人工肩関節置換術 基礎と実際 [動画付き]

  • ページ数 : 220頁
  • 書籍発行日 : 2016年7月
  • 電子版発売日 : 2017年12月28日
¥11,000(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 200pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

HHR、TSA、RSAの適応、機種選択、手術手技、リハビリテーション、全てをこの一冊に。

豊富な写真とイラストによる、見てわかるページ展開で手術の流れが理解できます。最新リバース型人工肩関節置換術をより安全に行うための知識・技術を網羅し、合併症を起こさないための手術テクニック、術中のピットフォールを詳しく解説。手技の場面は動画視聴が可能です!

序文

従来,人工肩関節置換術は疼痛の改善には効果的なものの,特に骨折例の人工骨頭置換術や関節リウマチ例に対する人工肩関節置換術では良好な機能回復は獲得困難で,本邦においてはあまり普及してこなかった.一方で,関節鏡視下手術の進歩により腱板断裂に対する手術が流行的に増加した反面,再断裂例や従来諦めていた一次修復不能な腱板広範囲断裂例に対する再建術も増加してきた.21世紀に入り,1987年にフランスのPaul Grammont先生により開発された肩関節症を伴う一次修復不能な腱板広範囲断裂例に対するリバース型人工肩関節置換術の比較的良好な成績が欧米で報告されるようになり,人工肩関節置換術は欧米ではこの15年で約7〜8倍に増加した.2014年4月より,ようやく本邦においてもリバース型人工肩関節が使用可能になり,この2年で爆発的に使用されるようになった.しかし人工肩関節置換術においてはグレノイドの展開やリーマーやセメントの使用など種々のテクニカルな要素や特別なリハビリテーションが成功の鍵を握る.

本書では多忙な先生方に一目瞭然に理解していただけるようできる限り写真を多用し,解説を簡潔にするよう心がけた.また従来型の解剖学的人工肩関節置換術だけでなく,最新のリバース型の手術の成功の秘訣や今後増えていくであろう再置換術のコツについても現時点で判明している内容に言及している.また動画で実際の手術のエッセンスを見ていただけるようWebで閲覧可能になっているのも本書の特徴である.さらに手術動画だけでなく,リハビリテーション動画も閲覧可能になっている.

本書の内容は,将来的に進歩していくことも多いと思われるが,先生方の臨床現場において座右のテキストとなり,1人でも多くの患者の良好な成績が獲得されることを祈念している.


末永直樹整

形外科北新病院
上肢人工関節・内視鏡センターセンター長

目次

・序文

・執筆者一覧

・WEB動画の視聴方法

【第1章 人工肩関節置換術の基本】

◆01 人工肩関節の歴史

◆02 人工肩関節置換術に必要な分類

◆03 人工肩関節置換術の適応

◆04 必要な器械と手術体位のとり方

◆05 アプローチ(上方,前方,後方)

◆06 グレノイドの展開のコツ

◆07 グレノイド骨欠損への対処法

◆08 肩甲下筋腱の切離と延長

◆09 手術後の固定法:注意点と管理のポイント

◆10 肩甲下筋腱の部分移行術

◆11 広背筋・大円筋後方移行術

◆12 広背筋・大円筋前方移行術

◆13 大胸筋移行術の方法と注意点

◆14 感染症を防ぐために

◆15 手術後の評価方法

【第2章 手術の実際】

<A-解剖学的人工肩関節全置換術>

◆01 適応

◆02 機種選択

◆03 上腕骨の骨切り

◆04 グレノイド設置の方法と留意点

◆05 ミスマッチの選び方

◆06 ステムの挿入(プレスフィットおよびセメンティング)

◆07 適切な動揺性の獲得と上腕骨頭の選び方

◆08 肩甲下筋腱の修復方法


<B-小径人工骨頭置換術と腱板再建術>

◆01 開発の歴史とコンセプト

◆02 適応と術前評価

◆03 機種選択

◆04 手術の流れ

◆05 上腕骨の骨切り

◆06 上腕骨ステムの挿入

◆07 整復と骨頭サイズの選択

◆08 腱板の再建方法の選択


<C-上腕骨近位端骨折に対する人工骨頭置換術>

◆01 適応

◆02 機種選択

◆03 展開:観音開き法

◆04 展開:大・小結節整復後肩甲下筋腱切離法

◆05 ステムの挿入(セメンティング)

◆06 上腕骨頭サイズの選び方

◆07 剥離しない結節縫合のコツ


<D-リバース型人工肩関節置換術>

◆01 発展の歴史

◆02 バイオメカニクス

◆03 適応

◆04 機種選択

◆05 上腕骨の骨切りとa-BIO骨採取法

◆06 ステムの挿入(プレスフィットおよびセメンティング)

◆07 整復・脱臼とサイズ選択

◆08 肩甲下筋の修復方法

【第3章 術後管理とリハビリテーション】

◆01 人工肩関節全置換術の術後管理とリハビリテーション

◆02 小径人工骨頭置換術後の術後管理とリハビリテーション

◆03 上腕骨近位端骨折に対する人工骨頭置換術後の術後管理とリハビリテーション

◆04 リバース型人工肩関節置換術の術後管理とリハビリテーション

【第4章 特殊症例および合併症の対処】

<A-Fracture sequelaeの対処法>

◆01 Fracture sequelaeの分類と治療方針

◆02 上腕骨頭壊死に対する人工骨頭置換術

◆03 陳旧性前方脱臼に対する人工骨頭置換術と上腕骨頭移植術

◆04 陳旧性後方脱臼に対する人工肩関節置換術

◆05 上腕骨大結節変形癒合に対するリバース型人工肩関節置換術


<B-合併症に対する対処法>

◆01 術中・術後合併症に対する対処法

◆02 再置換術の方法と留意点


・索引

・編者紹介

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:631.1MB以上(インストール時:1.3GB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:2.5GB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:468.0MB以上(インストール時:1.1GB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:1.8GB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784840458139
  • ページ数:220頁
  • 書籍発行日:2016年7月
  • 電子版発売日:2017年12月28日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。