新版 医師のためのモバイル仕事術 iPad/iPhoneを使い倒す!

  • ページ数 : 224頁
  • 書籍発行日 : 2012年6月
  • 電子版発売日 : 2018年1月5日
¥3,143(税込)
ポイント : 57 pt (2%)

商品情報

内容

医師のためのモバイルを使った仕事効率化の方法と考え方を解説します!

「何ができるのか」ではなく,「どう使いたいか」を重視してくれるツールであるiPad/iPhoneにおいて、便利な医療系アプリや活用術を教えます!医師、研究者の方にオススメです!

序文

はじめに


iPad/iPhoneをどう考えたら良いのか


最近,周りの方々から「iPad やiPhone をどう考えたら良いの?」と尋ねられることが多くなりました.私が1 日中iPad/iPhone を使っているのを見て,「そんなにすごいものなの?」と興味をもった方々が多いようです.私は,はじめのうちは,「趣味の道具」とか「ガジェットが好きな人が使う道具」などと,少し控えめに答えていました.しかし本音を言えば,iPad/iPhone は「何でもできる道具」です.ただし,「使い方,考え方がわかっていれば」という条件付きです.iPad/iPhone 自体の操作法やアプリの操作法を知っているだけでは十分ではありません.具体的に「どういった場面で,どのように使っているか」が重要なのです.はじめから使い方が決まっているのではなく,ユーザーが自分のスタイルに合わせて使い方を決められるところがiPad/iPhone のすばらしさなのです.

では,「iPad/iPhone をどう使うか」と問われると,答えはさまざまです.ある人からは「本を読む」,ある人からは「ネットサーフィンをする」,ある人からは「ムービーを観る」などという答えが返ってきて,娯楽マシンかとも思えるような反応です.私の周囲で「ビジネスマシンとして使う」という言葉が返ってこないということは,「iPad/iPhone は楽しいもの」という捉え方をしている人が多いということでしょう.しかし,娯楽だけにしか使えないかというと,そうではありません.それ以外の使い方を模索したり,研究したりする楽しみがあります.

iPad/iPhone の特徴として,指で操作する感覚的なインターフェースがあります.これはハードウェアの技術だけではなく,ソフトウェアにも工夫があるからこそ可能になっている操作体系です.ただのタッチパネルであれば以前からありましたし,それはおおむね使い勝手の悪いものでした.しかしそのタッチパネルを,ここまで熟成させて「Apple」というブランドで発売したことにより,「きっと使えるはず」という大きな期待が寄せられました.実際にiPad/iPhone に触ってみると,すばやくかつ繊細に反応します.

また,iPad は「大きいiPhone」という見方もありますが,それだけではなくiPhoneとは違ったiPad ならではの使い方があるはずです.使い方は人それぞれで,使う楽しみも与えてくれるところがApple 流なのです.

このように,iPad/iPhone は「何ができるのか」ではなく,「どう使いたいか」を重視してくれるツールであり,各人の生活スタイルによって,使い方が全く異なるのです.

筆者は勤務医で,自宅以外のいろいろな場面でデジタル情報を取り扱います.特に最近ではPC メールのやり取りや,スケジュール管理をはじめとした多くの期限付き情報を処理することも多く,デスクトップPC だけでは仕事がはかどりません.そんななか,2008 年,モバイル環境でそのような仕事をこなせるかもしれない夢のようなガジェットがApple から発売されたのです.それがiPhone です.筆者は発売当初からiPhone を使い倒し,現在も当直・移動中・学会会場などのあらゆる場面で活用しています.もはやiPhone なしでの生活など考えられません.

「携帯電話以上,ノートPC 以下」,そこをきちんと認識すれば(つまり,使い方さえ間違えなければ),iPad/iPhone のある楽しい世界が見えてくるはずです.iPad/iPhone を持っていることで楽しい気持ちになり,それが生活の一部に自然に溶け込んでいく.ノートPC のように無骨な道具ではなく,デジタル化だけにこだわらず,自然に使うことができるガジェット,それがiPad/iPhone です.おそらく,この書籍を読んでくださっているのは,医療系職種の方々や研究者の方々でしょう.ビジネスや一般家庭における使い方ではなく,医療系職種の方々や研究者の方々に役立つ使い方,その考え方を伝えることが,この書籍の使命であると考えます.


讃岐美智義

目次

1章 モバイルを始めよう

1-1 モバイル,もばいる,モバいる

1-2 筆者ふたりの「私とiPhone/iPad」

讃岐美智義の場合

門川俊明の場合

2章 iPad/iPhone の基礎知識

2-1 本体各部位の名称

2-2 基本的な操作法

2-2-1 iPad/iPhone 操作のための基本動作

2-2-2 基本的な操作(ハードウェア)

2-2-3 基本的な操作(ソフトウェア)

2-3 iPad/iPhone の標準アプリ

2-3-1 標準アプリ概説

2-3-2 設定アプリの項目解説

2-3-3 標準アプリの便利なTips

2-4 PC(Mac)との接続とiTunes との連携

2-4-1 iTunes への接続方法

2-4-2 iPad/iPhone とiTunes の同期

2-4-3 PC(Mac)とUSB 接続しないiTunes との連携

3章 iPad/iPhone 目的別使い方ガイド

3-1 入力・編集する

3-1-1 テキスト入力のための基本動作

3-1-2 Bluetooth キーボード

3-1-3 外部カメラからiPad/iPhone に写真を取り込む

3-2 管理する

3-2-1 iPad/iPhone とPC(Mac)間でファイルを転送する

3-2-2 他の機器とQR コードでデータをやりとりする

3-2-3 Mover+ を使ってiPad/iPhone 間でデータをやりとりする

3-2-4 iPad/iPhone の写真を複数まとめて利用する

3-2-5 メッセージの活用法

3-2-6 To Do アプリを使いこなす

3-2-7 文献を収集・保管する(クラウド活用応用編)

3-3 調べる,視聴する

3-3-1 「マップ」の連携的な活用法

3-3-2 Podcast で英語学習

3-3-3 Web 徹底活用

3-4 出力する

3-4-1 iPad を使ったプレゼンテーション

3-4-2 iPhone でPDF ファイルを作成する

3-4-3 セブンイレブンのネットプリントを利用して印刷する

3-4-4 外出先でもバリバリ使う

3-4-5 トラブルシューティング

3-5 医師に役立つキラーアプリ紹介

3-5-1 クラウドストレージ:Dropbox 徹底活用

3-5-2 Gmail 徹底活用

3-5-3 Google アプリ徹底活用

3-5-4 Evernote 活用術

4章 医療関係者におすすめのアプリカタログ

4-1 入力・編集する

4-2 管理する

4-3 調べる・視聴する

4-4 出力する

4-5 医療・医学領域


索引

著者紹介

巻末座談会 あとがきにかえて

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:305.6MB以上(インストール時:664.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:1.2GB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:29.8MB以上(インストール時:74.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:119.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784059127567
  • ページ数:224頁
  • 書籍発行日:2012年6月
  • 電子版発売日:2018年1月5日
  • 判:B5変型
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。