医学のあゆみ284巻9号 HIVの発見から40年―医学はどう戦ったか,これからどう戦うのか

  • ページ数 : 120頁
  • 書籍発行日 : 2023年3月
  • 電子版発売日 : 2023年2月27日
¥2,860(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 52pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

企画:潟永博之,岡 慎一,満屋裕明(国立国際医療研究センターエイズ治療・研究開発センター)

・HIV発見から40年が経過し,急速な発展を遂げた多剤併用療法はHIV/AIDSの臨床病態を大きく正の方向に変え,HIV/AIDSに対する人類の戦いは少なくとも初期的な勝利を収めたといってよい.
・予防内服による新規感染者の減少もみられるが,薬剤耐性HIVの出現,“薬害AIDS”患者の高齢化, COVID-19による経済の混乱と停滞からHIV/AIDS対策資金は世界中で縮小するなどの新たな課題も出現している.
・2021年の新規HIV感染者はWHOの目標より100万以上多い150万人に上る.本特集では,これからの医療者のHIV/AIDSに対する戦いにかならずや資すると希って,新進気鋭の先生方にご執筆いただく.

≫ 「医学のあゆみ」最新号・バックナンバーはこちら
週刊『医学のあゆみ』 定期購読(2023年1月-12月)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

はじめに


ヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus:HIV)の発見から40年が経過した2023年の今,果たして医学はHIV/後天性免疫不全症候群(acquired immune deficiency syndrome:AIDS)との戦いに勝利したのかと本特集は問う.急速な発展を遂げた多剤併用療法はHIV/AIDSの臨床病態を大きく正の方向に変えた.そうした意味でHIV/AIDSに対する人類の戦いは少なくとも初期的な勝利を収めたといってよい.HIV感染症がかつて程の恐怖の病気でなくなったという意味では,勝利という言葉も不適切ではないと思われる.抗HIV療法がウイルス学的失敗に帰結することは間違いなくまれとなり,かつて治療継続を困難にしていた重篤な副作用もほぼ解消された.スティグマを負わされ,迫害を受け,医療からも疎外された感染者の絶望と,進行する免疫不全を傍観するだけで,なすすべを持たなかった臨床家と研究者の無力感は過去の遺物となりつつある.しかし翻ると,“死と隣り合わせの感染”という恐怖感の消退とともに,感染リスクを伴う行為への抵抗や躊躇が減退した.リスク行為への警鐘という道徳・啓蒙活動は果たせるかな奏効せず,われわれは治療薬の一部を予防に用いるという,より現実的な選択をした.この選択は新たなHIV感染者を減少させる一翼を担って余りあるが,一方で薬剤耐性HIVの出現や他の性感染症への曝露の機会の増加など,注意深い対応が改めて求められる.

他方,殊にわが国でのHIV/AIDSに係る基礎と臨床の両領域での大きな推進力となってきたのは不幸な“薬害AIDS”に対して国が掲げた“恒久的救済”であった.しかし,“薬害AIDS”に見舞われた感染・発症者数は高齢化とともに減少の一途をたどり,またHIV/AIDSが“死に至る病気”でなくなったこともあって,国と厚生労働省・文部科学省などからの臨床・基礎研究へのサポートと投資は激減し,将来に不吉で大きな影を落としている.

AIDSの存在がはじめて報告されてから2年後の1983年,後にノーベル賞を受賞したFrançoiseBarré-SinoussiとLuc MontagnierがAIDSの病原体,HIVの存在を報告してから40年となる2023年の春に,この特集は発行される.大きな節目である.折しも,本特集の発行はロシアによるウクライナ侵攻から1年,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックから3年が経過する時期に重なる.経済の混乱と停滞からHIV/AIDS対策資金は世界中で縮小,2021年の新規HIV感染者は世界保健機関が掲げる目標より100万以上多い150万人に上り,この傾向が続けば2025年の新規感染者数は120万人で,2025年の目標とされている“37万人”の3倍を超える.

今後も陸続ともたらされるに違いない世界の混乱のなかで,われわれはどのようにしてHIV/AIDSと戦うのか,懸念を抱くのは筆者らだけではないであろう.本特集では,これからのわれわれのHIV/AIDSに対する戦いにかならずや資すると希って,新進気鋭の先生方にご執筆いただいた.この特集が読者諸兄姉の診療と研究に裨益するとしたら,そして,さらに確固とした勝利の実現に寄与するとしたら筆者らの望外の喜びを超える.


潟永博之・岡 慎一・満屋裕明

目次

はじめに  潟永博之・岡 慎一・満屋裕明

巻頭カラー

座談会『HIV/AIDS診療の過去現在未来─医学はどう戦ったか,教訓と残された課題』  満屋裕明・岡 慎一・白阪琢磨・南 留美・生島 嗣

データで見るHIV感染症とAIDS  鍬田伸好・満屋裕明

HIV/AIDSとその治療の新展開

HIV感染症の治療の原則とその進展  白阪琢磨

薬剤耐性HIVの現状と課題  杉浦 亙他

HIV/AIDSの日和見感染症AIDS非指標悪性腫瘍  照屋勝治

HIV/AIDSと性感染症─代表的な性感染症に対する治療を中心に  安藤尚克・潟永博之

HIVとウイルス性肝炎─A型肝炎B型肝炎  古賀道子・四柳 宏

HIV/HCV重複感染と肝移植  江口 晋

HIV母子感染対策  田沼順子

女性妊婦小児高齢者のHIV/AIDS診療  南 留美

HIV感染者におけるCOVID-19─予後と診断治療時の注意点  中本貴人

2剤レジメンと長時間作用型治療薬  松村次郎

HIV感染症とsexual health─細菌性性感染症からヒトパピローマウイルスワクチンまで  水島大輔

臨床開発のパイプラインにある新規化合物  青木 学・中田浩智

HIV/AIDSの“治癒”を求めて  前田賢次

HIV感染予防の新展開

HIV曝露前予防内服(PrEP)の新たな展開  谷口俊文

HIV/AIDSに対する中和抗体とワクチン開発の今  松下修三

HIV検査システムの構築と拡充郵送検査  髙野 操・岡 慎一

HIV/AIDSと市民社会

HIV/AIDSへの対応─世界の現況  青木宏美・満屋裕明

エイズと報道─危機の時代の伴走者として  宮田一雄

HIV/AIDSの予防とケアに係るNGOのあり方  生島 嗣

特別寄稿

Cold Spring Harbor Laboratory Symposium Fifty Years of Reverse Transcriptase:逆転写酵素50年の歴史  杉浦 亙・満屋裕明

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:35.4MB以上(インストール時:76.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:141.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:35.4MB以上(インストール時:76.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:141.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784006028409
  • ページ数:120頁
  • 書籍発行日:2023年3月
  • 電子版発売日:2023年2月27日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。