小児科 2023年12月臨時増刊号 64巻13号 特集 子どもの検査値の判断に迷ったら 【電子版】

  • ページ数 : 394頁
  • 書籍発行日 : 2023年12月
  • 電子版発売日 : 2024年1月2日
¥8,800(税込)
ポイント : 160 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

複数の既往歴や不定愁訴をもつことが多い成人患者と異なり、子どもは症状がはっきりしていることが多い分、検査結果が予想と異なっていたり、想定に反して検査上の異常が無かったりした場合、どう判断すべきか迷う……そんな場面に役立つ一冊を目指しました。日常診療でおなじみの検査から少々専門的な検査まで、検査結果の解釈に迷いが生じたときにそっと見直していただきたい情報をコンパクトにまとめました。

※p.1384の図は使用許諾の関係で収載していません。

序文

序文

多くの既往歴や不定愁訴をもつことが多い成人と異なり,小児患者は,明かな症状や所見をもつことが多いといえます.われわれ医師はその症状や診察所見に基づいて検査項目を選択するわけですが,得られた検査値について判断に迷うことがしばしばあります.症状や診察所見がはっきりしているだけに,検査数値が予想と異なっていたり,想定に反して検査上の異常がなかった場合にどう判断すべきか迷う……本書は,そのような場面で適切な判断をする道しるべになればと考え,企画いたしました.

本書では日常診療で頻回に検査する尿検査,血液検査,感染症検査をはじめ,便,髄液,血液の専門領域の検査まで幅広く網羅されています.尿検査では潜血反応や蛋白反応の解釈に迷うことはしばしばです.無症状の小児でALP やCK が高値のこともあり,解釈に迷うこともあります.ウイルス感染症を疑うものの,どんな検査をどう進めていくべきか迷うこともあります.そういった,ありふれた検査の「判断に迷ったら」どうするか.また,より専門的な検査において解釈をどうするか,専門的なだけになかなか回答を見つけることが難しい場面に遭遇することもあります.本書にはそのヒントもあるはずです.

本書はまず興味ある項目を拾い読みしていただいたり,その後は,座右に置いていただき折に触れて参考にしていただいたり,いろいろな使い方をしていただけるのではないかと思います.「子どもの検査値の判断に迷ったら」の世界をお楽しみください.


2023年12月

「小児科」編集者一同

目次

子どもの検査値の判断に迷ったら

1 尿一般検査

1 検査の種類と原理・読み取り方とその限界

 島袋 渡

2 尿量、尿pH、尿比重、尿浸透圧、尿潜血、尿蛋白、尿沈渣

 小林 光一

3 蛋白尿/クレアチニン比、β2ミクログロブリン、α1ミクログロブリン、N-アセチル-β-Dグルコサミニダーゼ

 小林 光一

4 尿糖、尿ケトン体、尿ビリルビン、尿ウロビリノーゲン

 松村 和哉

5 尿電解質、尿酸、尿中排泄率、%TRP

 松村 和哉

6 尿亜硝酸塩、白血球反応、尿中細菌

 辻 章志

7 クエン酸、シュウ酸、尿酸、カルシウム、シスチン

 辻 章志

2 便検査

1 病原体検査

 伊藤 夏希

2 便潜血検査

 柏木 項介

3 消化吸収検査

 増本 佳奈

3 髄液一般検査/胸水・腹水検査

1 検査の種類と原理・読み取り方とその限界

 藤井 克則

2 髄液の細胞数、細胞の種類

 福與 なおみ

3 髄液の蛋白、糖、クロール

 福與 なおみ

4 髄液の免疫グロブリン、オリゴクローナルバンド、ミエリン塩基性蛋白

 山田 隆太郎

5 髄液微生物検査

 大石 智洋

6 胸水・腹水

 春日 悠岐

4 血液一般検査

1 検査の種類と原理・読み取り方とその限界

 河崎 裕英

2 赤血球検査

 荻原 建一

3 白血球検査

 荻原 建一

4 血小板検査

 東川 正宗

5 骨髄検査

 成田 敦

5 血液凝固・線溶系検査

1 検査の種類と原理・読み取り方とその限界

 江上 直樹

2 血液凝固検査

 岡本 奈美

3 線溶系検査

 石原 卓

4 循環抗凝血素

 井口 晶裕

6 血液生化学検査

1 検査の種類と原理・読み取り方とその限界

 山田 佳之

2 蛋白、膠質反応および関連物質

 石毛 美夏

3 糖質および関連物質

 鈴木 潤一

4 脂質および関連物質

 山本 幸代

5 電解質・微量元素

 児玉 浩子

6 酵素および関連物質

 鈴木 孝二

7 有機酸およびビタミン

 重松 陽介

8 血液ガス

 細野 茂春

7 内分泌・代謝検査

1 検査の種類と原理・読み取り方とその限界

 長谷川 行洋

2 下垂体機能検査

 伊達木 澄人

3 甲状腺・副甲状腺機能検査

 長崎 啓祐

4 副腎皮質機能検査

 佐々木 悟郎

5 副腎髄質機能検査

 佐々木 悟郎

6 性腺機能検査

 糸永 知代

7 膵機能検査

 菊池 透

8 ナトリウム利尿ペプチド

 小垣 滋豊

8 感染症検査

1 検査の種類と原理・読み取り方とその限界

 田中 敏博

2 細菌・真菌感染症

 堀越 裕歩

3 ウイルス感染症

 佐藤 晶論

4 リケッチア・クラミジア感染症

 山崎 勉

9 免疫・アレルギー検査

1 検査の種類と原理・読み取り方とその限界

 吉原 重美

2 急性期反応物質(APR)

 楠原 浩一

3 免疫グロブリン

 高里 良宏

4 好塩基球活性化試験

 松井 照明

5 サイトカイン

 三輪 友紀

6 血清補体価(CH50)、補体コンポーネント(C3、C4)

 久米 庸平

7 補体制御異常の検査

 川崎 幸彦

8 細胞表面マーカー

 多田 歩末

9 細胞性免疫能検査

 多田 歩末

10 自己抗体検査

1 検査の種類と原理・読み取り方とその限界

 伊藤 保彦

2 臓器特異的自己抗体

 井原 健二

3 臓器非特異的自己抗体−抗核抗体

 井上 祐三朗

4 臓器非特異的自己抗体−抗核抗体以外

 中野 直子

11 腎機能検査

1 検査の種類と原理・読み取り方とその限界

 三浦 健一郎

2 糸球体機能検査

 本田 尭

3 尿細管機能検査

 井口 智洋

4 レノグラム

 市野 みどり

5 ウロダイナミクス

 市野 みどり

12 腫瘍マーカー

1 検査の種類と原理・読み取り方とその限界

 康 勝好

2 消化器系

 福岡 智哉

3 泌尿生殖器系

 西尾 英紀

4 神経内分泌系

 家原 知子

5 造血器系

 森 麻希子

13 薬物血中濃度モニタリング(TDM)

1 検査の種類と原理・読み取り方とその限界

 尾田 一貴

2 抗てんかん薬

 中川 栄二

3 免疫抑制薬

 田中 一樹

4 抗菌薬

 庄司 健介

5 ジゴキシン、抗不整脈薬

 前田 潤

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:23.0MB以上(インストール時:59.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:92.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:23.0MB以上(インストール時:59.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:92.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784003606413
  • ページ数:394頁
  • 書籍発行日:2023年12月
  • 電子版発売日:2024年1月2日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。