産婦人科の実際 2023年10月号 72巻10号 特集 エストロゲン依存性疾患の診療ストラテジー 【電子版】

  • ページ数 : 108頁
  • 書籍発行日 : 2023年10月
  • 電子版発売日 : 2023年10月20日
¥3,190(税込)
ポイント : 58 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

臨床に役立つ知識や技術をわかりやすく丁寧に紹介する産婦人科医のための専門誌です。面白くてためになる,産婦人科の“実際”をお届けします。今回の特集テーマは,女性の人生に大きな影響を及ぼしうる「エストロゲン依存性疾患」。晩産化や,現代女性のライフスタイルの変化により,疾患に対する管理や治療法も多様化しています。本特集では,より複雑化する対応法をわかりやすく整理しました。

序文

企画者のことば


少子晩婚化に伴い,生涯に経験する月経回数が増加し,エストロゲン依存性疾患である子宮内膜症・子宮筋腫・子宮腺筋症,子宮体がん,乳がんの罹患率増加と管理の重要性がクローズアップされています。これらの疾患は,リプロダクションと社会生活の両面において女性の人生に大きな影響を及ぼし,さらには治療が多様化したことにより,対応が複雑になっています。特に,2022年より保険適用となった生殖補助医療により,これらの疾患を合併しながら,または治療後に妊娠する女性が急増していることからも,妊孕能温存を考慮した管理ならびに周産期合併症発生率の低下が喫緊の課題となっています。また,ホルモン療法の効果は永続的でないことから,治療終了後の再発・再燃が臨床上問題となることも多く,長期のエストロゲン低下に起因する骨粗鬆症や虚血性心疾患への影響も指摘されています。現在,様々な国内外の診療ガイドラインや取扱い規約を手にすることができるものの,思春期月経困難症への早期介入の問題は未解決であり,ホルモン製剤の応用による,あるいは新しい手術器機を用いた保存的治療法は多岐にわたり,悪性疾患に関しては,子宮体がんにおける妊孕性温存ホルモン療法,がんサバイバーへのホルモン補充療法,妊娠関連乳がんの管理などの治療法も改良がみられることから,いま一度その整理が必要であると考えました。

今回,これらの分野において実臨床の最前線でご活躍中の先生方に,治療の現状と最先端の話題についてご解説をお願いしました。本企画が,読者のみなさまの知的刺激に満ち,今後さらに重要性を増すであろうエストロゲン依存性疾患に悩む女性のQOLと治療レベル向上に役立つことを願っております。


谷口文紀
鳥取大学医学部産科婦人科学分野(教授)

目次

特集 エストロゲン依存性疾患の診療ストラテジー

企画:谷口文紀

1.思春期女性への月経困難症の治療 太田郁子

2.子宮内膜症に対するホルモン療法の現状と未来 泉 玄太郎

3.子宮内膜症に対する妊孕能保存療法としての手術療法の役割 北島道夫

4.子宮筋腫の発生病因とホルモン療法の意義―びまん性平滑筋肉腫症の紹介も含めて― 石川博士

5.子宮筋腫に対する妊孕能温存手術の意義 熊切 順

6.粘膜下子宮筋腫に対する子宮鏡下手術 辻 俊一郎

7.子宮体癌に対する妊孕性温存ホルモン療法 坂井健良ほか

8.婦人科がんサバイバーへのホルモン補充療法 小川真里子ほか

9.妊娠関連乳がんの管理 河村雪乃ほか

シリーズで学ぶ最新知識

思春期女性を癒す漢方

第1回 春の女神症候群 池野一秀

今日の話題

エピジェネティックス関連疾患を高効率にゲノム診断可能なターゲットDNAメチル化シーケンス法の基盤確立 長谷川慶太

原著

子宮頸部異形成治療後の子宮頸部細胞診,Human Papillomavirus(HPV)検査についての検討 莟 綾乃ほか

診療

多囊胞性卵巣症候群の卵巣過剰刺激症候群を予防するためのレトロゾール,カベルゴリン,GnRHアンタゴニストの併用,およびトリガー前の高エストラジオール値正常化のためのレトロゾール投与

栁原康穂ほか

臨床経験

子宮内病変に伴う慢性子宮内膜炎に対する子宮鏡手術の治療効果

黒田恵司

症例

腟前庭部全面を覆う陰唇癒着症に対し再発予防の観点から考察したZ形成術による治療報告 早川史保子ほか

海外文献から

神戸大学大学院医学系研究科産科婦人科学

・良性子宮全摘術時に両側卵巣卵管摘出術を受けた平均的リスクの女性における卵巣癌発生率と死亡率

・正期産のPROMにおける最適な分娩誘発開始のタイミングについての検討:TERMPROM試験の二次解析

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:18.4MB以上(インストール時:40.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:73.8MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:18.4MB以上(インストール時:40.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:73.8MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784003107210
  • ページ数:108頁
  • 書籍発行日:2023年10月
  • 電子版発売日:2023年10月20日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。