• M2PLUS
  • 医学のあゆみ275巻9号 子どもと環境―胎児期・幼少期の環境が与える影響

医学のあゆみ275巻9号 子どもと環境―胎児期・幼少期の環境が与える影響

  • ISBN : 9784006027509
  • ページ数 : 70頁
  • 書籍発行日 : 2020年11月
  • 電子版発売日 : 2021年10月13日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥1,430 (税込)
ポイント : 26 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

子どもと環境――胎児期・幼少期の環境が与える影響
森崎菜穂(国立成育医療研究センター社会医学研究部ライフコース疫学研究室)


・胎児期・幼少期の環境がさまざまな成人期慢性疾患の発症基盤と関連することが数多くの研究から徐々に明らかになり,より効果的な介入を行うために行動変容を促しやすい若年層への介入に期待が集まるようになった.
・また,子どもの貧困や格差の拡大,先進国で類を見ない低出生体重児の増加など,幼少期の問題が国の健康課題としてもあがってくるようになってきた.
・本特集では,胎児期・幼少期の環境曝露の健康への影響を動物モデル,疫学研究,脳画像など,さまざまな分野での最近の知見について紹介する.

≫ 「医学のあゆみ」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに

2008年に,メタボリックシンドロームに着目した特定検診の開始をきっかけとして予防医学の重要性については広く知られるようになった.一方で,子どもたちを取り巻く環境が健康に与える長期的な影響について注目されるようになったのは比較的最近ではないかと思う.この背景には,胎児期・幼少期の環境がさまざまな成人期慢性疾患の発症基盤と関連することが海外を中心に数多くの基礎研究・疫学研究から徐々に明らかになってきたこと,成人期の生活習慣とその後の健康について解明されていくなかで,より効率的・効果的な介入を行うために行動変容を促しやすい若年層への介入に期待が集まるようになったこと,こどもの貧困や格差の拡大,先進国で類を見ない低出生体重児の増加など,幼少期の問題が国の健康課題としてもあがってくるようになったこと,などがあげられる.

本特集では,胎児期・幼少期の環境曝露の健康への影響を動物モデル,疫学研究,脳画像など,さまざまな分野での最近の知見について紹介させていただく.成人期の環境や生活習慣はある程度本人の努力により変化させる余地があるが,幼少期の環境は多くの場合,本人の努力では変えることができない.心情,意欲,態度,基本的生活習慣など,生涯にわたる人間形成の基礎が培われるきわめて重要な時期である胎児期・幼少期に,どのようにすれば人間として,社会の一員として,よりよく生きるための基礎を獲得していけるかを知り,適切な環境を整えることはわれわれ大人の重大な責務であろう.


森崎菜穂(国立成育医療研究センター社会医学研究部ライフコース疫学研究室)

■ 目次

特集

DOHaD学説――その成り立ちと学術分野としての発展……佐田文宏

胎児期・幼少期の環境と生活習慣病……小川佳宏

胎児期・乳児期の腸内細菌叢の長期的影響……渡辺啓太・他

幼少期のマルトリートメントストレスが脳発達に与える影響――脳科学とエピゲノム科学からの知見……友田明美

胎児期・幼少期環境が子どもに与える影響――10万組を対象としたエコチル調査からの知見……山崎新

わが国で最初の出生コホート“環境と子どもの健康に関する北海道スタディ”――ライフコースアプローチに基づく成果を中心に……岸玲子・他

胎児期・幼少期の環境因子が子どもの神経発達に与える影響――浜松母と子の出生コホート(HBC Study)からの知見……西村倫子・土屋賢治

胎児期・乳幼児期の環境が思春期の心身発達に与える影響――東京ティーンコホートからの知見……山崎修道・他

TOPICS

【循環器内科学】

肺動脈性肺高血圧症の新しい治療標的……佐藤公雄 

【消化器内科学】

潰瘍性大腸炎患者における大腸粘膜の環境適応進化……南木康作・佐藤俊朗 

【遺伝・ゲノム学】

特発性肺線維症と遺伝子変異……大塚邦紘・安友康二 

連載

【再生医療はどこまで進んだか】

20.iPS細胞を用いた腎疾患と糖尿病に対する再生医療の開発……畑野悠・他 

【臨床医が知っておくべき最新の基礎免疫学】

13.免疫チェックポイント阻害薬……濵西潤三・万代昌紀 

【バイオミメティクス(生体模倣技術)の医療への応用】

9.細胞膜構造に倣った生体親和型ポリマーの創出と医療器具への実装……石原一彦 

フォーラム

医療におけるフェイクニュース対策――SNSにおいて信用できる情報とは……水野貴之

【病院建築への誘い――医療者と病院建築のかかわりを考える】

特別編―感染症対策と建築②……亀谷佳保里 

【天才の精神分析――病跡学(パトグラフィ)への誘い】

8.古澤平作――日本の精神分析の父……生田孝 

雑誌特集

今月の雑誌特集

新刊紹介

今月の新刊紹介

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.8MB以上(インストール時:23.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.8MB以上(インストール時:23.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません