薬剤師のための 精神科の薬 処方の意図を読む

  • ページ数 : 204頁
  • 書籍発行日 : 2020年7月
  • 電子版発売日 : 2020年8月14日
¥4,950(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 270pt ( 6 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

薬局が応需する「精神科の薬」の処方箋。多剤大量処方、適応外使用、同効薬の併用なども多く、医師がどんな意図で処方したのか読み取りにくい、分からないと感じている薬剤師も多いのではないでしょうか。
本書では、精神科処方の第一人者である吉尾隆先生(東邦大薬学部教授、日本精神薬学会理事長)が、豊富な症例に基づいて処方の意図を解説します。5分野(大うつ病性障害、双極性障害、神経性障害、統合失調症、認知症)で、合計40~50症例の処方を解説します。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

はじめに


「精神科の薬物療法は難しくてよく分からない」「精神疾患の患者さんにどのように指導したらよいのか分からない」といった精神科医療に対する苦手意識が、多くの薬局薬剤師にみられるように思います。精神科医がどのように薬物療法を考えて処方をしているのかが理解できれば、苦手意識が薄れ、精神疾患の患者さんに対する適切な服薬指導と薬学的管理を自信を持って行うことができるのではないか─。そう考えて本書を上梓しました。


本書では、精神科の主な5疾患、すなわち「大うつ病性障害(うつ病)」、「双極性障害(躁うつ病)」、「神経症性障害(神経症)・心身症」、「統合失調症」、「認知症」について疾患ごとに概略の説明をしたうえで、様々な処方例を挙げて、処方の意図を読み解いていきます。


薬局薬剤師が、窓口で接する精神疾患の患者さんに適切な服薬指導を行えることを目標に、精神科医がどのような根拠に基づいてその処方をしたのかを向精神薬の適応、薬物治療ガイドラインなどの推奨、さらには適応外使用のエビデンスなどの観点からじっくりと解説しました。本書を読み終わるころには、きっと、精神科の処方に対する苦手意識はすっかりなくなっているはずです!


わが国における向精神薬の使用状況は、諸外国と比較すると、特異だといわれています。統合失調症の治療における抗精神病薬の多剤併用、抗パーキンソン病薬やベンゾジアゼピン系抗不安薬・睡眠薬の高い併用率、うつ病の治療における抗うつ薬の多剤併用、双極性障害の治療における不適切な抗うつ薬の併用など、多くの問題点が指摘されています。問題の是正に向け、診療報酬のルールとして、抗不安薬・睡眠薬、抗精神病薬、抗うつ薬の処方は原則として2剤までとする剤数規制なども設けられてきています。


一方で現在、精神科病院においても院外処方せんの発行が進んでいます。また、精神科医療が入院治療から地域での外来治療にシフトするとともに、精神科や心療内科を標榜する診療所が発行した処方せんを、地域の薬局が応需する機会が多くなってきました。


2016年度(平成28年度)の診療報酬改定では、薬剤総合評価調整加算と薬剤総合評価調整管理料が新設されるなど、診療報酬上でも、薬物療法の適正化は薬剤師の重要な役割となっています。精神科の処方の意図を読めるようになることは、適切な処方と不適切な処方の見極めにも、大いに役立つはずです。


本書が、薬局薬剤師の精神科薬物療法に対する理解向上に役立ち、地域社会において適切な薬物療法が広がることにつながり、それによって精神疾患の患者さんの社会生活がより快適なものとなることを期待しています。


吉尾 隆

目次

はじめに

本書の使い方

総論

精神科の処方の意図を読み、患者指導に生かす

Chapter1 大うつ病性障害(うつ病)

大うつ病性障害(うつ病)と薬物治療

症例1(42歳 女性)

症例2(62歳 男性)

症例3(40歳 女性)

症例4(45歳 女性)

症例5(60歳 男性)

症例6(50歳 女性)

症例7(50歳 女性)

Chapter2 双極性障害

双極性障害と薬物療法

症例1(42歳 男性)

症例2(35歳 男性)

症例3(42歳 男性)

症例4(35歳 女性)

症例5(39歳 男性)

症例6(45歳 女性)

症例7(48歳 男性)

Chapter3 神経症性障害(神経症)心身症

神経症性障害(神経症)心身症と薬物療法

症例1(46歳 女性)

症例2(30歳 女性)

症例3(32歳 女性)

症例4(28歳 女性)

症例5(22歳 男性)

症例6(32歳 男性)

症例7(38歳 女性)

Chapter4 統合失調症

統合失調症と薬物療法

症例1(30歳 男性)

症例2(30歳 男性)

症例3(32歳 男性)

症例4(23歳 女性)

症例5(25歳 女性)

症例6(30歳 男性)

症例7(32歳 男性)

Chapter5 認知症

認知症と薬物療法

症例1(82歳 女性)

症例2(85歳 女性)

症例3(75歳 女性)

症例4(80歳 男性)

症例5(79歳 女性)

コラム1 精神科での「適応外使用」と薬剤師に求められる対応

コラム2 ベンゾジアゼピン系薬の特徴使われ方やめ方

コラム3 定型抗精神病薬と非定型抗精神病薬

索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:38.2MB以上(インストール時:79.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:152.7MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:38.2MB以上(インストール時:79.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:152.7MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784296106783
  • ページ数:204頁
  • 書籍発行日:2020年7月
  • 電子版発売日:2020年8月14日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。