• m3.com 電子書籍
  • 麻酔科プラクティス 5 麻酔科必携 周術期のリスク管理~安全対策・感染予防・合併症管理

麻酔科プラクティス 5 麻酔科必携 周術期のリスク管理~安全対策・感染予防・合併症管理

  • ページ数 : 276頁
  • 書籍発行日 : 2021年6月
  • 電子版発売日 : 2021年6月30日
¥13,200(税込)
ポイント : 240 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

麻酔・周術期管理の様々なリスクに一冊で対処できる!手術室や周術期外来でこの一冊が即戦力となる!現場を熟知し,実践してきたエキスパートが最新情報を解説!!

近年,医療機器・モニタリング・薬剤の開発や種々のガイドラインの導入で,麻酔・周術期管理の質は向上したが,多職種協働のノンテクニカルスキルによる有害事象も増加している.専門医認定・更新では,安全,感染および倫理の研修が必須で,求められる知識と技能は拡大している.本書は,周術期リスク管理の現状に対応し,安全対策・感染予防・合併症管理で実践できる情報を集約した,手術室や周術期外来での即戦力となる一冊.

あわせて読む → 「麻酔科プラクティス」シリーズ

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

「麻酔科必携 周術期のリスク管理─安全対策・感染予防・合併症管理─」序文

今回,新シリーズ「麻酔科プラクティス」の第5巻として「麻酔科必携周術期のリスク管理─安全対策・感染予防・合併症管理─」を企画いたしました.

以前のシリーズ「麻酔科診療プラクティス」において,2002年に「周術期の危機管理」,2004年に「感染予防と安全対策」が刊行され,麻酔・周術期管理における安全性向上に寄与してきました.その後20年近く経過し,麻酔科医を取り巻く状況は大きく変化しました.新たな医療機器,モニタリングおよび薬剤の開発および種々のガイドライン導入により,麻酔・周術期管理の質は格段に向上しました.一方,より高度化,複雑化した医療に,麻酔科医が単独で対応することは難しくなり,看護師,薬剤師,臨床工学技士などとの多職種協働も進んでいます.そのため,技術的な要因だけでなく,コミュニケーションなど非技術的(ノンテクニカルスキル)な要因による有害事象も増加しています.日本専門医機構による専門医認定・更新では,安全,感染および倫理の研修が必須となり,臨床医に求められる知識と技能は専門分野外にも拡大しています.

本書は,前シリーズを合冊・改訂するのではなく,新たな企画に基づき,安全,感染および合併症に関する臨床現場で必要かつ有用な内容をコンパクトにまとめ,さらに最新の知見もできるだけ取り入れるようにいたしました.各項目は,現場を熟知し,実践されているエキスパートの皆様にお願いしております.手術室や周術期外来などで活用いただくことで,即戦力になると確信しております.


2021年5月
和歌山県立医科大学 水本一弘

目次

Ⅰ 周術期の安全対策

1 麻酔前診察と説明・同意取得

[B]周術期口腔ケア

2 常用薬の周術期管理

[T]ペイシェントフローマネジメントと周術期管理チーム

3 抗血栓療法と処置・カテーテル管理

4 薬剤誤投与防止対策(誤接続防止コネクター)

5 手術室と電気設備

[K&P]手術室内の騒音とBGM

6 災害に対する備え1:火災

7 災害に対する備え2:地震

[OPA]KYT(危険予知トレーニング)とKYK(危険予知活動/行動)

8 X線装置の適正使用

9 周術期患者の体温管理

10 チェックリストの活用

[T]TeamSTEPPSⓇ

11 気道確保の方策(導入編)

12 気道管理の方策(抜管編)

13 手術室での心停止とその対応

14 異物体内遺残防止

15 アクシデント発生時の対応

[T]周術期医療チームに必要な心理的安全性

16 臨床工学技士の役割

17 サテライトファーマシー

18 チーム医療とノンテクニカルスキル

[T]レジリエンス・エンジニアリング

Ⅱ 周術期の感染予防

1 消毒と滅菌

2 周術期の抗菌薬使用法

[K&P]術中管理と術後感染

3 針刺し事故の予防

4 カテーテル関連感染の予防

5 飛沫感染・空気感染の予防

6 輸血関連感染症と自己血輸血

7 スタンダードプリコーションとマキシマルプリコーション

Ⅲ 周術期の合併症管理

1 循環器系

 1)心筋虚血・急性冠症候群

 2)アナフィラキシーショック

[B]エピネット

 3)危険な不整脈

2 呼吸器系

 1)肺血栓塞栓症

 2)周術期誤嚥性肺炎

 3)気胸

 4)気管支喘息

[OPA]喉頭痙攣とlaryngospasm notch

3 神経・筋系

 1)神経障害(中枢)

 2)神経障害(末梢)

 3)悪性高熱症

 4)覚醒遅延の鑑別

 5)局所麻酔薬中毒

 6)術後せん妄

 7)術中覚醒

[T]SedasysⓇとロボット麻酔

 8)麻酔と認知機能

 9)周術期の皮膚障害

4 体液・代謝系

 1)危機的出血

 2)PONV

 3)乏尿


索 引


[T]=Topics

[B]=Basic

[K&P]=Knack & Pitfalls

[OPA]=One Point Advice

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:19.6MB以上(インストール時:47.7MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:78.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:19.6MB以上(インストール時:47.7MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:78.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784830628511
  • ページ数:276頁
  • 書籍発行日:2021年6月
  • 電子版発売日:2021年6月30日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。