臨床遺伝専門医テキスト③ 各論Ⅱ 臨床遺伝学小児領域

  • ページ数 : 152頁
  • 書籍発行日 : 2021年11月
  • 電子版発売日 : 2023年4月12日
¥4,950(税込)
ポイント : 270 pt (6%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

日本人類遺伝学会,日本遺伝カウンセリング学会の共同運営による,臨床遺伝専門医制度委員会が監修した,臨床遺伝専門医テキストシリーズ.
第3弾は「各論Ⅱ 臨床遺伝学小児領域」です.臨床遺伝専門医を目指す医師,必読の書です.

あわせて読む → 「臨床遺伝専門医テキスト」シリーズ

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

『臨床遺伝専門医テキスト』総編集の序

ここに,日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会員自らが執筆した『臨床遺伝専門医テキスト』をお届けします.

日本における医学生向け遺伝学教科書の金字塔である『医科遺伝学』(南江堂,1991年)の序文には,1979年にアメリカ人類学会誌の編者であるD. Comingsが,遺伝子研究開始以後の遺伝学に対して命名した造語である“New Genetics”が引用され「遺伝子診断,遺伝子治療などの先端技術が医療の中でどう扱われるべきか,その倫理面の検討が問題にされつつある」と記載されています.『医科遺伝学』から30年を経て,私たち医師は,この“New Genetics”を現実の医療の中で実際に扱う局面に立たされていると言えます.

日本人類遺伝学会では,すべての医師が,“New Genetics”の担い手としての臨床遺伝学を習得すべきであると考え2013年に「医学部卒前遺伝医学教育モデルカリキュラム」を共同で作成し公開しました.この内容は,平成28年(2016)改訂「医学教育モデル・コア・カリキュラム」に取り込まれることになり,2018年に『コアカリ準拠 臨床遺伝学テキストノート』(診断と治療社)の発刊に繋がっています.

しかしながら,実際の“New Genetics”の担い手へのテキストは,「翻訳物が多い」「日本の実態にそぐわない」などの状態が続いており,日本の臨床遺伝専門医になるための必須の知識の整理を求める機運が高まってきました.折しも2019年に臨床遺伝専門医到達目標が全面的に改定され行動目標となったタイミングで,この『臨床遺伝専門医テキストシリーズ』が企画されることになったわけです.本書は,日本での臨床遺伝学の実践に関わる4つの領域(生殖・周産期,小児,成人,腫瘍)の別冊と総論の5冊で構成されています.臨床の現場と直結する内容を領域別の分冊とした理由は,時代とともに順次改訂され,常にアップデートな内容を維持するためです.今後のアップデートにも期待いただきたいと思います.

編集者と執筆者は,臨床遺伝専門医制度における専攻医のみなさんが,このテキストを用いることで,日本における臨床遺伝学の実践を肌で感じることができると信じています.専攻医が,研修を始め専門医取得に至るステップについては,臨床遺伝専門医制度委員会HP(http://www.jbmg.jp/examinee/index.html)「臨床遺伝専門医を目指す方へ」をご覧いただきたいと思います.

本書の構想から実現には,(株)診断と治療社の編集者の方々(堀江康弘/柿澤美帆/川口晃太朗/前原宏美/小林雅子/吉田洋志/坂上昭子/土橋幸代)に継続的でかつ多大な援助をいただきました.また,両学会の関係者のみなさまや,5分冊の編集を担当していただいた先生方の力添えがあってこそ,この本を世に問うことができたと思っております.合わせて感謝申し上げます.


2021年10月

臨床遺伝専門医制度委員会
委員長  蒔田芳男


『各論Ⅱ 臨床遺伝学小児領域』編集の序

臨床遺伝学における主要4領域と総論の5分冊よりなる本テキストシリーズのうち,ここに「小児領域」を皆様にお届けすることができ大変嬉しく思います.小児期の特徴として,まず臨床遺伝の実践における主要な場面の“発端”となること,また“動的”な成長発達過程を伴うことがあげられます.さらには,身近な家族との直接のつながり,多くの診療科との横のつながり,周産期に始まり成人期にむかう時間軸のつながりなど多様な“連携”が求められる時期であることも大きな特徴です.これらの幅広くかつ絶えず移り行く臨床経過において,その都度最も適切な均衡点を探していく柔軟なアプローチこそが小児臨床遺伝の魅力であり醍醐味と考えます.

本書は,各専門領域の臨床・研究のフロントランナーである臨床遺伝専門医により,臨床遺伝学における基礎的知見のみならず現在進行形の情報も多く盛り込み執筆いただきました.加えて小児領域に必要不可欠な細やかさや優しさも随所にちりばめられております.また各分冊共通の専門医行動目標のKey Wordsとも紐づけて臨床遺伝専門医を目指す先生方が体系的に学べる構成にも配慮しました.本書がこれからのわが国の臨床遺伝分野の裾野を広げ,高みに向かう役割の一助を担えることを切に願っております.

最後に,コロナ禍の厳しい情勢の中,貴重な時間を使って執筆・校正いただいた先生方,辛抱強く編集作業のやりとりをしていただいた診断と治療社の編集スタッフの皆様と総編集の先生方の多大なるサポートのもと本書が仕上がったことにつき,編集委員一同この場を借りて心より感謝申し上げます.


2021年10月

『各論Ⅱ 臨床遺伝学小児領域』責任編集  清水健司
編集  大友孝信
森貞直哉

目次

Ⅰ.総論

1.小児領域オーバービュー

 A 小児期の臨床遺伝学的特性  沼部博直

 B 先天異常の概要と発症要因  黒澤健司

 C 小児期の遺伝医療体制  小崎健次郎

2.小児期の遺伝カウンセリング

 A 代諾者へ伝える遺伝カウンセリング  川目 裕

 B 本人へ伝える遺伝カウンセリング  小崎里華

3.小児期の遺伝学的検査

 A 染色体検査・遺伝学的検査  大橋博文

 B 網羅的遺伝子関連検査  要  匡

 C 小児のがん遺伝子パネル検査  加藤元博

4.小児期の診察とマネージメント

 A dysmorphologyの診かた  西 恵理子

 B 自然歴と包括的健康管理  古庄知己

 C 社会福祉資源  渡邊順子

5.連携医療

 A 周産期医療との連携  吉橋博史

 B 成人期医療との連携  近藤達郎

Ⅱ.各論

1.実践診療

 A 先天異常症候群  升野光雄

 B 神経筋疾患  荒川玲子

 C 腎疾患  上原朋子

 D 性分化疾患  長谷川奉延

 E 内分泌疾患  依藤 亨

 F 骨系統疾患  藤原 誠

 G ミトコンドリア病  三牧正和

 H 先天代謝異常症  酒井規夫

 I 原発性免疫不全症  今井耕輔

 J 先天性難聴  西尾信哉

 K 眼疾患  仁科幸子

 L 遺伝性皮膚疾患  国定 充

 M 多因子疾患・先天異常誘発物質  水野誠司


索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:10.3MB以上(インストール時:26.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:41.3MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:10.3MB以上(インストール時:26.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:41.3MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784787880635
  • ページ数:152頁
  • 書籍発行日:2021年11月
  • 電子版発売日:2023年4月12日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。