麻酔科学:109件

人気順

最新主要文献とガイドラインでみる 麻酔科学レビュー2020
最新主要文献とガイドラインでみる 麻酔科学レビュー2020

¥13,200

麻酔科学分野のエキスパートによって選別された2018年8月から2019年7月までの1年間に国内外で発表された最新の文献レビューです。 麻酔科専門医だけでなく、専門医を目指す方、内科医、外科医にも有用な情報が掲載されています。 ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧...

麻酔偶発症AtoZ
麻酔偶発症AtoZ

¥17,600

好評の既刊「麻酔科トラブルシューティングA to Z」「まれな疾患の麻酔A to Z」に続くシリーズ第3弾. 本書は,全体を1.全身麻酔 2.区域麻酔 3.手技に起因するもの 4.機器・モニターに関するもの 5.薬剤に関するもの の5章に分け,あらゆる合併症・偶発症を網羅した.合併症が起こったときに...

エビデンスで読み解く小児麻酔
エビデンスで読み解く小児麻酔

¥8,140

基本的な内容はあえて割愛し、成書に書かれていない深い知識、新しい情報を提供! 成書に書かれていない深い知識、新しい情報を提供。小児麻酔を学ぶ若手医師のみならず、普段小児に接することの少ない麻酔科医が突然の麻酔依頼に困った時にも参考になる。

麻酔への知的アプローチ 第10版
麻酔への知的アプローチ 第10版

¥6,820

麻酔科の魅力をあますところなく伝える一冊 1990年の初版以来読み継がれ、第10版出来!実践的であること、安全を最優先したものであること、できるだけevidenceに基づくこと、そして情熱をもって麻酔を考えること─。初版刊行以来、この著者の姿勢にブレはありません。第10版ではあまり使用されなくなった...

実践臨床麻酔マニュアル
実践臨床麻酔マニュアル

¥13,200

年間約10,000症例! 自治医科大学付属病院麻酔科の豊富な経験とノウハウをこの1冊に詰め込みました! 成人から小児まで豊富な症例と実績をもつ自治医科大学麻酔科が育んだスキルとノウハウを凝縮した「臨床麻酔マニュアル」です。臨床に即した実践的な“自治医大流”麻酔テクニックとノウハウを、“教育”テーマに...

新合併症患者の麻酔スタンダード
新合併症患者の麻酔スタンダード

¥9,240

あの大好評書が、より充実して登場! 疾患の概要、治療の概略、麻酔計画(当日麻酔前の注意、麻酔法の選択、術後管理)、緊急手術の場合、等についてまとめた。目次には、疾患名以外のものも挙げられている。

麻酔科で使う薬の疑問58
麻酔科で使う薬の疑問58

¥4,400

研修医,若手麻酔科医が麻酔を学び,用いる上でつきあたる薬の疑問を集めたQ&A形式のガイドブック. 「揮発性吸入麻酔薬はどうして効くか?」「プロポフォールが持続投与で使われる理由は?」といった作用機序にまつわる質問から,「揮発性麻酔薬と静脈麻酔薬はどのように使い分けるか?」「高齢者での薬物使用の注意点...

心臓手術チームのための経食道心エコー
心臓手術チームのための経食道心エコー

¥8,800

術中TEEでココまでわかる!ココが知りたい! TEE施行医と外科医の視点を徹底解説!! 心臓手術中の経食道心エコー(TEE)検査は,血行動態のモニタリングだけではなく,合併症予防や術式決定に大きな役割を果たす.本書は,各診療科の立場から実際の手術の流れに沿って,TEE施行医がTEEで評価すべきポイン...

超音波ガイド下神経ブロック法ポケットマニュアル 改訂第2版
超音波ガイド下神経ブロック法ポケットマニュアル 改訂第2版

¥4,180

2色刷りで見やすくなり、約70頁増! 術後急性期疼痛は術後の遷延性疼痛の重要な因子である。また疼痛は術直後の“興奮”“護妄”因子であり,術後“興奮”“譴妄”は術後認知機能障害と関連している。つまり“術後急性期疼痛を制御しなければ”術後患者の多くはWHOのいう肉体的にも精神的にも,そして社会的にもすべ...

麻酔科グリーンノート
麻酔科グリーンノート

¥4,180

シンプルなのに一網打尽。最小の分量で最大の知識が身に付く決定版! 人気の「 グリーンノート」シリーズに麻酔科編が登場!麻酔科において日本有数の実績と経験を誇り、研修・教育にも力を注いでいる旭川医科大学の医局員とその同門の精鋭がまとめる、研修医向けポケットマニュアル。術前・麻酔・術後に分けて記載するこ...