CLINICAL NEUROSCIENCE Vol.40 2022年11月号 脊椎・脊髄障害update

  • ページ数 : 162頁
  • 書籍発行日 : 2022年11月
  • 電子版発売日 : 2022年10月25日
¥2,970(税込)
ポイント : 54 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

脊椎・脊髄障害update
脊椎・脊髄障害は複雑で多彩な症状を示し,多くの症候の報告があります.この特集ではそうした脊椎・脊髄障害による症状・神経徴候をまとめ分類・整理し,脊椎・脊髄臨床の診断と治療の一助となるように工夫しています.前号特集「脊椎・脊髄外科の最先端」と対をなすものであり,2つの特集によって,脊椎・脊髄の解剖・機能・障害の病態生理・診察法,検査,内科的治療・外科的治療のすべてが網羅できる内容となっています.

「CLINICAL NEUROSCIENCE」最新号・バックナンバーはこちら

「CLINICAL NEUROSCIENCE」月刊誌 2022年定期購読

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

脊椎・脊髄障害update


中枢神経系の障害の中で,脊椎・脊髄障害による症状・神経徴候は,大脳・小脳・脳幹障害による症状以上に複雑で多彩である.それは,大脳・小脳・脳幹が「頭蓋骨」という完全に外力から保護されている静止環境にあるのに対して,脊髄が可動性の高い「脊柱」の中という動的環境にあり,ダイナミックな外力を直接受ける機会が多いためと考えられる.また,中枢神経である脊髄と骨格系である脊椎骨の成長速度・比率の違いがあるために,脊髄障害による症状は,神経学的病巣診断による病巣とMRIなどによる画像診断による病巣部位とが異なることがしばしばある.すなわち,脊髄疾患の病巣診断は,画像は副次的であり,神経学的診察によって病巣が特定されるといっても過言ではない.まさに,神経学的診察による臨床診断が確定診断の主役をなす.このような理由で,脊椎・脊髄障害による症状・神経徴候には多くの症候の報告があり,報告者の名前を冠したeponyms も枚挙に遑がない.

本特集では脊椎・脊髄障害による症状・神経徴候をまとめ分類・整理し,脊椎・脊髄臨床の診断と治療の一助となるように工夫した.本特集は,前号第40 巻10 号メインテーマ「脊椎・脊髄外科の最先端」と対をなすものであり,両号の特集によって,脊椎・脊髄の解剖・機能・障害の病態生理・診察法,検査,内科的治療・外科的治療のすべてが網羅されることになる.したがって,「D.脊髄疾患・脊髄症状を呈する脊椎疾患―症状と治療」において当然列挙すべき脊髄腫瘍,変形性脊椎症,椎間板ヘルニア,脊椎靱帯肥厚・骨化症,脊椎炎・脊髄硬膜外膿瘍についてはすでに前号で疾患として詳述されているので本号では割愛した.

本特集が脊椎・脊髄疾患の診療に携わっている多くの脳神経内科,脳神経外科そして整形外科領域の実地臨床家の方々の知識のアップデートと実践に役立てば幸いである.


鈴木則宏

目次

メインテーマ:脊椎・脊髄障害update

A.脊椎・脊髄-解剖と機能

脊椎と脊髄の構造と機能 / 小林 靖 他

B.脊椎・脊髄障害-症状と診察

脊椎・脊髄障害の症候の特徴と診察の注意点 / 安藤哲朗

C.脊椎・脊髄障害による特徴的な症状・神経徴候

Babinski徴候とBabinski徴候の変法 / 井口正寛

いわゆる「Barré試験」といわゆる「Mingazzini試験」 / 福武敏夫

Marie-Foix屈筋退避反射,Rossolimo反射 / 廣瀬源二郎

手指屈筋反射(Hoffmann徴候,Trömner指現象,Wartenberg反射) / 野川 茂

Raïmiste徴候,Strümpell徴候 / 柴田 護

Abadie徴候,Westphal徴候,Romberg徴候 / 徳岡健太郎 他

Beevor徴候 / 田代 淳

Lhermitte徴候 / 清水優子

Uhthoff現象 / 久冨木原健二

D.脊髄疾患・脊髄症状を呈する脊椎疾患-症状と治療

脊髄梗塞(前脊髄動脈症候群,後脊髄動脈症候群) / 伊澤良兼

脊髄動静脈奇形(AVM, AVF) / 高井敬介

多発性硬化症,視神経脊髄炎 / 岡野篤志 他

抗MOG抗体陽性脊髄炎 / 藤盛寿一

アトピー性脊髄炎 / 吉良潤一

HTLV-1関連脊髄症(HAM) / 山野嘉久

ウイルス性脊髄炎 / 山脇健盛

急性脊髄前角炎(ポリオ) / 亀井 聡

梅毒性脊髄炎,脊髄癆 / 高尾昌樹

亜急性脊髄連合変性症 / 伊藤義彰

放射線脊髄症 / 塚越設貴 他

脊髄空洞症 / 高橋愼一

平山病(若年性一側上肢筋萎縮症) / 北 耕平

環軸関節亜脱臼 / 北村和也 他

びまん性特発性骨増殖症(DISH) / 上井 浩

E.脊椎・脊髄障害症候群

Aran-Duchenne型筋萎縮症,Vulpian-Bernhardt型筋萎縮症 / 熱田直樹

Barré-Liéou症候群 / 永田栄一郎

Brown-Séquard症候群 / 南 和志

Chiari奇形 / 佐野 透 他

Cobb症候群 / 難波克成

Foix-Alajouanine症候群(亜急性壊死性脊髄炎) / 濱田晋輔 他

Horner症候群 / 荒木信之

Keegan型頸椎症(頸椎症性筋萎縮症) / 園生雅弘

Klippel-Feil症候群 / 手塚俊樹 他

Neuralgic amyotrophy:神経痛性筋萎縮症(Parsonage-Turner症候群) / 福島和広

脊髄円錐上部症候群と脊髄円錐症候群 / 亀山 隆

大後頭孔症候群 / 高橋敏行

馬尾症候群 / 下畑享良

F.トピックス

腰椎椎間板変性と細菌感染との関連 / 渡辺航太

連載

細胞のメカニズムと神経疾患

パーキンソン病におけるp38シグナル / 馬場孝輔

臨床中枢神経生理 A to Z

[体性感覚誘発電位(3)]下肢SEPの起源 / 望月仁志 他

分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)

非クラスA GPCRの構造生物学 / 加藤英明

臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:亀井 聡)

結核性髄膜炎 / 鈴木 裕

神経疾患の新しい治療

アテローム血栓性脳梗塞 / 内山真一郎

検査からみる神経疾患

AIを用いた神経疾患の画像検査 / 内田 航 他

Q&A-神経科学の素朴な疑問

腎臓に加速度センサーがあるというのは本当ですか? / 北澤 茂

ニューロサイエンスの最新情報

貪食細胞としてのアストロサイト / 小西博之 他

素顔のニューロサイエンティスト

Shin-ichiro Imai / 佐藤亜希子

バックナンバー

次号予告

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:20.7MB以上(インストール時:46.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:82.9MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:20.7MB以上(インストール時:46.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:82.9MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784002104011
  • ページ数:162頁
  • 書籍発行日:2022年11月
  • 電子版発売日:2022年10月25日
  • 判:AB判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。