はじめての精子学

  • ページ数 : 202頁
  • 書籍発行日 : 2023年10月
  • 電子版発売日 : 2023年10月17日
¥4,400(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 120pt ( 3 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

これだけで必要十分な,精子学の「使える知識」を1冊にまとめた.

不妊治療の需要増加に伴い,生殖医療に携わる医療者のニーズも拡大している.本書ではそのような医療者にとって必須知識である「精子学」をごく易しく,包括的にまとめた.執筆陣は本領域に造詣が深く,最前線の現場で活躍するエキスパートばかり.単なる情報の羅列ではなく,実践につながる「使える知識」として身につくように解説されている.現場での思考力が深まる,精子学を学ぶうえで最初に手の取る本として最適な1冊だ.

序文

巻頭言


わが国における不妊治療の歴史を紐解きますと,1983年に初めて体外受精・胚移植(IVF—ET)に成功したことは画期的な出来事であり,私も当時医学生ながらこのエポックメイキングなニュースに強い関心をいだき,産婦人科医を志すことになりました.ところで卒業後に入門を願い出た講座(兵庫医科大学産科婦人科)の教授が生殖免疫学,特に精子免疫学に関するご研究で国際的なリーダーでおありの礒島晋三先生でありましたことから,私は教室の研究のメインテーマである精子免疫に絡め,産婦人科医でありながら自然と精子に興味を持ち,不妊症の診療や研究と接することになりました.おかげで入局して比較的早いうちから,精子学を研究される基礎のご高名な先生方や,泌尿器科医としてご活躍される先生方との交流機会があり,多くの刺激をいただいてまいりました.

一方で,国内初のIVF成功以来,40年もの月日が光陰矢のごとく過ぎ去り,その間に生殖医療のレベルは着実に進化し,現時点ではわが国のARTは国際的にも最高水準にあると言えます.そこで本書では,不妊症診療の場でご活躍されている様々な職種の方々にお役立ていただけるよう,精子学に関する幅広い知識を整理し,精子学に対する理解を最大限に深めていただくことを目標に編集致しました.執筆陣には,永年にわたり私がお世話になってまいりました精子学にご造詣の深い先生方を中心にお願い致しました.本書の刊行にあたり,ご多忙な中ご執筆頂いた先生方に喪心より感謝を申し上げますとともに,読者の皆様方に精子学の魅力を可能な限りお伝えできれば,望外の喜びです.挙児を切望するクライアントに対し,上述のような最高水準の生殖医療を提供する一助として,本書がお役にたてることを大いに期待しています.

また本書の企画以来,中外医学社の皆様方からは献身的なご協力,ご指導をいただきましたことに,深く感謝を申し上げます.


令和5年10月

兵庫医科大学医学部産科婦人科学講座主任教授
兵庫医科大学病院生殖医療センター長
柴原浩章

目次

A ヒト精子学

1 男性生殖器の構造

男性生殖器の構造について教えてください. <千葉公嗣 藤澤正人>

Column01 男性生殖器の異常による不妊症

2 精子の構造

精子の構造について教えてください. <藤ノ木政勝>

Column02 種による精子形態の相違

3 精子の形成・成熟

精子の形成・成熟について教えてください. <宮本敏伸 千村友香里 大村伸一郎>

Column03 精子の起源

4 精子の移動

精子の精路内移動について教えてください. <近藤宣幸>

Column04 精路閉塞の原因

5 勃起と射精のメカニズム

勃起不全と射精障害について教えてください. <永尾光一>

Column05 順行性射精と逆行性射精

6 精子の運動

精子の運動メカニズムについて教えてください. <吉田 学>

Column06 受精時期の精子の運動変化

7 精子の頸管粘液内通過

性交後試験(Huhner test)の方法と意義について教えてください. <鍋田基生>

Column07 頸管粘液による精子の受精能獲得について

8 精子側から見た受精過程

精子側から見た受精過程について教えてください. <柳田 薫 古城公佑>

Column08 卵子側の受精過程

9 精子の保存

精子の凍結保存の方法を教えてください. <山中紋奈 小野政徳 久慈直昭>

Column09 HIV感染男性のパートナーへの感染予防と妊娠

10 精巣の保存

精巣の凍結保存は可能でしょうか. <岡田 弘 岩端威之>

Column10 若年がん男性の妊孕性温存療法の現状

11 精子の老化

精子は老化しますか? <犬房春彦 楊 馥華>

Column11 男性の妊孕性の年齢的限界

12 精漿の役割

受精卵の着床に精漿は必要ですか. <當麻絢子 福原理恵>

Column12 精漿の起源

13 精子(男性不妊症)と遺伝

男性不妊治療により授かる子供に,遺伝的問題は生じますか. <澤井英明>

Column13 男性不妊症と流産の関係

14 男女産み分け

男女産み分けの方法や問題点について教えてください. <白石晃司>

Column14 ファミリーバランシング

B 精子の臨床検査法

1 一般精液検査

目視による検査とCASAを用いる検査の特徴を各々教えてください. <湯村 寧>

Column15 WHOマニュアル(2021)による精液所見の改訂

2 精子形態評価法

精子形態評価法,精子の正常形態率の検査法を教えてください. <吉田 淳>

Column16 異常形態精子が受精して妊娠しても問題はないですか

3 その他の精液評価法

Sperm Quality Analyzerの活用法を教えてください. <脇本 裕 児島輝仁>

Column17 Sperm Quality Analyzerによる測定原理

4 抗精子抗体(精子結合抗体)の検査法

精子結合抗体の検出法を教えてください. <柴原浩章>

Column18 抗精子抗体の対応抗原

5 様々な精子機能検査法

1.低浸透圧精子膨化試験(HOS test)について教えてください. <内田昭弘>

2.トリプルステイニング(triple staining)について教えてください. <岡田 弘 大坂晃由>

3.アクリジンオレンジテストについて教えてください. <片寄治男>

4.Sperm DNA fragmentation(SDF)について教えてください. <江夏徳寿 塩谷雅英>

5.精液中の酸化還元電位について教えてください. <岡田 弘 岩端威之 杉本公平>

6ハ.ムスターテストについて教えてください. <松山毅彦>

7.Hemizona assayについて教えてください. <柴原浩章>

C 男性不妊症の治療法

1 泌尿器科で行う治療法

1.薬物療法の対象と治療法について教えてください. <辻村 晃>

2.手術療法の対象と治療法について教えてください. <福原慎一郎>

3.無精子症について教えてください. <梅本幸裕>

2 産婦人科で行う治療法

1.人工授精(AIH/AID)について教えてください. <京野廣一>

2.体外受精(IVF)について教えてください. <鈴木達也>

3.卵細胞質内精子注入法(ICSI)について教えてください. <菅沼亮太>

4,Intracytoplasmic morphologically selected sperm injection (IMSI)について教えてください. <家田祥子>

5.Physiological, hyaluronan—selected intracytoplasmic sperm injection(HA—ICSI)について教えてください. <上野 智>

索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:65.0MB以上(インストール時:134.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:259.9MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:65.0MB以上(インストール時:134.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:259.9MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784498160484
  • ページ数:202頁
  • 書籍発行日:2023年10月
  • 電子版発売日:2023年10月17日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。