脳卒中上肢機能検査マニュアル ARAT

  • ページ数 : 84頁
  • 書籍発行日 : 2024年7月
  • 電子版発売日 : 2024年6月7日
¥3,630(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 66pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科がおくる
脳卒中後上肢麻痺に対する世界基準の評価法
「Action Research Arm Test(ARAT)」のマニュアル決定版!
この1冊で実施方法から活用方法まで完全網羅
評価だけにとどまらず、
患者のADL・QOLの向上を本気で目指すための知識を紹介

【本書のポイント】
・ARATの詳しい検査方法、採点方法がわかる
・FMAをはじめとした、他の上肢機能評価との関係性や使い分けがわかる
・評価のカットオフ値を掲載
・検査の結果から導く目標設定、訓練設定、予後予測を解説

序文


ここ10年の間にわが国の高齢化はさらに進み,リハビリテーション医学・医療を取り巻く環境も急速に変化しています.それにより,リハビリテーション医学・医療の対象は多様になり,急性期・回復期・生活期の各フェーズ別における必要性も増しました.このような状況に対応するために2017年に日本リハビリテーション医学会では従来の「機能を回復する」「障害を克服する」という考え方を踏まえたうえで,リハビリテーション医学を「活動を育む医学」とする新しい定義を定めました.この定義により,全診療科からのリハビリテーション医学・医療への理解が進んだと感じています.

もちろんこの間,リハビリテーション医学・医療の発展は著しいものがありました.その1つに,脳卒中後における上肢リハビリテーション治療があります.元来,発症から数ヵ月経てば改善が認められないとされていた上肢麻痺ですが,日本から世界へ反復性経頭蓋磁気刺激療法やボツリヌス毒素療法の併用による上肢リハビリテーション医療を啓発することで,治療としての確固たる地位を示してきたといっても過言ではありません.まさに患者さんそれぞれに対するオーダーメイドの治療によるADL,QOLを高める「活動を育む医学」になっているわけです.

もちろん啓発を進めていくには,世界との共通言語である評価法で,この画期的な治療法の有効性を証明することが必要十分条件になるわけです. その評価法は,Fugl-MeyerAssessment(FMA)であり,今回この本で取り上げたAction Research Arm Test(ARAT)になるわけです.

我々東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座は,満を持して2008年より反復性経頭蓋磁気刺激療法を開始し,2010年からボツリヌス毒素療法を開始し,数千人の脳卒中後上肢麻痺に対して全国の関連病院とともに治療を行ってきました.しかもそこで用いられる評価は評価のためにするのではなく,治療学として,患者さんの機能を反映し目標設定と訓練設定をするための評価法でなければなりません.しかも得られた結果に対して,なおかつその経過に対して,確固たるエビデンスをもとに考案された訓練プログラムでリハビリテーション治療が行われなければなりません.またそれは,先を見据えたリハビリテーション治療であり訓練プログラムである必要があります.まさにこの本は,これらのことを網羅した我々のARATに対する現時点での集大成になったと確信しています.

最後に,この本の作製にあたり,長い間苦楽を共にしている東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科の仲間ならびにいつも私の難題に真摯に対応してくださる株式会社新興医学出版社 代表取締役 林峰子氏に深謝申し上げます.


東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座 主任教授 安保雅博

目次

第1章 上肢機能評価とARAT の関係性

01 上肢機能評価とARAT の関係性

第2章 ARAT による上肢機能評価の実際

01 ARAT とは

第3章 テストの実施方法

01 サブテストA:Grasp(つかみ)

02 サブテストB :Grip(握り)

03 サブテストC:Pinch(つまみ)

04 サブテストD:Grossmovement(粗大運動)

第4章 ARAT から得られた結果を臨床へ

01 上肢運動麻痺の重症度

02 ARAT の予後予測

03 治療での活用アイデア

04 リハビリテーション治療の効果判定

第5章 ARAT 理解度チェック

COLUMN

何より大切な作業療法士の視点

ARAT の得点とともに患者の手指運動を記述して練習計画に用いよう

リハビリテーション療法士の卒後教育制度~慈恵医大レジデント制度~

巻末付録

JASMID-S の全下位項目の予測モデルよって算出された予測確率一覧

評価用紙(サンプル)

索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:32.9MB以上(インストール時:69.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:131.7MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:32.9MB以上(インストール時:69.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:131.7MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784880021294
  • ページ数:84頁
  • 書籍発行日:2024年7月
  • 電子版発売日:2024年6月7日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。