• M2PLUS
  • Medical Practice 2015年 1月号(32巻1号)最新の糖尿病の実地日常診療~第一線の実地医科が実践すべき最新の診療の実際

Medical Practice 2015年 1月号(32巻1号)最新の糖尿病の実地日常診療~第一線の実地医科が実践すべき最新の診療の実際

  • ISBN : 9784011303201
  • ページ数 : 182頁
  • 書籍発行日 : 2015年1月
  • 電子版発売日 : 2021年6月9日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,750 (税込)
ポイント : 50 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集テーマは,「最新の糖尿病の実地日常診療~第一線の実地医科が実践すべき最新の診療の実際」.記事として,[座談会]実地医科はどのように糖尿病治療を進めていくか,[この症例から何を学ぶか]2型糖尿病治療中に診断に苦慮した自己免疫性膵炎を合併した1例,[One Point Advice],[今月の話題]腎除神経術の行方,[知っておきたいこと ア・ラ・カルト]特発性大腿骨頭壊死症,[今月の疾患]大動脈解離,他を掲載.

■ 序文

今月のテーマ 最新の糖尿病の実地日常診療

第一線の実地医家が実践すべき最新の診療の実際

「わが国では,糖尿病患者数が増加し続けており」,というフレーズは糖尿病を語るさいの枕言葉のようであったが,平成24 年度の国民健康栄養調査においては,糖尿病の可能性を否定できない人の数は減少に転じた.これは,平成20 年度に始まった生活習慣病予防のための特定健診が功を奏したためと考えられる.現状を認識し,対策を講じることの重要性を示唆している.

同調査による糖尿病が強く疑われる人の数は950 万人に達している.診療の現場には多くの糖尿病患者がいる.糖尿病合併症を予防することが,糖尿病治療の中長期的目標である.合併症予防における血糖コントロールの意義に関して,UKPDS, ACCORD, ADVANCEなど,様々な介入研究が行われたが,これらの結果を総合的に解釈すると,糖尿病の早期から,低血糖なく,体重増加なく,血糖値をコントロールすることが合併症予防に有用であると考えられる.インクレチン関連製剤の登場により,よりこの目標を達成しやすくなってきた.昨年,日本においても使用可能となったSGLT2 阻害剤も,適応例をきっちり選択すれば,おそらくこの目標の達成に大きく貢献すると期待している.

一方で,診療現場には,依然,血糖コントロール目標に到達しない患者も多い.実臨床においては,患者の糖尿病のステージも,病態も,社会的背景も様々である.さらに,糖尿病に対する意識が患者ごとに異なるため,基本となる食事療法,運動療法の取り組みかたも様々である.そこで,重要になるのは,患者ごと,個別に目標を設定して,それぞれの患者別に取り組みやすい方法を提示して血糖をコントロールしていくことであろう.また,治療は長期に及ぶため,患者のQOL を維持するということも非常に重要な治療目標となる.本誌を通じて,糖尿病の最新の知識を身につけ,患者個別治療に活用いただければ,幸いである.


綿田裕孝
順天堂大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学

■ 目次

【特集】

扉/綿田裕孝

[総説:第一線の実地医家による日常診療の基本]

糖尿病の診断のプロセス
─成因分類と病期・重症度の診断のすすめかた─/櫻田 郁ほか

血糖コントロール─エビデンスとすすめかた─/原島伸一ほか

2型糖尿病の治療戦略
─病期・合併症・重症度に基づいた治療の
すすめかた─/高本偉碩ほか

[座談会]

実地医家はどのように糖尿病治療を進めていくか


出席者/和田 攻・綿田裕孝・馬屋原豊・金藤秀明

[セミナー:第一線の実地医家による具体的な日常診療のポイントと実際]

初診患者の診断と検査のすすめかた/金藤秀明

糖尿病患者のQOL向上を目指した有効な
教育のありかた/石井 均

糖尿病神経障害の診断と治療の実際/馬場正之

糖尿病網膜症の診断と治療の実際/ 木村和博ほか

糖尿病腎症の診断と治療の実際/羽田勝計

糖尿病足病変の診断と治療の実際─内科医師に
求められる創傷ケアチームでの役割─/日吉 徹

糖尿病患者の脂質管理と動脈硬化の評価の実際/林 俊行ほか

糖尿病患者フォロー中,予期しないコントロール悪化を
認めたときの対策の実際/下直樹ほか

糖尿病患者の手術における血糖管理のありかた/松田昌文

1型糖尿病の診断と治療のポイントと実際/及川洋一ほか

[トピックス:第一線の実地医家が知っておくべき糖尿病に関する最新の治療の進歩]

SGLT2(ナトリウム─グルコース共輸送体)阻害薬の効果と,
使用にあたり気をつけるべき点/竹田孔明ほか

最新の肥満症治療/関 洋介ほか

CSII(持続皮下インスリン注入療法)の進歩/松久宗英ほか

[治療:第一線の実地医家による有効な最新の実践的治療の実際]

個々の症例にあった食事療法のありかたと実際/石澤 将ほか

運動療法の効果と実践的運動療法のありかたと実際/古川和郎ほか

経口糖尿病薬を用いた糖尿病治療の実際
─薬の選択と使いかた─/太田明雄ほか

DPP-4阻害薬とGLP-1受容体作動薬の使いかたとその実際/福岡勇樹ほか

インスリンを用いた糖尿病治療の実際
─特に重症度に応じたインスリンの使いかた─/正井なつ実ほか

糖尿病患者における降圧治療のエビデンスと実践的治療法/荒木信一ほか

[この症例から何を学ぶか]

2型糖尿病治療中に診断に苦慮した
自己免疫性膵炎を合併した1例/奈良橋俊子ほか

[Self-assessment test]

【連載】

〈今月の疾患〉

大動脈解離/福田尚司

〈One Point Advice〉

旅行者下痢症について/田中章仁

ホルモンは基準値内で
あれば正常?/猪阪善隆

素晴らしき哉,頸静脈怒張!/猪又孝元

日常診療に必要な検査の読みかた


鉄則8:C型肝炎ウイルス陰性化例でも
肝硬変例では引き続き注意深いフォロー
が必要である/荒瀬康司

アメリカンフットボールと
高血圧/森田啓行

再生医療の普及に向けて/清水達也

禁煙指導のTips(コツ)/川根博司

何でも初診外来を受診する
若年者の胸痛/杉本俊郎

〈今月の話題〉

腎除神経術の行方/木村玄次郎

〈知っておきたいこと ア・ラ・カルト〉

特発性大腿骨頭壊死症/齊藤貴志ほか

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:19.7MB以上(インストール時:45.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:19.7MB以上(インストール時:45.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません