医療用3Dワークステーションで学ぶ 脳神経外科手術戦略シミュレーション

  • ページ数 : 334頁
  • 書籍発行日 : 2024年3月
  • 電子版発売日 : 2024年2月27日
¥11,000(税込)
ポイント : 600 pt (6%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

シミュレーションが手術を制す.その有用性を理解し,使いこなすための必須知識が満載.

術前シミュレーションの重要性は,いまや誰もが知るところとなった.しかし,その有用 性を正しく理解し,使いこなせている人はどのくらいいるだろうか.医療用3Dなどの技術 の進歩により,術前シミュレーションは手術の予習とトラブル回避だけにとどまらず,未経験の術式をリアルに学べる絶好の教育ツールとなった.本書は,解剖から手術の要点までシミュレーションを駆使して学び,確実なスキルアップに直結する知識を詰め込んだ.

序文

序文

現在,新型コロナウイルス感染症が第5類に分類された世界で,学会も通常に行われるようになり,術前シミュレーションの発表も聴講できるようになってきた.

これからの脳神経外科医は開頭手術以外にも非侵襲的治療が発展し,様々な選択肢がある.最も妥当と考えられる治療法は多岐にわたり,より少ない経験で安全確実な治療結果が求められる.私共は,術前シミュレーションは手術経験値を上げることができる有用なツールと考えており,異論は少ないと思われる.また,経験のある術者では,術前シミュレーションにより,予期せぬ最悪の事態を想定できるため危機管理にも役立つと考えている.しかし,同時に煩雑で時間を要してしまうことも否めず,そのため世の中に浸透していないと考えられる.

本書は,医療用3Dワークステーションを用いた術前シミュレーションを放射線技師さんの協力も得ながら,できるだけ簡便に行う具体的な例を学び,各施設でより良い方法を構築していただきたいという思いで作成した.したがって,できるだけ多くの症例を疾患別に供覧し,術前シミュレーションの具体的方法,かかった時間などを記載した.

本書では,図や動画を多くし,スマートフォンで動画が見えるよう,視覚的にもポイントがわかりやすく,実践に役立つ構成とした.繰り返し確認し,実際の臨床に役立てていただきたい.

編集には,杏林大学脳神経外科 中冨浩文先生,名古屋市立大学脳神経外科学 山田茂樹先生に加わっていただきご指導いただいた.ご執筆をお願いした先生方は,術前シミュレーションに造詣が深く実際に活用されている方々である.ご多忙にもかかわらず,実臨床に沿ってわかりやすく解説していただき,この場を借りて厚く御礼申し上げる.本書は必ずや若い脳神経外科医,放射線技師の方々のお役に立てると確信しており,ひいては多くの患者さんに貢献できたら幸いである.最後になったが,本書にご協力いただいたすべての方々に心より感謝申し上げる.


令和6年1月 第17回日本性差医学・医療学会終了時

島根県立中央病院 脳神経外科
井 川 房 夫

目次

シミュレーションしてみよう

1 画像シミュレーション

 1.シミュレーションソフト

  a)SYNAPSE VINCENT 〈伊藤広貴〉

  b)Ziostation REVORAS 〈谷平大樹〉

  c)AZEバーチャルプレイスAVP—001A 〈水嶋一星〉

  d)GRID 〈道家健仁〉

  e)Thermo ScientificTM AmiraTM Software/AvizoTM Software 〈伊藤栄祐〉

 2.誰でも始められるシミュレーション 〈吉野正紀〉

 3.診療放射線技師と“一緒”に画像作成することが大切 〈石倉諒一,井川房夫〉

2 3Dプリンターシミュレーション 〈佐川博貴,壽美田一貴,根本 繁〉

3 バーチャルリアリティ(VR)手術シミュレーション 〈金 太一〉

シミュレーションで学ぶ方法別手術

1 基本開頭術

 1.前頭側頭開頭術 〈山田茂樹〉

 2.両側前頭開頭術 〈山田茂樹〉

 3.後頭下開頭術 〈吉田裕毅〉

2 神経内視鏡手術

 1.経鼻内視鏡手術 〈谷川元紀〉

 2.内視鏡下キーホール手術 〈谷川元紀〉 

 3.内視鏡下シリンダー手術 〈谷川元紀〉 

3 水頭症手術 

 1.脳室—腹腔(VP)シャント術 〈山田茂樹〉 

 2.腰部くも膜下腔—腹腔(LP)シャント術 〈山田茂樹〉 

 3.内視鏡下第三脳室底開窓術 〈谷川元紀〉 

4 血管内手術 〈西川祐介〉 

5 脊椎脊髄手術 〈遠藤俊毅〉

シミュレーションで学ぶ脳血管障害手術のピットフォールと失敗回避方法

1 脳動脈瘤

 1.開頭クリッピング術 〈落合淳一郎,井川房夫〉

 2.血管内コイル塞栓術 〈西川祐介〉

2 脳動静脈奇形

 1.術前塞栓術 〈西川祐介〉

 2.開頭摘出術 〈島田健司,三宅一央,高木康志〉

3 内頸動脈狭窄症

 1.頸動脈内膜剝離術(CEA) 〈内田 充〉

 2.頸動脈ステント留置術(CAS) 〈内田 充〉

4 バイパス術

 1.STA—MCAバイパス術 〈内田 充〉

 2.High flow bypass 〈鹿毛淳史,遠藤英徳〉

5 血栓回収療法の術前評価 〈河野浩之〉

シミュレーションで学ぶ脳腫瘍手術のピットフォールと失敗回避方法

1 頭蓋底髄膜腫 〈井川房夫〉

2 松果体部腫瘍 〈井川房夫〉

3 脳室内腫瘍

 1.側脳室内腫瘍 〈大宅宗一〉

 2.第三脳室内腫瘍 〈佐藤 充,山本哲哉〉

4 神経膠腫 〈齊藤邦昭〉

5 頭蓋咽頭腫

 1.開頭術 〈川俣貴一,堀場綾子,林 基弘〉

 2.内視鏡手術 〈渡邉 督〉

6 血管芽細胞腫 〈一ノ瀬 努,池田祥平,後藤剛夫〉

7 脳幹部海綿状血管腫 〈宮脇 哲,金 太一〉

シミュレーションで学ぶ機能的手術のピットフォールと失敗

1 微小血管減圧術とは 〈清水暢裕〉

2 てんかん外科 〈飯島圭哉,岩崎真樹〉


索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:38.8MB以上(インストール時:87.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:155.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:38.8MB以上(インストール時:87.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:155.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784498428102
  • ページ数:334頁
  • 書籍発行日:2024年3月
  • 電子版発売日:2024年2月27日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。