薬剤師国家試験対策:6件

ポイント率が高い順

臨床薬学テキストシリーズ  薬学倫理・医薬品開発・臨床研究・医療統計学
臨床薬学テキストシリーズ  薬学倫理・医薬品開発・臨床研究・医療統計学

¥5,280

(ポイント率 2%)

立ち読み

安全かつ効果的な医薬品を開発し、活用され続けていくためには、どのような倫理原則をふまえ、臨床研究を行い、医療統計学を活用していくべきなのかを解説。また、新薬(後発医薬品を含む)が販売されるまでに必要な手続き、関係する国内外の最新の法律・制度の知識なども盛り込まれている。

臨床薬学テキストシリーズ  薬学と社会─医療経済・多職種連携とチーム医療・地域医療・在宅医療
臨床薬学テキストシリーズ  薬学と社会─医療経済・多職種連携とチーム医療・地域医療・在宅医療

¥5,280

(ポイント率 2%)

立ち読み

「チーム医療」「地域包括ケア」「在宅医療」といった、これからの薬剤師にとって必須とされる知識・技術をわかりやすく解説。現場の第一線で活躍する薬剤師が中心となって執筆し、実践的な内容となっている。用語解説やトピックス、コラムなどもふんだんに盛り込み、読者が理解を深められるようになっている

臨床薬学テキストシリーズ 神経・筋・精神/麻酔・鎮痛
臨床薬学テキストシリーズ 神経・筋・精神/麻酔・鎮痛

¥4,950

(ポイント率 2%)

立ち読み

臨床現場の薬剤師には、薬理学的知識はもちろん、疾患の病態や症候,最新のガイドラインに基づく治療方針に関して幅広い知識が求められる。本書では、神経・筋疾患、精神疾患と麻酔・鎮痛を取り上げ、実地臨床に向けて最新知見を盛り込みわかりやすく解説している。編集から執筆まで,薬学と医学のコラボレーションを実現し...

臨床薬学テキストシリーズ  薬物治療総論/症候・臨床検査/個別化医療
臨床薬学テキストシリーズ  薬物治療総論/症候・臨床検査/個別化医療

¥4,950

(ポイント率 2%)

立ち読み

薬剤師は業務内容拡大に伴い、他の医療職や患者と接する機会も増え、これまで以上にチーム医療の中で薬のスペシャリストとして活躍することが求められている。そこで本書は、薬剤師が医療スタッフの一員として必要となる「薬物治療学」「症候・臨床検査」「個別化医療」の知識・技術を身につけるべく、丁寧かつわかりやすく...

臨床薬学テキストシリーズ バイオ医薬品と再生医療
臨床薬学テキストシリーズ バイオ医薬品と再生医療

¥5,280

(ポイント率 2%)

立ち読み

「バイオ医薬品」の基礎・応用・課題・レギュラトリーサイエンス、iPS細・ES細胞等の応用により開ける「再生医療」について第一線の研究者が解説。最新知識や高度な知識については、サイドノートでの用語解説を充実させており、初学者でも無理なく学習できる良質なテキスト。

薬剤師のためのリスクマネジメント実践マニュアル
薬剤師のためのリスクマネジメント実践マニュアル

¥3,520

(ポイント率 2%)

立ち読み

ハイリスク薬、相互作用、配合変化、手術前患者、妊婦・授乳婦などリスクマネジメントに必須の知識が満載の「薬剤師のためのリスクマネジメント実践マニュアル」の電子書籍版です。