救急医学 2020年5月号 第44巻第5号 腹を割って話そう!! ハイブリッドERシステム

  • ISBN : 9784012004405
  • ページ数 : 120頁
  • 書籍発行日 : 2020年5月
  • 電子版発売日 : 2020年10月7日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 腹を割って話そう!! ハイブリッドERシステム
Ⅰ.ハイブリッドERシステムとは
ハイブリッドERシステムの歴史と概要
ハイブリッドERシステム導入の実際 ほか

救急医学バックナンバー

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

特集 腹を割って話そう!! ハイブリッドERシステム

Ⅰ.ハイブリッドERシステムとは

ハイブリッドERシステムの歴史と概要

関西医科大学総合医療センター救命救急センター/中森 靖 他

ハイブリッドERシステム導入の実際

緑泉会米盛病院外科/畑 倫明

Ⅱ.ハイブリッドERシステムと外傷診療

ハイブリッドERシステムにおける外傷診療の流れ

兵庫県災害医療センター救急部/伊集院 真一 他

画像検査と画像診断

済生会横浜市東部病院救急科/船曵 知弘

外科手術

帝京大学医学部附属病院高度救命救急センターAcute Care Surgery部門/伊藤 香

IVRとREBOA

千葉大学大学院医学研究院救急集中治療医学/松村 洋輔

頭部外傷への介入

長崎大学病院高度救命救急センター救急・国際医療支援室/早川 航一

Ⅲ.ハイブリッドERシステムと非外傷診療

ECPR,循環器系疾患

東京都立墨東病院救命救急センター/杉山 和宏

脳血管障害,その他

自治医科大学附属さいたま医療センター救急科/柏浦 正広 他

Ⅳ.ハイブリッドERシステムを多視点でとらえる

多職種連携─診療放射線技師の役割

済生会横浜市東部病院放射線部/稲垣 直之

多職種連携─看護師の役割

大阪急性期・総合医療センター看護部/高度救命救急センター/吉田 悠平

教育面から考えるハイブリッドERシステム

島根大学医学部Acute Care Surgery講座/渡部 広明 他

医療経済から考えるハイブリッドERシステム

大阪大学医学部附属病院高度救命救急センター/木下 喬弘

学術面からみるハイブリッドERシステムの現状と未来

大阪急性期・総合医療センター救急診療科/山川 一馬 他

連載

救急医四方山話

鉄道と救急と私

津軽保健生活協同組合健生病院救急集中治療部 入江 仁

災害医療体験記

第10回 コロナ戦記・序章─わが内なるJOKER

神戸市立医療センター中央市民病院救命救急センター/有吉 孝一

救命救急センター紹介

富山県立中央病院救命救急センター

富山県立中央病院救命救急センター/大鋸 立邦 他

哲男の部屋

第5回 「現象学的診療論」事始め,その5─指揮とDCSコンバージョン

本誌編集委員長/行岡 哲男

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.1MB以上(インストール時:21.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.1MB以上(インストール時:21.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません