態

膵島とインスリン分泌

インスリン作用とインスリン抵抗性

インスリン拮抗ホルモン

インクレチンの分類と作用

2.診断

糖尿病の診断

3.糖尿病と糖代謝異常の成因と分類

1型糖尿病

2型糖尿病

その他の特定の機序,疾患による糖尿病

4.治療

治療目標

1型糖尿病

2型糖尿病

その他の特定の機序,疾患による糖尿病

境界型糖尿病

膵臓移植,膵島移植

食事療法

運動療法

薬物療法

患者教育

5.合併症・併発症

糖尿病性細小血管症

糖尿病性大血管症

糖尿病性足病変

併発症

6.糖尿病と妊娠

糖尿病と妊娠

7.高齢者糖尿病

高齢者糖尿病

8.特殊な病態における糖尿病

脳心血管病などの急性期における糖尿病管理・治療

周術期管理

経静脈栄養療法

経管栄養療法

重篤な感染症

副腎皮質ホルモン投与時

シックデイ

肝疾患

膵疾患

悪性疾患

重症糖尿病網膜症における血糖管理

腎不全における血糖管理

認知機能障害,精神疾患における血糖管理

第19章 低血糖症

低血糖症

第20章 内分泌代謝疾患および糖尿病患者の心理・社会的問題

心理行動学的方法,QOL評価

小児期からのトランジション

社会・学校の患者受け入れの問題

家庭内の問題-食育・家庭環境の問題

災害時の治療

医療経済,健康保険など

第21章 内分泌代謝疾患および糖尿病診療にあたって知っておくべき知識

内分泌代謝疾患および糖尿病患者の遺伝カウンセリング

医療安全,医療倫理,医事法制

指定難病,小児慢性特定疾病

第22章 糖尿病関連団体

日本糖尿病協会,日本糖尿病療養指導士認定機構

・索引

・和文索引

・欧文索引

・数字・ギリシア文字索引

COLUMN

01 膵β細胞のブドウ糖毒性の分子機構

02 血糖降下作用をもつホルモンがインスリンだけの理由(推定)

03 HbA1c値とグリコアルブミン値の乖離

04 年々低下する抗GAD抗体価

05 血中Cペプチド値と尿中Cペプチド値の乖離

06 PitNETとは?

07 新たな下垂体炎:傍腫瘍自己免疫性下垂体炎

08 下垂体炎が疑われ,どのようなときに下垂体生検を考慮すべきか?

09 Diabetes insipidusの病名変更―AVP-deficiency およびAVP-resistanceへ

10 甲状腺中毒症≠甲状腺機能亢進症

11 家族性低カルシウム尿性高カルシウム血症(FHH)と後天性低カルシウム尿性高カルシウム血症(AHH)

12 リン感知受容体

13 subclinical Cushing症候群:どのようなときに手術すべきか

14 アルドステロンのアッセイ系の変更に伴う課題

15 高身長精査する?しない?

16 糖尿病状態でのインクレチン効果低下の分子機構

17 SGLT2阻害薬に関する注意事項

18 2つのインスリン値(内因性インスリンのみを反映する値と注射でのインスリンも含む値)

19 間違えやすい暁現象とSomogyi効果

20 インスリンに関する医療事故

21 スティグマとアドボカシー

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:65.4MB以上(インストール時:157.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:261.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:65.4MB以上(インストール時:157.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:261.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784787880789
  • ページ数:516頁
  • 書籍発行日:2023年5月
  • 電子版発売日:2023年5月20日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。