臨床放射線 2023年6月号 68巻6号 特集 エキスパートに聞く,最新臨床試験から考える治療戦略 【電子版】

  • ページ数 : 116頁
  • 書籍発行日 : 2023年6月
  • 電子版発売日 : 2023年6月12日
¥2,970(税込)
ポイント : 54 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

今月号の特集は「エキスパートに聞く、最新臨床試験から考える治療戦略」と題し、放射線治療に関する臨床試験の歴史と将来展望に始まり、脳腫瘍、頭頸部がん、食道がん、肺がん、乳がんといった各分野の臨床試験の現状について、エキスパートの先生方に解説していただきました。臨床試験の現状を知り、日々の治療や診断にお役立てください。その他、投稿論文や放射線治療談話会の記録も掲載されております。是非ご一読ください。

≫ 「臨床放射線」最新号・バックナンバーはこちら
臨床放射線(2023年度定期購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

目次

特集 エキスパートに聞く、最新臨床試験から考える治療戦略

放射線治療に関する臨床試験の歩みと将来展望

西村 恭昌

最新臨床試験から考える脳腫瘍の治療戦略

荒川 芳輝

最新臨床試験から考える局所進行頭頸部癌に対する化学放射線療法

清田 尚臣

食道癌に関する臨床試験−JCOG試験を中心に

善浪 佑理

切除可能肺癌領域における治療最適化

青景 圭樹

乳癌に対する最新臨床試験から考えた治療戦略と放射線治療

枝園 忠彦

症例

皮疹に眼症状が先行した眼部帯状疱疹による視神経周囲炎の1例

石井 芳樹

glomangiopericytomaの1例

田嶋 創

頸椎および椎体外に発生した赤芽球性肉腫の1例

森口 直哉

食道破裂に伴うショックに起因する一過性両側副腎腫大をきたした1例

深澤 和憲

外陰部solitary firous tumorの1例

太田 圭祐

化学放射線治療により10年生存が得られた食道癌術後リンパ節再発の4例

赤木 由紀夫

連載

今月の症例

奥田花江

放射線治療談話会記録 第435回定例会 頭頸部領域組織内照射

村上直也

放射線治療談話会記録 第435回定例会 こんなときどうする? 対「完全子宮脱合併子宮頸癌」編

征矢野 崇ほか

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:27.5MB以上(インストール時:58.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:109.9MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:27.5MB以上(インストール時:58.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:109.9MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784003206806
  • ページ数:116頁
  • 書籍発行日:2023年6月
  • 電子版発売日:2023年6月12日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。