産婦人科の実際 2022年9月号 71巻9号 特集 多囊胞性卵巣症候群の最新知見̶生涯にわたる健康管理を見据えて̶ 【電子版】

  • ページ数 : 114頁
  • 書籍発行日 : 2022年9月
  • 電子版発売日 : 2022年9月12日
¥3,080(税込)
ポイント : 56 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

特集 多囊胞性卵巣症候群の最新知見―生涯にわたる健康管理を見据えて―
 1 .多囊胞性卵巣症候群の病因・病態
 2 .多囊胞性卵巣症候群の診断と課題
 3 .多囊胞性卵巣症候群と女性ヘルスケア
ほか

≫ 「産婦人科の実際」最新号・バックナンバーはこちら
産婦人科の実際(2022年度年間購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

企画者のことば

多囊胞性卵巣症候群(polycystic ovarian syndrome;PCOS)は排卵障害を主徴とし,アンドロゲン過剰症状など特有の臨床症状,卵巣の形態変化,および多彩な内分泌学的異常を伴う症候群である。PCOS の病因・病態はいまだ不明な点が多いが,内分泌学的,遺伝学的観点から精力的に研究が進められている。また近年では,PCOS のモデル動物を用いた研究が盛んに行われており,様々な組織を対象とした検討から,より詳細な発症機序が解明されつつある。

PCOS では月経異常や不妊症をきたしやすいが,これらに対する新たな対処法が複数提唱されており,有効性や安全性に関するエビデンスも蓄積されている。また,PCOS では周産期合併症や栄養代謝疾患,および精神疾患の発症リスクが高いことが知られており,生涯にわたる管理の重要性が指摘されている。

PCOS を適切に管理するためには病態に即した正確な診断が求められるが,ホルモン測定系の変更や診断機器の進歩,AMH 測定の広がりなどに伴い,現行の診断基準に課題が生じている。また,海外で広く用いられている診断基準との整合性を求める声もあがっている。

本特集では「多囊胞性卵巣症候群の最新知見―生涯にわたる健康管理を見据えて―」と題して,第一線で活躍されている方々にPCOS に関する最新の情報について解説していただいた。PCOS は日常診療において遭遇する頻度の高い疾患であり,正確な診断とライフステージに応じた長期的管理が必要となる。本企画がPCOS の診療にあたる皆様の一助となれば幸いである。


岩佐 武

目次

特集 多囊胞性卵巣症候群の最新知見―生涯にわたる健康管理を見据えて―

1 .多囊胞性卵巣症候群の病因・病態 松崎利也ほか

2 .多囊胞性卵巣症候群の診断と課題 鎌田周平ほか

3 .多囊胞性卵巣症候群と女性ヘルスケア 長谷川祐子ほか

4 .多囊胞性卵巣症候群に対する排卵誘発法 金崎春彦

5 .多囊胞性卵巣症候群に対する外科的治療 福井淳史ほか

6 .多囊胞性卵巣症候群に対する生殖補助医療

 1)卵巣刺激法と卵子の質について 勝又翔子ほか

 2)OHSS の予防と管理について 伊藤 歩ほか

7 .多囊胞性卵巣症候群と周産期合併症 原田美由紀

8 .多囊胞性卵巣症候群と若年者の月経異常 髙橋俊文ほか

9 .多囊胞性卵巣症候群とアンドロゲン過剰症 沖 利通

10 .多囊胞性卵巣症候群の動物モデル研究 大須賀智子ほか

11 .多囊胞性卵巣症候群の遺伝学的要因 齊藤和毅

シリーズで学ぶ最新知識

産婦人科領域の周術期管理

第6回 術後せん妄対策 高岡洋平ほか

原著

卵胞期採卵3 個以下の症例に対する Double stimulation in the same ovarian cycle(DuoStim)の成績 岩城久留美ほか

診療

超高齢者の周術期管理 清水綾乃ほか

症例

傍大動脈リンパ節郭清後 7 日目に発症した十二指腸狭窄の1 例 片山佳代

手動真空吸引法を使用し完全手術・管理しえた胞状奇胎の2 例 三沢昭彦ほか

海外文献から 京都大学医学部附属病院産科婦人科

医学的適応で卵子,胚,卵巣組織を凍結した患者における妊孕性温存の成績の比較

ヒト「ブラストイド」はヒト胚盤胞の形成や着床研究のよいモデルとなる

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.8MB以上(インストール時:23.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:39.1MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.8MB以上(インストール時:23.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:39.1MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784003107109
  • ページ数:114頁
  • 書籍発行日:2022年9月
  • 電子版発売日:2022年9月12日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。