• M2PLUS
  • 救急·集中治療(26巻3・4号)徹底ガイド 急性血液浄化法2014-15

救急·集中治療(26巻3・4号)徹底ガイド 急性血液浄化法2014-15

篠崎 正博 秋澤 忠男 (特集編集)

総合医学社

  • ISBN : 9784883785285
  • ページ数 : 342頁
  • 書籍発行日 : 2014年5月
  • 電子版発売日 : 2015年3月20日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥6,600 (税込)
ポイント : 360 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

血液浄化法は慢性、急性ともに長足の成長を遂げ、とくに急性血液浄化は当初の腎不全患者に対する腎臓機能代替手段から、数多くの急性疾患、急性増悪を遂げた慢性疾患の治療・管理手段へと発展し、今や救命救急治療領域を含め、不可欠の治療手段として活用されている…(序文より)

専門医をはじめ、必ずしも血液浄化を専門としない医師や、急性血液浄化に携わる全ての医療従事者にも一読いただきたい一冊です。

■ 序文

 

血液浄化法の恩恵を最も多く受けているのは慢性腎不全患者で,わが国で31万人,世界各国には300 万人近い患者が維持透析療法下に生存,社会復帰や社会参加を遂げている.こうした慢性に行われている維持透析も,1945 年に初めて患者の延命に成功したのは胆囊疾患を合併した急性腎不全患者であった.血液浄化法は急性疾患の治療法,つまり急性血液浄化として誕生したのである.それからおよそ70 年,血液浄化法は慢性,急性ともに長足の成長を遂げ,とくに急性血液浄化は当初の腎不全患者に対する腎臓機能代替手段から,数多くの急性疾患,急性増悪を遂げた慢性疾患の治療・管理手段へと発展し,今や救命救急治療領域を含め,不可欠の治療手段として活用されている.こうした発展には,透析に加え,濾過,吸着など新たな血液浄化原理の応用,治療素材・デバイスの開発,持続治療を可能とする機器の実用化など,急性血液浄化を支える技術の進化が大きな役割を演じた.医学者と工学者の緊密な連携がこうした成果を生み出したといっても過言ではない.一方,急性血液浄化はチーム医療である.救命救急医療を要する重篤患者の治療は,内科・外科・救命救急医などの範疇を超えた医師にとっての共同作業であるが,急性血液浄化ではこれに加え,変動する循環動態の中で長時間の体外循環を安定し,安全かつ効果的に施行する臨床工学技士と看護師の役割が重要であり,また血液浄化中の薬物動態の変化から適切な薬物療法を決定するには薬剤師の広範な協力が不可欠である.さらに血液浄化で失われる栄養素をどのように補充していくか,こうした複雑な治療は,まさに集学的レベルで行われ,そこに関与する職種も多岐に及ぶ.

 

本特集はこのように急速に発展する急性血液浄化療法を,専門医と,必ずしも血液浄化を専門としない医師のみならず急性血液浄化に携わる多くの職種の方々に広く理解し,実践に役立てて頂くことを目的に企画された.本特集が有意義に活用されることを期待したい.


特集編集 篠﨑正博 岸和田徳洲会病院 救急救命センター センター長
秋澤忠男 昭和大学医学部内科学講座 腎臓内科学部門 客員教授

■ 目次

I 急性血液浄化法と関連した重要な用語

急性血液浄化法とは

急性血液浄化法に関連した重要な用語と意味

II. 急性血液浄化法の種類と原理

急性血液浄化法の種類と原理

透析,濾過,濾過透析,血漿分離における溶質除去の相違と特徴

血液浄化器(膜)の種類と性能

血液浄化器(吸着)の種類と性能

持続的血液浄化法と間歇的血液浄化法の相違

透析液および補充液(置換液)の組成

血液浄化能と血流量,透析液流量および濾過量

血液浄化と酸塩基平衡

クリアランス,ダイアリザンス,濾過係数,限外濾過およびふるい係数

III 急性血液浄化法の実際

血液透析(CHDとIHD)

血液濾過(HFとCHF)

持続的血液濾過透析(CHDF)

血漿交換(PE,CPE)

血液吸着(HA)・血漿吸着(PA)

急性血液浄化法におけるバスキュラーアクセス

急性血液浄化法における抗凝固薬

監視装置

IV 急性血液浄化法の適応疾患)

CRRTによる炎症性サイトカインの除去

急性腎障害

急性肝不全

急性膵炎

急性呼吸不全

多臓器不全

敗血症性ショック&敗血症性腎障害

救急集中治療と関連した神経疾患

救急集中治療と関連した内科的疾患

小児患者に対する急性血液浄化

周術期,外傷(脳疾患患者を含む)に対する血液浄化

重症壊死性筋膜炎に対する血液浄化

V 患者管理

急性血液浄化法施行中の全身管理

血液浄化回路および監視装置の管理

VI 薬物管理)

急性血液浄化施行中の投薬管理

Ⅶ 副作用,合併症対策

プライミング,回路更新時の注意点

体外循環中の合併症対策

VIII 急性血液浄化;最近の話題

CRRTの国際基準とわが国の現状

急性腎障害のバイオマーカー

持続vs間歇血液浄化療法と患者予後

On-line CH(D)F

Plasma Filtration with Dialysis(PDF)

High flow CHDF,High volume CHF

ECAD(extracorporeal albumin dialysis)・アルブミン透析

急性血液浄化膜の選択と予後(SHEDD-fAを含めて)

サイトカイン吸着カラム

HMGB1吸着カラム

緊急透析としての腹膜透析─急性腹膜透析(acute PD)の適応と実際

急性肝不全への血液浄化法の進歩

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:96.2MB以上(インストール時:209.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:57.0MB以上(インストール時:142.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません