脳神経内科診療の掟

  • ページ数 : 372頁
  • 書籍発行日 : 2024年5月
  • 電子版発売日 : 2024年5月22日
¥6,380(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 116pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

これならわかる,これからできる脳神経内科診療
脳神経内科診療におけるcommon complaint, common symptom,common diseaseを診るための基本が身につくベストマニュアル!最新のエビデンスをおさえながら,エビデンスがない領域やガイドラインではカバーができない臨床現場でのコツ,ピットフォールまで解説.医のアートとサイエンスをバランスよく,実臨床で役立つ形で伝授!研修医・若手専門医が真っ先におさえておくべき診断・治療・患者管理の必須知識とコツを1冊で学べる必携書.

序文


私たちが医師になったのは30年程前で,ようやくMRIで脳や脊髄の詳細な画像検査ができるようになった時代だった.それが,気づいてみれば疾患修飾薬だ,遺伝子治療だという時代になってしまった.もちろんそのような最新の治療についての知識,研究心が重要なことはいうまでもないし,私たちが脳神経内科という診療科を選択したのも,いつかそういう時代になればという思いからだった.先輩の諸先生から神経学を厳しく叩き込まれながら,いつの日か難病といわれる神経疾患が治る時代がくることを夢見て,今日まで臨床に携わってきた.

しかし,実際にそういう時代を迎えてみると,新たな問題に直面していることに気づいた.あまりにも精緻な検査が発達したため,私たちが最も大切だと考える症候学,臨床神経学がおろそかになっているのでは,という看過できない問題である.もちろん,医学の進歩によって新たな検査方法が生まれ,詳細な診断が可能となることには全く異論はない.しかしながら,どんなに検査方法が進歩しようともその疾患は以前からそこにあったのである.つまり,患者の主訴と神経所見は今も昔も変わらない.一般的な疾患に対する対処方法の基本的なスタンスに大きな変化はないと思う.

本企画を頂いたときに私たちが思ったのは,脳神経内科外来をやっていてよく遭遇する主訴やcommon diseaseについて,今一度基本に立ち返ってみようということであった.脳神経内科医がカバーする疾患の数は恐らく他のどの診療科にも負けないくらい多い.その多様性に対応し,社会に貢献する脳神経内科の臨床医を育てていく上で,まずはcommon complaint, common symptom,common diseaseを診るための基本をしっかりと身につけてもらうことが最も重要と考えた.

本書はこのような思いから生まれ,私たちが日頃から尊敬する先生方にアートとサイエンスのバランスが取れた原稿の執筆をお願いした.御陰様で自信を持って皆さん,特に新時代の脳神経内科を担う若手の先生方にお勧めできる形になったことと思う.


令和6年3月

岩田 淳
小林俊輔

目次

 1.一時的に意識がなくなった 〈岩田 淳〉

 2.頭が痛い 〈岩田 淳〉

 3.めまい 〈岩田 淳〉

 4.もの忘れがある 〈岩田 淳〉

 5.ものが二重に見える 〈岩田 淳〉

 6.呂律が回らない,のみこめない 〈岩田 淳〉

 7.しびれる─感覚障害の検討の仕方 〈岩田 淳〉

 8.手足が上手く動かない 〈岩田 淳〉

 9.ふるえ 〈小林俊輔〉

10.あるきにくい 〈小林俊輔〉

11.脳梗塞─病態と画像診断 〈藤本 茂〉

12.脳梗塞─急性期治療 〈木村和美〉

13.脳梗塞─二次予防 〈梶川博之 新堂晃大〉

14.脳出血─急性期対応 〈長尾毅彦〉

15.脳静脈血栓症 〈代田悠一郎〉

16.一次性頭痛─治療マネジメントにしぼって 〈渡邊成美 滝沢 翼〉

17.認知症 〈古和久朋〉

18.Alzheimer型認知症─患者マネジメント 〈和田健二 吉武亜紀〉

19.レビー小体型認知症─患者マネジメント 〈馬場 徹〉

20.血管性認知症 〈猪原匡史〉

21.正常圧水頭症 〈菅野重範〉

22.進行性核上性麻痺 〈饗場郁子〉

23.Parkinson病─診断 〈時村 瞭 濱田 雅〉

24.Parkinson病─患者マネジメントと治療 〈永山 寛〉

25.脊髄小脳変性症 〈?橋祐二〉

26.多発性硬化症─診断 〈下濱 祥 北川 賢 中原 仁〉

27.多発性硬化症─治療マネジメント 〈清水優子〉

28.視神経脊髄炎(NMOSD) 〈作石かおり〉

29.てんかん─診断 〈音成秀一郎〉

30.てんかん─治療マネージメント 〈神 一敬〉

31.ギラン・バレー症候群 〈国分則人〉

32.慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー 〈黒川勝己〉

33.絞扼性・圧迫性ニューロパチー 〈宮地洋輔〉

34.血管炎性ニューロパチー 〈小池春樹〉

35.神経リンパ腫症 〈北國圭一〉

36.神経アミロイドーシス 〈神林隆道〉

37.筋萎縮性側索硬化症(ALS)─診断 〈東原真奈〉

38.筋萎縮性側索硬化症(ALS)─治療マネジメント 〈東原真奈〉

39.炎症性筋疾患 〈久保田暁〉

40.細菌性・結核性・真菌性髄膜炎 〈石川晴美〉

41.ウイルス性脳炎─ヘルペス脳炎を含めて 〈森田昭彦〉

42.自己免疫性脳炎 〈原 誠〉

43.進行性多巣性白質脳症(PML) 〈三浦義治〉

44.Creutzfeldt-Jakob病 〈松林泰毅 三條伸夫〉

45.神経核内封入体病 〈栗原正典〉

46.重症筋無力症─診断 〈中根俊成 中辻裕司〉

47.重症筋無力症─治療 〈村井弘之〉

48.Lambert-Eaton筋無力症候群(LEMS) 〈畑中裕己〉

49.Fabry病 〈米澤久司〉

50.脊髄性筋萎縮症(SMA) 〈森まどか〉

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:24.3MB以上(インストール時:56.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:97.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:24.3MB以上(インストール時:56.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:97.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784498428126
  • ページ数:372頁
  • 書籍発行日:2024年5月
  • 電子版発売日:2024年5月22日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。