Medical Practice 2023年12月号(40巻12号) 膵癌と胆道癌~日常診療と専門治療をつなぐ最新知見

  • ページ数 : 168頁
  • 書籍発行日 : 2023年12月
  • 電子版発売日 : 2023年12月5日
¥2,860(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 156pt ( 6 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

特集テーマは「膵癌と胆道癌~日常診療と専門治療をつなぐ最新知見」.記事として,[座談会]超高齢時代に地域一体型の膵癌・胆道癌診療をどう進めていけばよいか,[総説]膵癌診療ガイドライン2022年版の要点,[セミナー]慢性膵炎と膵癌,[治療]膵癌外科手術の現状.連載として,[One Point Advice]カプセル内視鏡,[今月の話題]日本肝臓学会総会 奈良宣言2023「Stop CLD:ALT Over 30」,[知っておきたいこと ア・ラ・カルト]他を掲載.

序文

膵癌と胆道癌
日常診療と専門治療をつなぐ最新知見


申し上げるまでもなく,膵癌と胆道癌は癌のなかでも特に予後不良であり,しかもその死亡数はわが国の癌死亡数の上位を占める.特に膵癌は罹患数・死亡数も増加傾向で,まだまだその早期発見・早期治療は大きな課題である.とはいえ多くの医療関係者・医学研究者の努力による新しい診断・治療モダリティの開発や,新しい治療薬を含めたさまざまな集学的治療の進歩により,少しずつ臨床上の効果がみられているのも事実である.

一方で社会全体の超高齢化が進む中で地域医療の重要性は高まるばかりであり,今後は膵癌・胆道癌の診療においても地域との関わりはますます重要となるであろう.つまり地域の日常診療から膵癌・胆道癌をどうスクリーニングし発見していくか,そして専門医のもとで最新の診療が実際どう進んでいくのか,さらには専門的診療から地域診療への移行はどのようにすればよいか,などの点についての基本的知識・考え方は,専門医と地域の必ずしも専門でない実地医家との間でも共有されていくことは重要と考えられる.

上記の点を踏まえて本企画では,まず総論として膵癌・胆道癌診療の最新動向をご紹介いただいた.そしてセミナーの項として診断技術の基本から画像診断,高危険群,他の鑑別診断,病理診断,そして随伴する糖尿病の診療についてもご解説いただいた.治療の項では外科手術の現状を多職種連携の重要性も含めてご紹介いただき,また集学的治療として化学療法や内視鏡的ステント術の最新動向についてもご解説いただいた.さらに現在の地域医療の現場の実情をご紹介いただくとともに,座談会では,超高齢化が進むなかでの膵癌・胆道癌に対して地域医療がどう関わっていくかの将来展望と問題点・課題について討論した.

本企画が,実地医家と専門医療機関との診療連携の輪の中で,社会構造にも効率よく連動した膵癌・胆道癌診療を構築していく一助となれば幸いである.

末筆になりますが,大変ご多忙の中,本企画にご執筆いただいたエキスパートの先生方に心から感謝申し上げます.


立石敬介
聖マリアンナ医科大学消化器内科学

目次

【特 集】

扉……立石敬介

座談会 超高齢時代に地域一体型の膵癌・胆道癌診療をどう進めていけばよいか

出席者:金井文彦・伊佐山浩通・立石敬介・山内敏正

総説 膵癌・胆道癌診療up to date

膵癌診療ガイドライン2022年版の要点……高原楠昊

ガイドラインに基づく胆道癌の危険因子と診療アルゴリズム……佐々木 隆

セミナー 実地で役立つ膵癌・胆道癌診療のポイント

膵癌の疫学と,専門医紹介のタイミング……水野 卓

膵癌・胆道癌を見逃さない画像診断のポイント……貝梅正文ほか

膵癌・胆道癌診療における超音波内視鏡の役割……土井晋平

慢性膵炎と膵癌……関根匡成ほか

膵癌高危険群としての膵囊胞/IPMN……川久保和道ほか

癌との鑑別に基づく1型自己免疫性膵炎,IgG4関連硬化性胆管炎の診断と治療……内田一茂

神経内分泌腫瘍とは?診断・治療の現状と進歩……青木 琢

膵癌・胆道癌に伴う糖尿病診療の実際……高橋和之ほか

知っておきたい膵癌・胆道癌の病理診断─適切な良悪性判定法や検体の取り扱いについて─……野呂瀬朋子ほか

トピックス

膵癌・胆道癌と腸内細菌叢……渡辺彩子ほか

膵癌・胆道癌診療におけるAI活用の展望……桑原崇通ほか

治療 膵癌・胆道癌の治療の現状

膵癌外科手術の現状……小林慎二郎ほか

胆道癌外科手術の現状……竹村信行

膵癌・胆道癌に対する内視鏡的ステント治療……藤澤聡郎ほか

膵癌・胆道癌化学療法の現状と進歩……齋藤 圭ほか

膵癌・胆道癌に対する重粒子線治療……篠藤 誠ほか

今後の地域医療の展望と膵癌・胆道癌の在宅医療……金井文彦

この症例から何を学ぶか

腎癌術後8年目に多発膵転移をきたした一例……薩田祐輔

Self-assessment test

【連 載】

One Point Advice

カプセル内視鏡……田中信治

リウマチの関節超音波検査……山口晃弘

胃がんリスク層別化検査におけるピロリ菌感染診断と胃内視鏡検査……大島忠之

コーヒー摂取の急性期効果……森田啓行

チーム医療の実践を目指して……飯塚陽子

人生を大きく変える小さなデバイス─カテーテル治療で進歩している弁膜症治療─……天木 誠

第3の細胞死 フェロトーシス……筒井裕之

CKD診療におけるSGLT2阻害薬の適応と注意点─日本腎臓学会のrecommendationより─……和田健彦

今月の話題

日本肝臓学会総会 奈良宣言2023「Stop CLD:ALT Over 30」……吉治仁志

知っておきたいこと ア・ラ・カルト

Birt-Hogg-Dubé症候群(バート・ホッグ・デュベ症候群)……中村育子ほか

エキスパートが教える問診の勘どころ

対話から拾い上げるコモンディジーズ

(第6回)「急激に寒くなって,その後火照るんです」……石塚晃介


【第40巻 総目次(vol.40 no.1~no.12)】

【第40巻 執筆者名索引(vol.40 no.1~no.12)】

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:24.8MB以上(インストール時:55.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:99.1MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:24.8MB以上(インストール時:55.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:99.1MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784011304012
  • ページ数:168頁
  • 書籍発行日:2023年12月
  • 電子版発売日:2023年12月5日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。