• M2PLUS
  • MRI応用自在 第4版
  • ISBN : 9784758321020
  • ページ数 : 532頁
  • 書籍発行日 : 2021年3月
  • 電子版発売日 : 2021年3月17日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥8,690 (税込)
ポイント : 158 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

基礎から最新応用までを広く深く学べる最強の1冊が待望のアップデート!

「MRIを実践するパワー・ユーザーと,医療画像機器メーカーに勤める専門家に,いかに理解しやすく説明するか」をコンセプトに,基礎から最新までのMRI技術を解説。
改訂にあたっては,近年大きく進歩した「高速撮像技術」「アーチファクト抑制技術」「拡散強調像」等の項目を充実させ,また各メーカーが開発した新しい技術についても解説。さらに臨床応用編では脳神経,乳腺,肝臓などの部位ごとに,技術の進歩を踏まえた有用な撮像方法についての記載に改めている。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

第4版 序文

「MRI 応用自在」の初版は2001年に出版されました。本年は2021年ですので,20 年の時を経て,第4 版が出版されることになります。初版をさらに10年遡る1991年はMRI の黎明期で,私はMRI を自分で操作し,徹夜でファントムを撮像してシークエンスを改良し,翌日すぐに臨床に反映するということを繰り返していました。まさに本書出版の目的とするところを実践し続ける毎日でありました。

30 年余りのMRI の臨床応用の歴史の中で,10 年ほど前からMRI が難しく,とっつきにくくなりました。「少し勉強すれば自分で手作りできる時代」からだんだんと変質して,ブラックボックス化が進んだのです。この結果,企業からいただいたものを少し変えて撮像するという臨床への応用形態が主体となり,一日に撮像する検査数を増やすこと,また研究を続けるために新シークエンスを獲得することなどが,より重んじられる現況もあります。

しかし私達にはすべからく,常に患者さんのために手足を動かすべきという自負があり,弛まず工夫を続けています。ディスプレイ越しには見えない患者さんとそのご家族の悲しみは,熱中すると忘れてしまいがちです。しかし「この患者さんが自分の家族だったら」とすぐ我に返り,居住まいを正して仕事に向かう気持にはまったく変わりがありません。ともすれば機械が自動的に与えたWindowを,盲目的にワンクリック送信しがちな昨今にあっても,根源的な目的と熱意は,少なくとも一部の人においては変わらず維持されていると思います。

本書は,より難解になったMRI を包括的に解説し,みなさんの熱意が患者さんに届けられるお手伝いをしたいと思います。ISMRM の座談会で司会をしてくださる堀 正明教授,本杉宇太郎先生,また高橋光幸技師長に編集に参加していただき,新しい項目を入れていただきました。編集協力として,北川 久さん,堀江朋彦科長にご協力いただき,第一線で活躍する合計116名の執筆者にお書きいただきました。

本書では2点,新しくなった点があります。

モダリティーメーカー表記:【C】キヤノン,【G】 GE,【H】日立製作所,【P】Philips,【S】 Siemens と,各社のアルファベット頭文字の表記として,よりコンパクトに見やすくいたしました。用語(略号)の説明:用語集を廃し,より簡便にアクセスできるように,欄外注として見やすくいたしました。

完成まで粘り強く編集者・執筆者と連絡をとってくださったメジカルビュー社の苅谷竜太郎様,高橋 萌様には心より御礼を申し上げます。

本書がみなさまのお役に立てますことを心より願っております。


2021年2月

高原太郎

■ 目次

技術的事項

Ⅰ k-space/sequence parameterの意味

 1 k-space   町田好男

 2 シーケンスチャート(pulse sequence timing diagram)   松田 豪

 3 拡張位相グラフ法(EPG)   巨瀬勝美

 4(受信)バンド幅   加藤広士

 5 造影灌流像   井田正博

 6 Perfusionに関連するパラメーター   工藤與亮

 7 Diffusionに関連するパラメーター   大野直樹

 8 MRS   磯辺智範

Ⅱ 高速化技術

 1 PI   竹島秀則

 2 圧縮センシング(compressed sensing)の概念   篠原広行

 3 Compressed SENSEの臨床   野田誠一郎

 4 HyperSense   竹井直行

 5 深層学習の医学への応用   平原大助

 6 Deep Learning Reconstruction   原岡健太郎

 7 画質評価法(SSIMなど)   鈴木雄一

Ⅲ 脂肪抑制関連技術

 1 ProSet   田渕 隆

 2 SSRF 五十嵐太郎

 3 IDEAL・IDEAL-IQ   貝原 雄

 4 FLEX・mDIXON   吉満研吾

 5 SSGR   高原太郎

 6 SPAIR   北 美保

Ⅳ 高速SE法 T2強調像関連

 1 Radial scan法(PROPELLER・BLADE・MultiVane・JET・RADAR)   五月女康作

 2 3D VRFA-TSE( 1)概念と理論   米山正己

 3 3D VRFA-TSE( 2)臨床応用   北川 久

Ⅴ 高速GRE法関連

 1 Balanced SSFP   米山正己

 2 LAVA・VIBE・eTHRIVE・Quick 3Ds・TIGRE   秦 博文

 3 MPRAGE・IR-SPGR   北川 久

 4 MP2RAGE   洞田貫啓一

 5 DISCO   五十嵐太郎

 6 GRASP(stack-of-stars)   藤本晃司

Ⅵ T2*強調像とその周辺技術

 1 SWI   宇根田宏徳

 2 位相差強調画像化法(PADRE)   米田哲也

 3 MERGE   堀 大樹

 4 COSMIC   井下裕行

 5 SWAN   井下裕行

 6 定量的磁化率マッピング   工藤與亮

Ⅶ 拡散強調像

 1 ADCとSNRの関係   尾﨑正則

 2 Monoexponentialとbiexponential   田村隆行

 3 Gradient overplus   福間由紀子

 4 Tetrahedral encoding   若山哲也

 5 Computed DWI   高原太郎

 6 ADC histogram analysis   高原太郎

 7 Dual SE DWI・Twice refocus SE DWI   北川 久

 8 RESOLVE   天野 淳

 9 Low b imagingの特徴   中 孝文

 10 MSDE   丹治 一

 11 IVIM   本杉宇太郎

 12 q-space   鈴木雄一,畑 純一

 13 DKI   横沢 俊

 14 OGSE   井村千明

 15 FOCUS   堀 大樹

 16 STIRの特徴   北 美保

 17 躯幹部の広範囲拡散強調像 (DWIBS)   高原太郎,今井 裕

 18 Direct coronal diffusion   梶原 直,高原太郎

 19 MUSE   若山哲也

Ⅷ アーチファクト抑制技術

 1 Navigator echo   田渕 隆

 2 PACE   高橋順士

 3 3D-PROMO   内田幸司

 4 装置側カメラによる体動補正(Kinetic sensor)   井村千明

 5 メタルアーチファクト低減技術   宇根田宏徳

 6 感度補正技術   内田幸司

Ⅸ そのほかの計測・撮影技術

 1 Synthetic MRI   萩原彰文

 2 MR fingerprinting(1)基礎   寺田康彦

 3 MR fingerprinting(2)臨床   田岡俊昭

 4 T1ρ   青山信和

 5 T1 mapping   寺田康彦

 6 UTE   奥秋知幸

 7 MR microscopy   巨瀬勝美

 8 局所励起技術 (ZOOMit)   宇根田宏徳

 9 LOLO(Zoom image)   小原 真

 10 VBM 後藤政実

 11 SPM12とDARTEL解析   後藤政実

 12 VSRAD   後藤政実

 13 MRE   沼野智一

Ⅹ ハード・安全など

 1 MRIの安全管理(1)MRIの医療事故の現況   圡井 司

 2 MRIの安全管理(2)MRIの医療事故の詳細例と事故から学ぶ対策   土橋俊男

 3 化粧の対応   星 由紀子

 4 貼付剤の対応   吉田 礼

 5 震災後のMRI対応   引地健生

 6 条件付きMRI対応デバイス   矢部邦宏

 7 MRI用マーカー   石森文朗

 8 Air coil   貝原 雄

 9 ヘリウムフリーマグネット   諏訪 亨

 10 Cinematic rendering・Cinematic VRT   井村千明

 11 PET/MRI   久保 均

 12 MRIガイド下前立腺生検   片平和博

 13 MRIガイド下乳房生検   戸﨑光宏

 14 乳房MRI超音波フュージョンガイド下生検   植松孝悦

 15 CWI   片平和博

 16 DWIBS/CT fusion   境野晋二朗

 17 MR用インジェクター   傳法昌幸

 18 Gd造影剤の安全性   神田知紀

臨床応用

Ⅰ Hydrography

 1 概論   高原太郎,原留弘樹

 2 SSFSEと容積   小林邦典

 3 MRCP ピットフォール   入江裕之

 4 MRU   小澤由莉子

 5 MR cisternography・MR myelography   長縄慎二

 6 MR amniofetography   原田明典,扇 和之

Ⅱ 脳神経

 1 拡散像 急性期脳梗塞   井田正博

 2 拡散テンソル(1)   森 進

 3 拡散テンソル(2)その他の発展内容   酒井晃二

 4 AiCEの脳への応用   北島美香

 5 functional MRI   山田 惠

 6 MRDSA   土屋一洋,片瀬七朗

 7 4D MRA   土屋一洋

 8 CEST・APT   栂尾 理

 9 MSDEによる脳転移診断   菊地一史,米山正己,吉浦 敬

 10 MR neurography   高原太郎

 11 Glymphatic system   田岡俊昭

 12 Dp-MRN・SHINKEI・3D NerveVIEW   米山正己

 13 DKIおよびQSIを用いた脊髄神経の描出(脊髄,脊椎の定量的撮像と解析)   堀 正明

 14 Silent MRA(0 TE MRA)   高野 直

 15 ニューロメラニンMRI   鎌形康司

Ⅲ 乳腺

 1 MR mammography   印牧義英

 2 超早期相診断   森 菜緒子

 3 ADC以外のパラメーターの有用性(S-index)   後藤眞理子

 4 乳癌のIVIM / 非ガウス拡散イメージング・至適b値   飯間麻美,片岡正子

 5 非造影MRIによる乳癌検診   高原太郎

 6 Abbreviated breast MRI   町田洋一

 7 乳腺MRIガイド下生検(biopsy)   嶋本 裕

Ⅳ 肝臓

 1 EOB-DTPA   五島 聡

 2 脂肪・鉄定量   増井孝之

 3 肝臓臨床のMR elastography   舟山 慧

 4 多時相動脈相撮像   市川新太郎

Ⅴ 血管イメージング

 1 4D-Flow(三次元cine位相コントラスト法)   竹原康雄,寺田理希

 2 FBI・TRANCE・Native・Inhance delta   松島孝昌

 3 ASL   中村理宣

 4 PASLの臨床応用   藤間憲幸

 5 pCASLの臨床応用   藤原康博

 6 CINEMA(1)技術解説   中村理宣

 7 CINEMA(2)臨床応用   井料保彦,平井俊範

 8 Time-SLIP法   山本晃義

 9 Vessel wall imaging(plaque imaging)   中 孝文

 10 QISS法の特徴   齋藤 亮

 11 MR venography-2D TOF 呼吸補正併用   秦 博文

Ⅵ その他の臓器

 1 肺におけるMRIの意義   大野良治

 2 肺癌の描出   大野良治

 3 前立腺癌のMRI診断   片平和博

 4 DWIBSを用いた骨転移診断   吉田宗一郎

 5 女性骨盤のMRI検査   高津安男

 6 急性期小腸閉塞   高原太郎,福島 徹

 7 小腸 その他   高原太郎

 8 心臓検査におけるMRIの意義   横山健一

 9 心筋虚血と梗塞の診断   奥田茂男

 10 臓器撮像におけるT1 mappingー心筋T1 mapping系撮像を中心にー   片平和博

 11 小児・胎児検査の勘どころ   丹羽 徹

 12 検像技術   高津安男

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:44.7MB以上(インストール時:99.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:44.7MB以上(インストール時:99.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません