小児画像診断<小児科臨床ピクシス>

  • ページ数 : 304頁
  • 書籍発行日 : 2012年4月
  • 電子版発売日 : 2021年12月10日
¥10,450(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 190pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

画像診断の対象として難しい(体が小さく,体動も呼吸も静止できない)小児の特徴を理解し,少ない被ばく量で良質な画像を得るための最適なモダリティの選択(超音波・X線・CT・MRI・シンチグラフィ)と工夫を1冊にまとめた.

あわせて読む → 「小児科臨床ピクシス」シリーズ

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

ここに小児科臨床ピクシスシリーズの一巻として『小児画像診断』をお届けする.

インターネットの発達により,かつては想像できなかったほど迅速かつ容易に,最新・広範囲・大量の医学情報を入手することが可能となった.具体的に解決を迫られる医学的な問題に立ち向かうときに,判断の材料たる実証的なデータを収集していく手段はインターネットによる文献検索で行われていくことが確立している.本書は,そのような個々の案件に取り組み,小児画像診断の現場に立つにあたって,その前提となる必要な道具一揃えを提供することを意図している.このハンディな分量の中で,現にわが国の小児医療の現場で頻用され,また適用すべき画像診断の知識の大部分に触れることができる.一冊で全身・全疾患を網羅すべしという編集方針のもと,他のピクシスシリーズと異なり一編の分量がやや長めとなっている.体裁の変化に戸惑われるかもしれないが,どうかご容赦いただきたい.一編は15 分から30 分で読み切れる扱いやすいサイズになっている.数時間の時間を確保して,ぜひ全編を通読されることをお奨めしたい.また画像診断の教科書は,掲載されている画像に大きな価値がある.写真と脚注を通覧していけば,より短時間で,執筆者が伝えようとした情報を印象的な形で得ることができると思う.

本書では,執筆陣の先生方に,臨床から得た経験的な知の記載について重視していただくようお願い申し上げた.経験的な知とは,how to 的な記載,つまりこの道をこう行くように,との案内だけではなく,ふと気がつくと途が途絶えていた,さてどの方向に行くべきなのかというときに,感覚的に踏み出す方向を指し示すような形態の知である.それが記載の主体となるような類の知識ではないが,経験豊富な執筆陣がところどころに据えた経験知を,いつか役立つ日のために,ぜひ目におとめになって拾い集めておいていただきたい.

画像診断はそれを専業とする放射線科医がいるのだから,小児科医は要望だけ出し,適応,検査の企画,実施,解釈,判断については放射線科医が行うような体制が快適かつ望ましいものであろう.放射線科医のリソース不足から,小児医療については多くの施設でそのような体制は確立しておらず,小児科医の先生方には放射線科への物足りなさを抱かれているのではないか.放射線科医は小児の経験が乏しくとも,所見を拾い上げる能力は非常に高い.彼らに不足があるとすれば,それは本書にまさに記載されているような知識群である.ここに記載されているような所見があるかどうか,要素に還元して尋ねれば,放射線科はまず正解を出すことができる.放射線科の力を小児医療により有効に使っていただくためにも本書がより活用されることを願っている.


2012年3月

埼玉県立小児医療センター放射線科部長
小熊 栄二

目次

1章 総論:質の高い画像検査の提供

小児の画像診断の特徴—意識しておくべきこと

小児科医が知っておくべき放射線被ばく

胸部・腹部単純X線写真の成り立ちと系統的読影手順

頭部CT・MRIの適応と系統的読影手順

胸腹部CTの適応と系統的読影手順

腹部超音波の系統的実施手順

2章 中枢神経

中枢神経系の形成異常

脳炎・脳症・頭蓋内感染症の画像診断

脳腫瘍の画像診断

新生児・周産期中枢神経障害

小児科医が知っておくべき頭部外傷,頭蓋内圧亢進,水頭症の画像診断

3章 頸部疾患

上部気道の閉塞性疾患

小児の頸部疾患の画像診断

甲状腺疾患

4章 呼吸器疾患

肺炎の画像診断

気管支喘息,air leak,気道異物の画像診断

気管・気管支の異常,肺.胞性疾患

5章 心大血管疾患

心大血管のCT—適応と撮影法

心大血管のMRI—適応と撮影法

6章 腹部疾患

腹痛を主訴とする小児疾患

腸重積症

腹部腫瘤

肝・胆・膵疾患

7章 腎・泌尿器疾患

先天性腎尿路異常

尿路感染症の画像診断

生殖器

8章 整形外科的疾患

小児科医が知っておくべき整形外科的疾患

骨・軟部腫瘍の画像診断

骨系統疾患の画像診断

9章 新生児

新生児の呼吸器疾患

新生児の腹部疾患

10章 胎児MRI

中枢神経系の胎児MRI

胸腹部の胎児MRI

11章 小児の核医学検査

小児の核医学検査

12章 虐待の画像診断

虐待の画像診断

索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:23.6MB以上(インストール時:54.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:94.3MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:23.6MB以上(インストール時:54.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:94.3MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784521733173
  • ページ数:304頁
  • 書籍発行日:2012年4月
  • 電子版発売日:2021年12月10日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。