形成外科 2016年7月号【特集】皮弁の再考-Flap Revisited-

  • ページ数 : 128頁
  • 書籍発行日 : 2016年7月
  • 電子版発売日 : 2023年2月15日
¥3,300(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 60pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

第59巻7号:1960年代のDP皮弁,70年代の大胸筋皮弁の画期的な開発に触発され,皮膚・皮下組織はもとより,筋肉・骨・神経などへの血行動態の解明が進み各種の皮弁が開発された。特にマイクロサージャリーによって遊離移植が可能となり,わが国から多くの皮弁の有用性が発表された。日本で開発され,世界にも発信された貴重な皮弁の開発の歴史や今後の展望などを紹介する。

≫ 「形成外科」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

企画にあたって


形成外科の手術手技の中で,皮弁の移植・移動は最も基本的な手技の1つであり,形成外科医の大きな使命である「組織欠損・変形の修復」には必須の手段となっています。したがって,その手技が正しく適切に使えるかどうかで,形成外科医の真価が問われるといっても過言ではありません。

皮弁の歴史を翻ってみれば,1960年代のDP皮弁,1970年代の大胸筋皮弁の画期的な開発に触発され,形成外科医によって皮膚・皮下組織はもとより,筋肉・骨・神経などへの血行動態の解明が進み,今日までに身体のあらゆる部位で各種の皮弁が開発されています。特に,マイクロサージャリーによりこれら多くの皮弁の遊離移植が可能となったことで,マイクロ先進国のわが国から多くの皮弁の有用性が発表されてきたことは,まだ記憶に新しいところです。

そこで本特集では,日本で開発され,世界にも発信された貴重な皮弁の開発の歴史や今後の展望などを解説いただくとともに,新機軸を生みだすための苦労など隠された秘話もご披露いただくべく,この領域のスペシャリストの先生方にご執筆をお願いしました。

本特集が,今後の形成外科の発展を背負う若い世代の読者の魂を鼓舞し,益するところ大になるものと信じております。


埼玉医科大学形成外科・美容外科 中塚貴志

目次

随想「あと50年? 100年?」 岡崎 睦

特集:皮弁の再考─ Flap Revisited─

企画にあたって 中塚貴志

Venous flap 伊東 大ほか

Veno-accompanying artery- fasciocutaneous(VAF)皮弁 荒牧典子ほか

Reverse(retrograde)flow flap 村上隆一ほか

拡大筋皮弁(extended musculocutaneous flap) 大西 清ほか

Thin flapからMicrodissected tailoringまで 木村直弘ほか

微小血管吻合付加皮弁(microvascular augmented flaps)─特に超薄化のための適用について─ 百束比古ほか

Muscle vascularized pedicle(MVP)flap 古川洋志ほか

連載

形成外科Topics!

新国際形成外科学会(ICOPLAST)設立の経緯 中塚貴志

形成外科NEXT─次世代の本音─

25年後の形成外科医に向けて 淺野裕子

教室だより北~南

(19)徳島大学 形成外科学講座 橋本一郎

原著

陥入爪児島法術後10年経過症例の追跡調査 菅野百合ほか

症例

第1指間の瘢痕拘縮を遊離第1趾間皮弁により再建した1例 後藤 愛ほか

神経鞘腫が疑われたヘルニア嚢内子宮内膜症の1例 渡部雅子ほか

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.0MB以上(インストール時:18.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:32.0MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.0MB以上(インストール時:18.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:32.0MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784014105907
  • ページ数:128頁
  • 書籍発行日:2016年7月
  • 電子版発売日:2023年2月15日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。