• M2PLUS
  • 関節外科 2021年10月号 Vol.40 No.10 野球肩診療の最前線

関節外科 2021年10月号 Vol.40 No.10 野球肩診療の最前線

  • ISBN : 9784008204010
  • ページ数 : 137頁
  • 書籍発行日 : 2021年9月
  • 電子版発売日 : 2021年9月15日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,640 (税込)
ポイント : 144 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集:野球肩診療の最前線
投球肩障害 私の考える発症メカニズム-投球障害リスクのペンタゴン
投球動作のメカニクスと投球障害の発症メカニズム
野球肩の手術に役立つバイオメカニクス ほか

関節外科バックナンバー

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

introduction


野球肩は,本特集を企画した私にとって,そして読者の皆さんにとっても,いまだ解決しきれていない難問と思われます。その難問に最前線で挑み続けておられる13名のエキスパートの先生方に執筆をお願いしました。

安達 玄先生,馬見塚尚孝先生は,発症メカニズムについて材料工学的視点から要因を5つに分類して「投球障害リスクのペンタゴン」と名付け,個々の選手に関わる要因のウエイトを考慮して治療にあたる重要性を示していただきました。

瀬戸口芳正先生には,発症のストーリーを理解するうえで考慮すべき要因として関節上腕靱帯と慣性の2 つを挙げて,それらと障害発生の因果関係を検討していただきました。

三幡輝久先生は,豊富な新鮮凍結屍体肩を使ったバイオメカニカルスタディの結果を踏まえて,SLAP 損傷と腱板関節包側不全断裂に対する手術方法の妥当性について解説いただきました。

藤井康成先生には,野球肩を治療・予防するうえで必須である機能的診断の担当をお願いしました。肩痛の要因として肩甲骨機能障害が特に重要で,それに関与する胸郭と骨盤機能評価について概説いただきました。

森原 徹先生は,早期競技復帰の重要性から治療のアルゴリズムを考案し,その過程で用いる診察室でのスクリーニングテストとリハビリテーションでの全身即時調整法をご紹介いただきました。

山門浩太郎先生は,野球肩の主病態がインターナルインピンジメントであると考え,その発生メカニズムについて文献的検討も踏まえて解説いただきました。

田中 稔先生には,肩にとって負担の少ない投球をするために必要な動作や運動機能とそれを習得するための運動療法をお示しいただきました。

小林尚史先生は,投球にとって重要なコア機能と動きのなかでの柔軟性を獲得するためにヨガの手法を診療に取り入れておられ,その概要をお示しいただきました。

石井壮郎先生は,モーション・シンセサイザーの研究を継続され,スマホを使って人工知能による自分の投球フォームの解析結果を閲覧できる段階まで到達されていて,その内容を解説いただきました。

浜田純一郎先生は,野球による肩・肘障害の主因は不良な投球動作にあると考え,投球の3 つの基本動作上の問題点を,スマートフォンで録画した画像を観察して抽出して介入する方法をご紹介いただきました。

後藤英之先生は,投球動作に近似した肢位を含めて超音波で病変部位を評価して病態を把握するともに,パワードプラやエラストグラフィによる評価の意義についても概説いただきました。

山崎哲也先生には,野球肩の鏡視下手術として,主に実施されているtypeⅡ SLAP 損傷と腱板不全断裂に対するデブリドマン・修復術,有痛性Bennett 骨棘に対する骨棘切除,後方関節包拘縮に対する後方関節包解離術の適応と術式を解説いただきました。

高橋憲正先生は,野球肩の手術療法の対象病変として代表的なtypeⅡ SLAP 損傷に対する鏡視下手術の詳細と臨床成績について報告いただきました。

どの論文も明日からの診療にすぐに活用できる情報が満載です。ぜひ隅から隅まで目を通していただき,できるだけ多くのことを吸収していただきたいと思います。


あさひ病院スポーツ医学・関節センター
岩堀裕介

■ 目次

特集:野球肩診療の最前線  企画・編集:岩堀裕介

introduction  岩堀裕介

投球肩障害 私の考える発症メカニズム-投球障害リスクのペンタゴン  安達 玄ほか

投球動作のメカニクスと投球障害の発症メカニズム  瀬戸口芳正

野球肩の手術に役立つバイオメカニクス  三幡輝久

野球肩 機能的診断  藤井康成ほか

野球肩 治療のアルゴリズム  森原 徹ほか

野球肩 投球時の肩痛はどこからくるのか?  山門浩太郎

野球肩 効果的な運動療法  田中 稔ほか

ヨガのコンセプトを導入した野球肩の運動療法-Core Power Yoga CPY®  小林尚史ほか

モーション・シンセサイザーで投球障害を予防する  石井壮郎

野球肩 スマートフォン動画を利用した投球動作の観察と介入  浜田純一郎ほか

野球肩 診療における超音波検査の活用  後藤英之

野球肩に対する手術的治療-私の手術適応と手術のポイント  山崎哲也

野球肩の手術適応と手術のポイント  高橋憲正

原著論文

3Dプリンターを使用したpatient specific surgical guideの開発とデザイン例-寛骨臼回転骨切りガイド編  高田秀夫

人工股関節全置換術(THA)における三次元ポーラス寛骨臼カップの短期成績  富沢一生ほか

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:12.2MB以上(インストール時:27.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:12.2MB以上(インストール時:27.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません