がんの臨床検査ハンドブック

  • ページ数 : 268頁
  • 書籍発行日 : 2019年1月
  • 電子版発売日 : 2019年2月15日
¥5,500(税込)
ポイント : 300 pt (6%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

腫瘍マーカーも含め臨床検査を適切に用いて、しっかりがんを評価しよう!

◆日常検査やスクリーニング、腫瘍マーカーまで…がんを評価するための臨床検査の活用法をまとめた他に類を見ない書籍が登場!
◆腫瘍マーカーを中心としたさまざまな臨床検査を適切に利用・評価する方法を解説した実用書です。
◆医師のみならず臨床検査技師や看護師など、がん診療に携わるすべての医療者におすすめしたい一冊。

序文

がん(悪性腫瘍)は,他の疾患と同じように,問診,理学所見,画像所見,臨床検査所見を総合して疑われ,病理検査で確定される。固形がんでは画像診断が主役となり,血液や尿を試料とする臨床検査の比重は高いものではない。ただし患者負担が軽いため,施行される頻度は高く,医療関係者はしばしばその解釈に追われる。本書は,がん専門医以外の一般臨床医に,臨床検査のうち,いわゆる腫瘍マーカーを中心に,適切に利用・評価してもらうことを目的としたポケット版解説書である。

腫瘍マーカーとは,広義には,血液や尿で測定され,その成績ががんの診断に有用となる検査のことである。これをさらに分類すると以下のようになる。


①がん細胞特異的に(必ずしも,がん細胞のみではないが)産生される物質(AFP,CEAなど。狭義にはこれらを腫瘍マーカーと呼ぶ)

②正常細胞,がん細胞問わず産生されるが,がん細胞の容積効果,産生亢進効果により血中濃度が高くなるもの〔乳酸脱水素酵素(LD)など〕

③がん細胞に対する生体の反応(p53抗体など)


本書では,これらを取り上げ,さらに,がん細胞の遺伝子マーカーも含めた。

本書の特徴は,①臨床検査からの方向性と,②臓器別臨床からの方向性とを別々に解説した点にある。腫瘍マーカーの検査には試薬間差や偽陽性など,検査技術的に未解決な問題が少なくないため,その認識を深めることが前者の目的である。後者では,腫瘍マーカーが適切に使用されること,特に過大な期待で使用されることがないように,ご執筆頂いた先生方には専門医の視点で腫瘍マーカーの使い方を解説して頂いた。

本なお,本書では原則,保険診療の対象となっている検査項目を取り上げ,将来期待される先進的項目は付録として取り上げた。

本書が,医師,医学生のみならず,臨床検査技師,薬剤師など,他のメディカルスタッフ,がんに関わるすべての医療関係者にとって有益な解説書のひとつになれば幸いである。


2018年12月

自治医科大学医学部 臨床検査医学講座 教授 山田 俊幸
浜松医科大学医学部 臨床検査医学講座 教授 前川 真人

目次

1章 がんと日常的検査

1 がんにおける臨床検査利用法

2 一般検査

3 血液学的検査

4 生化学・免疫検査

5 がん関連ウイルス検査

2章 がんのスクリーニング検査

1 便潜血(便ヘモグロビン検査)

2 ペプシノゲンとピロリ菌検査によるピロリ菌胃炎の診断と胃がんリスク層別化検査,除菌判定

3 泌尿生殖器系(子宮腟細胞診)HPV含む

4 呼吸器ほか穿刺液(喀痰細胞診)

3章 腫瘍マーカー

1 AFP,AFP-L3

2 PIVKA-Ⅱ

3 CEA

4 CA19-9,DUPAN-2

5 前立腺特異抗原(PSA)

6 SCC

7 CYFRA

8 ProGRP

9 NSE(神経特異エノラーゼ)

10 CA125と類似マーカー

11 CA15-3

12 抗p53抗体

13 可溶性インターロイキン2受容体

14 1CTPほか骨腫瘍マーカー

4章 各腫瘍での臨床検査の使い方

1 肝癌(AFP,AFP-L3分画,PIVKA-Ⅱ)

2 消化管癌

3 膵癌

4 肺癌

5 前立腺癌(PSAなど)

6 乳癌

7 女性生殖器腫瘍

8 泌尿器・男性生殖器腫瘍(前立腺を除く)

9 内分泌腫瘍

5章 がんと遺伝子検査

1 遺伝子関連検査総論

2 コンパニオン診断

3 がん遺伝子パネル検査


付録1 これからのがん検査

付録2 腫瘍マーカー一覧

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:12.8MB以上(インストール時:29.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:51.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:30.3MB以上(インストール時:64.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:121.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784784956630
  • ページ数:268頁
  • 書籍発行日:2019年1月
  • 電子版発売日:2019年2月15日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。