薬物療法:17件

人気順

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100
薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100

¥4,180

類似薬の「違い」を知って服薬指導に活かす! 【第50回日本薬剤師会学術大会先行販売にて完売,売上1位達成!】 「この薬は,前の薬とどこが違うの?」と、患者から聞かれて返答に困ったことはありませんか?そんなお悩みを本書が解決します!

薬局で使える 実践薬学
薬局で使える 実践薬学

¥6,380

実践薬学のノウハウを伝授!現場の「なぜ?」「どうして?」に答えます! 日経ドラッグインフォメーションOnlineの人気連載「薬局にソクラテスがやってきた」をベースに、解説を加筆し未発表の描き下ろしを多数追加。添付文書情報や薬学部で学んだ知識を120%活かす為の“考え方”を学びませんか?

医療現場のための薬物相互作用リテラシー
医療現場のための薬物相互作用リテラシー

¥3,960

薬物相互作用のプロ級対応力が身に付く一冊! 近年では,薬物相互作用(DDI)を考える際にその影響の強度によって相互作用薬と被相互作用薬を分類するなど,DDIの考え方は転換期を迎えている.本書は,DDI予測に有用なCR-IR法とPISCSの使い方から,基質薬や阻害薬・誘導薬として重要な薬剤のDDIマネ...

根拠にもとづく がん化学療法レジメン作成とマネジメントのてびき
根拠にもとづく がん化学療法レジメン作成とマネジメントのてびき

¥5,280

レジメンの院内標準化に向け、患者と病院の双方にとって適切なレジメンを構築し、現場で安全に管理していくための実践的なポイントを解説。増え続けるレジメンの管理にお悩みの薬剤師、医師の方々におすすめ! ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可...

薬局で役立つ経口抗がん薬はじめの一歩
薬局で役立つ経口抗がん薬はじめの一歩

¥3,960

薬局薬剤師が困ることの多い,背景にあるレジメン,類似抗がん薬との違いや使い分け,腎障害・肝障害患者の投与量調整,支持療法の目的,注意すべき副作用など,現場で役立つニーズの高いテーマを厳選!

臨床薬学テキストシリーズ 神経・筋・精神/麻酔・鎮痛
臨床薬学テキストシリーズ 神経・筋・精神/麻酔・鎮痛

¥4,950

臨床現場の薬剤師には、薬理学的知識はもちろん、疾患の病態や症候,最新のガイドラインに基づく治療方針に関して幅広い知識が求められる。本書では、神経・筋疾患、精神疾患と麻酔・鎮痛を取り上げ、実地臨床に向けて最新知見を盛り込みわかりやすく解説している。編集から執筆まで,薬学と医学のコラボレーションを実現し...

プロフェッショナルEYE 専門薬剤師からみた薬物治療の勘所
プロフェッショナルEYE 専門薬剤師からみた薬物治療の勘所

¥3,520

プロの視点と思考プロセスがわかる!1ステップ上の薬物治療を目指す薬剤師のための指南書! 多くの医療機関では「卓越した知識・技能をもつ薬剤師」の存在が限られるため,多領域にわたって専門家の考え方を学ぶことは難しいのが現状である.本書は,6領域(感染制御,精神科,がん,妊婦・授乳婦,薬物療法,腎臓病薬物...

臨床薬学テキストシリーズ 循環器/腎・泌尿器/代謝/内分泌
臨床薬学テキストシリーズ 循環器/腎・泌尿器/代謝/内分泌

¥4,950

臨床現場の薬剤師には、薬理学的知識はもちろん、疾患の病態や症候,最新のガイドラインに基づく治療方針に関して幅広い知識が求められる。本書では、循環器・腎・泌尿器・代謝・内分泌疾患について、その薬理・病態・薬物治療を最新知見を盛り込み、わかりやすく解説する。編集から執筆まで,薬学と医学のコラボレーション...

アドヒアランスに着目した 経口抗がん薬 服薬支援マニュアル
アドヒアランスに着目した 経口抗がん薬 服薬支援マニュアル

¥3,850

がん患者のアドヒアランスやQOL向上・維持のために考えること・できること!初回/継続面談時の具体的な指導・対処法がわかる 外来の経口抗がん薬治療では患者自身が服薬を管理するため,治療効果低下や副作用重篤化を防ぐにはアドヒアランスの維持が重要となる.本書は,がん患者のアドヒアランスやQOLの向上・維持...

外来化学療法室 がん薬物療法カンファレンス
外来化学療法室 がん薬物療法カンファレンス

¥3,850

チーム医療で最も重要な多職種カンファレンスの課題に取り組んだ一冊 外来がん薬物療法では,医療者の高い専門性とともに,多職種連携による治療の質と安全性の向上が求められる.本書は,抗がん薬の適正使用,特別な臨床背景,副作用のマネジメントなど,外来化学療法で遭遇する問題を取り上げ,多職種の視点をカンファレ...

選択的PPARαモジュレータ― SPPARMαへの期待
選択的PPARαモジュレータ― SPPARMαへの期待

¥4,180

「脂質異常症」の診療に携わる臨床医必備の1冊。 選択的PPARαモジュレータ―(SPPARMα)という新たな概念に基づいて創薬されたペマフィブラート。フィブラートを超えた新たなPPARαアゴニストとしての期待は大きい。 その開発の経緯,遺伝子発現解析,作用機序,適応疾患(高TG血症・低HDL-C血症...

保険薬局薬剤師のための もうビビらない! がん関連処方への対応術
保険薬局薬剤師のための もうビビらない! がん関連処方への対応術

¥3,080

「抗がん薬の処方箋が来た!どうしよう…(汗)」の強い味方! がん関連薬の外来処方が増えているが,保険薬局では収集できない患者情報があり,消極的な対応になってしまうケースがある.本書では,処方箋や患者との会話など“薬局で得られる情報”をもとに,がん領域の臨床推論から抗がん薬の服薬指導,副作用マネジメン...

薬剤過敏症
薬剤過敏症

¥2,640

謎に包まれた「薬剤過敏症」の本質に迫る!! 薬剤過敏症は未だ謎に包まれており,臨床現場での管理が難しい医薬品の有害作用の1つです.本書では薬剤過敏症を4つの視点,(1)原因薬検出の視点,(2)発現機構の視点,(3)薬物(アレルゲン)側の視点,(4)生体(過敏症患者)側の視点から解析して,薬物過敏症の...

ライフステージや疾患背景から学ぶ臨床薬理学
ライフステージや疾患背景から学ぶ臨床薬理学

¥4,070

国家試験対策にも役立つチェック問題が充実! 薬学生や薬剤師が他の医療従事者と十分に連携できるように臨床マインドを堅持し、患者特有の疾患に対する適切な薬物治療が施行ことを狙いとして編集されたテキスト。薬剤投与での薬理作用の記載に留まらず、薬物感受性の変化に伴う薬物有害事象の発生を見逃さない為のフィジカ...

副作用症状のメカニズム 虎の巻
副作用症状のメカニズム 虎の巻

¥6,380

副作用症状のメカニズムをこの1冊で網羅! 副作用ごとに患者が訴える症状を取り上げ、その症状が起こるメカニズムを解説。 患者が服用中の薬の情報と照らし合わせることで、副作用の可能性にピンとくる! 『日経DI』の好評連載 「副作用症状のメカニズム」 2010年1月号~2014年12月号の全50回を完全収...

事例で解決!薬学的プロブレム106
事例で解決!薬学的プロブレム106

¥3,520

本書には臨床で多く経験する副作用・相互作用への具体的対策のみならず、院内特殊製剤や持参薬管理システムなどといった、DI実例集的な要素も含まれ、薬学生、薬学教育関係者、そして医療関係者にぜひお読みいただきたい一冊です。

腫瘍薬学
腫瘍薬学

¥8,250

発がんから抗がんまでのすべてを総括し、系統的かつ斬新的に薬学的視点からがんを解説した「腫瘍薬学」の電子書籍です。