• M2PLUS
  • 新商品
  • 救急医学 2020年10月号 第44巻第11号 児童虐待を学ぶ

救急医学 2020年10月号 第44巻第11号 児童虐待を学ぶ

  • ISBN : 9784012004411
  • ページ数 : 144頁
  • 書籍発行日 : 2020年10月
  • 電子版発売日 : 2020年11月18日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 児童虐待を学ぶ

児童虐待対応は、難しい。でも、救急医は虐待を受けた子どもに手を差し伸べられる、唯一の存在になるかもしれない。だから、逃げずに学ぼう。児童虐待を取り巻く疫学や司法、社会システムから、臨床現場で役立つ対応法、虐待に特徴的な所見まで詳述した、本誌史上初の「児童虐待」特集です。

救急医学バックナンバー

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

特集 児童虐待を学ぶ

総論 児童虐待を,知る

児童虐待の疫学

東京医科歯科大学国際健康推進医学分野/山岡 祐衣 他

児童虐待と司法手続

大阪高等検察庁刑事部/宮地 佐都季

児童虐待対応の社会的取り組み

日本大学危機管理学部危機管理学科/鈴木 秀洋

子どもの権利擁護センターの取り組み

認定特定非営利活動法人チャイルドファーストジャパン/山田 不二子

社会的擁護を担う乳児院の機能と現状

社会福祉法人康保会康保会玉淀園/松本 敦子

被虐待児のリハビリテーション

埼玉医科大学総合医療センターリハビリテーション部/野々垣 政志 他

各論 児童虐待を,診る

児童虐待の救急診療で注意すべき点

小児科の視点から

北九州市立八幡病院小児救急・小児総合医療センター/神薗 淳司

妊娠・出産・新生児期からの対応

鹿児島市立病院新生児内科/山本 剛士

痙攣発作の鑑別

埼玉医科大学総合医療センター小児科/奈倉 道明

児童虐待に特徴的な身体所見

小児科的特徴

松戸市立総合医療センター小児科/小橋 孝介

脳神経外科的特徴

埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター/荒木 尚

整形外科的特徴

大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学教室/中川 敬介 他

眼科的特徴

兵庫県立こども病院眼科/野村 耕治

皮膚損傷

茨城県立こども病院救急集中治療科/本山 景一

性的虐待の特徴

大阪急性期・総合医療センター小児科・新生児科/丸山 朋子

放射線科的特徴

埼玉県立小児医療センター放射線科/小熊 栄二

児童虐待対策としての院内・院外連携

埼玉医科大学総合医療センター小児救命救急センター/小林 信吾 他

児童虐待に関する救急医療と地域の連携

北九州市立八幡病院小児救急・小児総合医療センター/西山 和孝

臓器提供と児童虐待

富山大学附属病院小児科/種市 尋宙

連載

地域とつながる 社会に広める 救急ツール・システム

第3回 救急タグの多言語・他言語対応など

大阪大学医学部附属病院高度救命救急センター/酒井 智彦

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:15.9MB以上(インストール時:36.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:15.9MB以上(インストール時:36.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません