• M2PLUS
  • ベストセラー
  • jmedmook72 あなたも名医!現場のリアルな選択とさじ加減 もっと使いこなす!救急頻用薬

jmedmook72 あなたも名医!現場のリアルな選択とさじ加減 もっと使いこなす!救急頻用薬

  • ISBN : 9784784966721
  • ページ数 : 180頁
  • 書籍発行日 : 2021年2月
  • 電子版発売日 : 2021年2月17日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,850 (税込)
ポイント : 70 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

救急の現場で本当によく使われる薬剤80種類を厳選!
救急・ICUに関わる初学者~中級者の知識整理や学び直しに役立つ


■ 薬剤の基本事項から典型的使用シーンにおける考え方、ワンランクアップのためのさじ加減まで、現場で活躍する救急のエキスパートがまとめました。
■ 1つの薬剤を見開きで解説し、コンパクトながらも充実した内容。
■ 読み通すことで上級医の薬剤選択・投与過程の思考がすっきり理解できます!

≫ 「jmedmook」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序文

現在,世界を震撼させている新型コロナウイルスのパンデミックは,我々の日常生活を一変させてしまいました。一般市民としての活動制限が加わり,また医療従事者としては開業医の先生方から大学病院のスタッフの皆様方まで“withコロナ”という環境下での診療を余儀なくされています。このような状況下においては,我々日本人の特徴でもある勤勉さ,忍耐力,そして絆などが非常に重要になろうかと思います。

本誌ではコロナ患者に使用しうる薬剤を盛り込むことはできませんでしたが,日常診療で使用頻度が高い薬剤を厳選して,その適切な投与方法を掲載しています。また,各専門家に典型的な使用シチュエーションを想定して頂き,ワンランクアップのための上級医の「さじ加減」も提示して頂きました。薬剤を使用する上では,患者さんが抱えている背景が異なるため,この「さじ加減」が非常に重要となります。もちろん,基本的な概念,ベースとなる投与方法を理解した上での「さじ加減」になります。

今回は各薬剤について,薬剤師目線でのアドバイスも掲載いたしました。薬剤師は薬自体の知識も豊富で,日常的に我々医師の処方を助けて下さっています。自分が勤務している救命救急センター内にも薬剤師の先生方に常駐して頂き,様々なサポートを頂いています。このようなアンサングシンデレラの皆様による知識を織り込んだことも,本誌の特徴のひとつです。

本誌の執筆を担当頂いたのは,私が最も信頼している仲間の先生方になります。コロナ禍という非常に多忙な状況下で丁寧にご執筆頂き感謝申し上げます。また,アンサングシンデレラの皆様におかれましても,時間が限られた中でのオファーにもかかわらずご協力頂き感謝しております。最後になりますが,今回の企画,校正,編集等にご尽力頂きました日本医事新報社のスタッフの皆様にも心から御礼申し上げます。


2021年2月

東京都立多摩総合医療センター救命救急センター部長・センター長 清水敬樹

■ 目次

〈1〉 昇圧薬・強心薬

1 エフェドリン

2 フェニレフリン

3 ドパミン

4 ドブタミン

5 アドレナリン

6 ノルアドレナリン

〈2〉 降圧薬・血管拡張薬

7 ジルチアゼム

8 ニカルジピン

9 ニトログリセリン

10 硝酸イソソルビド

11 ニコランジル

12 硫酸マグネシウム

〈3〉 鎮静薬

13 プロポフォール

14 ミダゾラム

15 ジアゼパム

16 デクスメデトミジン

17 ケタミン

〈4〉 筋弛緩薬

18 ロクロニウム

19 スキサメトニウム

20 ベクロニウム

〈5〉 鎮痛薬

21 フェンタニル

22 モルヒネ

23 ペンタゾシン

24 アセトアミノフェン

〈6〉 抗凝固薬

25 ヘパリンナトリウム

26 ナファモスタット

27 ガベキサート

28 乾燥濃縮人アンチトロンビンⅢ

29 アルガトロバン

30 トロンボモデュリン アルファ

31 ヘパリンカルシウム

32 ワルファリン

〈7〉 抗不整脈薬

33 ランジオロール

34 ベラパミル

35 プロプラノロール

36 ピルシカイニド

37 アトロピン

38 アミオダロン

〈8〉 血栓溶解薬

39 アルテプラーゼ82

40 ウロキナーゼ

〈9〉 糖尿病治療薬

41 インスリン

〈10〉 利尿薬

42 フロセミド

43 グリセリン

44 D-マンニトール

〈11〉 抗ウイルス薬

45 アシクロビル

46 オセルタミビル

〈12〉 抗てんかん薬

47 フェニトイン/ホスフェニトイン

48 バルプロ酸

49 カルバマゼピン

50 レベチラセタム

51 ラコサミド

〈13〉 抗菌薬

52 メトロニダゾール

〈14〉 軟膏・クリーム

53 白色ワセリン

54 スルファジアジン銀

55 ゲンタマイシン

〈15〉 消化管蠕動薬

56 大建中湯

57 メトクロプラミド

58 エリスロマイシン

〈16〉 電解質補正時に使用する薬剤

59 塩化カリウム

〈17〉 カルシウム製剤

60 グルコン酸カルシウム

〈18〉 外傷で使用する薬剤

61 沈降破傷風トキソイド

62 トラネキサム酸

〈19〉 血液製剤

63 人ハプトグロビン

64 人血清アルブミン

65 抗破傷風人免疫グロブリン

66 乾燥人フィブリノゲン

〈20〉 拮抗薬

67 ナロキソン

68 スガマデクス

69 プロタミン

70 乾燥濃縮人プロトロンビン複合体

71 フルマゼニル

〈21〉 ステロイド

72 ヒドロコルチゾン

73 デキサメタゾン

74 メチルプレドニゾロン

75 ブデソニド

〈22〉 ホルモン製剤

76 デスモプレシン156 77 バソプレシン

〈23〉 プロトンポンプ阻害薬

78 オメプラゾール

〈24〉 β2 刺激薬

79 サルブタモール

〈25〉 中枢性筋弛緩薬

80 ダントロレン164

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.5MB以上(インストール時:22.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.5MB以上(インストール時:22.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません