Medical Practice 2024年1月号(41巻1号)気管支喘息―古くて新しい疾患―

  • ページ数 : 164頁
  • 電子版発売日 : 2024年1月2日
¥2,970(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 54pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

気管支喘息~古くて新しい疾患

特集記事として,[座談会]エキスパートに聞く喘息診療のコツとピットフォール,[総説]喘息病態Up-To-Date─気道炎症制御の重要性─,[セミナー]喘息診療のポイントと考え方,[治療]気管支拡張薬の選択と使い方.連載として,[One Point Advice]外国人患者のeGFRに注意!,[今月の話題]HPVワクチン,[知っておきたいこと ア・ラ・カルト]もやもや病の臨床像と遺伝的背景他を掲載.

序文

気管支喘息
古くて新しい疾患


筆者が研修医となった1985年当時,喘息の治療は惨憺たるものであった.吸入ステロイド薬(ICS:1978年上市のCFC-BDP)はいまだ普及しておらず,経口気管支拡張薬(徐放性テオフィリン・β2 刺激薬)を少々の副作用は耐えてもらって目一杯の用量で使用していたが,外来の廊下では患者が列をなしてステロイド薬やアミノフィリン製剤の点滴を受けていた.

実は筆者自身が軽症ながら小児期からの喘息患者であり,大学に戻った1989年に症状が再燃した.テオフィリンで呼吸は楽になったが,何故か夜眠れない.自分のカフェイン不耐を思い出し,副作用と気づいた.CFC-BDP 800μg/日の著効例を経験し,400μg/日で開始したら効果覿面で副作用もなく,何と素晴らしい薬かと感激した.

その後新たなICS製剤が登場し,ロイコトリエン受容体拮抗薬,長時間作用性β2刺激薬やICSとの配合剤,チオトロピウムの適用取得やトリプル配合剤など治療は劇的に進歩した.重症治療の開発も画期的で,現在では5種類の抗体製剤と気管支熱形成術が使用でき,喘息死も減少している.

治療のこうした進歩のもと,理屈の上では正確に診断し患者に合った吸入製剤が継続できれば軽症~中等症患者の大多数はコントロール可能のはずである.しかし現実には,その大半に対応する実地医家の現場では喘息は必ずしも正しく診断されてはいない.診断・管理の基本となるスパイロメトリーの普及も遅れている.治療でも原因・悪化要因の回避,多様化する吸入デバイスの使い分けと適切な用量設定,吸入指導,服薬アドヒアランスや局所副作用のチェックなど,非重症といえども超えるべきハードルは低くはない.一方,重症患者では,多様な病態を理解して,高価な「持ち駒」を濫用することなく適切に使い分ける個別化治療が求められている.

本特集が喘息の最新情報の理解と診療の向上のお役に立てることを心より祈念している.


新実彰男
名古屋市立大学大学院医学研究科呼吸器・免疫アレルギー内科学

目次

【特 集】

扉……新実彰男

座談会 エキスパートに聞く喘息診療のコツとピットフォール

出席者:寺田邦彦・福永興壱・新実彰男・小室一成

総説 喘息の最新情報

喘息病態Up-To-Date─気道炎症制御の重要性─……長瀬洋之

最新の喘息ガイドライン─JGL2021とPGAM2023─……永田 真

喘息とCOVID-19……金光禎寛

セミナー 喘息診療のポイントと考え方

わが国における喘息の現状……原田紀宏

喘息の病歴・症状・身体所見……寺田純子ほか

喘息の生理学的検査……白井敏博

喘息のバイオマーカー……村川慶多ほか

喘息および周辺疾患の画像検査……小熊 毅

上気道併存症……田尻智子

高齢者喘息……鈴川真穂

喘息の鑑別診断─喘鳴・呼吸困難の観点から(COPDを中心に)─……武井 望

喘息の鑑別診断─咳嗽の観点から─……斎藤純平

トピックス

ICS/ホルモテロール頓用治療の功罪……松山崇弘ほか

肥満と喘息……党 雅子

治療 喘息治療のエッセンス:軽症から重症まで

気管支拡張薬の選択と使い方……伊藤 理

吸入ステロイド薬および各種配合剤の選択と使い方……飯倉元保ほか

重症喘息の長期管理……松本久子

喘息の増悪治療……山口将史

喘息の原因療法─抗原/悪化要因の同定・回避を中心に─……神野恵美ほか

吸入指導の実際と病診・病薬連携……吉村千恵

この症例から何を学ぶか

喘息と誤診された気管腫瘍……新実彰男

Self-assessment test

【連 載】

One Point Advice

関節リウマチのフェーズⅡ治療を考える……松本 功

外国人患者のeGFRに注意!……大瀬貴元

人生100年時代の骨粗鬆症治療ギャップへの2つのアプローチ……髙橋克敏

犬猫より分離したキノロン系薬耐性を示すB群レンサ球菌……高橋 孝ほか

外来における感染症診療,抗菌薬適正使用……本田 仁

息切れの緩和法……海老原 覚

セクシャリティや性的嗜好に関する問診……渡辺恒二

「安静」が危ない!1日で2歳も老化する!……上月正博

今月の話題

HPVワクチン……森定 徹ほか

知っておきたいこと ア・ラ・カルト

もやもや病の臨床像と遺伝的背景……平野雄大ほか

エキスパートが教える問診の勘どころ

対話から拾い上げるコモンディジーズ

(第7回)「急に左胸が痛くなりました」……德島圭宜ほか

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:21.0MB以上(インストール時:47.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:84.1MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:21.0MB以上(インストール時:47.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:84.1MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784011304101
  • ページ数:164頁
  • 電子版発売日:2024年1月2日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。