POWER MOOK 精神医学の基盤[1]特集:薬物療法を精神病理学的視点から考える

  • ページ数 : 229頁
  • 書籍発行日 : 2015年1月
  • 電子版発売日 : 2019年2月15日
¥4,400(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 80pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

記念すべき第1号の特集は「薬物療法を精神病理学的視点から考える」である。「精神医学の基盤」では精神医学における重要なテーマを斬新な切り口で俎上に載せていく予定であるが、第1号で選ばれたこのテーマは、今日の精神医学を語る際に避けては通れないばかりでなく、あらゆる議論のスタイルを象徴的にあぶりだす作用があると思われる。それは、薬物療法と精神病理学の双方が様々な意味で対立軸を内包しているからである。すなわちこの両者は、病理の解明と治療学といった研究目的の方向性も異なり、また方法論においても異なっていて、あたかも人類の知的活動の多様性の歴史をそのまま代表しているように見え、専門家集団としても異なっている。しかし、個々人においては両者が分裂しているわけでもなく、一方のみの思索に限定しているのでもない。本書ではまさにこの思索の異種性に焦点を当てているのであり、異質なもの同士の出会いに知的な興奮を感じていただければ望外の喜びである。

■PowerMOOK精神医学の基盤
[2]特集 うつ病臨床の論理と倫理
[3]特集 精神医学におけるスペクトラムの思想

序文

特集にあたって

精神医学のMOOK版の新たな書籍として《精神医学の基盤》がスタートした。記念すべき第1号の特集は「薬物療法を精神病理学的視点から考える」である。《精神医学の基盤》では精神医学における重要なテーマを斬新な切り口で俎上に載せていく予定であるが,第1号で選ばれたこのテーマは,今日の精神医学を語る際に避けては通れないばかりでなく,あらゆる議論のスタイルを象徴的にあぶりだす作用があると思われる。それは,薬物療法と精神病理学の双方が様々な意味で対立軸を内包しているからである。すなわちこの両者は,病理の解明と治療学といった研究目的の方向性も異なり,また方法論においても異なっていて,あたかも人類の知的活動の多様性の歴史をそのまま代表しているように見え,専門家集団としても異なっている。しかし,個々人においては両者が分裂しているわけでもなく,一方のみの思索に限定しているのでもない。

本書ではまさにこの思索の異種性に焦点を当てているのであり,異質なもの同士の出会いに知的な興奮を感じていただければ望外の喜びである。


東京女子医科大学医学部精神医学教室
石郷岡 純

目次

対談「薬物療法の進歩と精神病理学の展開」

I 薬物療法の精神病理学的意義

「遺伝子-言語複合体」としての人間に対する薬物療法を考える

薬物療法と精神病理学

薬物療法の進歩に精神病理学はいかに寄与したか

操作的診断カテゴリーと疾病概念の齟齬―治療学との関連性をどう考えるか

統合失調症の薬物療法における精神病理学的意義

うつ病の薬物療法における精神病理学的意義

薬物療法の前提としての双極性障害の精神病理学

不安障害の薬物療法における精神病理学的意義―神経症概念の治療学的有用性

児童・思春期の薬物療法における発達心理学的意義

精神病理学・症候学的視点から高齢者の薬物療法を考える

II 精神科治療のメカニズムと精神病理学

精神病理学的視点から見た統合失調症の回復と治療

薬物療法における回復論再考―ドパミン神経系のレジリアンスにおける役割の重要性を通して

なぜドパミンD2受容体遮断薬は抗精神病薬となりうるのか?

モノアミン増強薬はなぜ抗うつ薬となるのか

精神科治療におけるレジリアンスの思想

精神病理学の今後の可能性


コラム:精神医学における仮説の構築と検証

シリーズ:日本の精神科医療 エキスパートに聞く(1)

Clozapineの導入と日本の精神科医療

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:14.6MB以上(インストール時:37.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:58.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:44.3MB以上(インストール時:96.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:177.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784906502509
  • ページ数:229頁
  • 書籍発行日:2015年1月
  • 電子版発売日:2019年2月15日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。