医学のあゆみ285巻6号 自律神経のサイエンス

  • ページ数 : 120頁
  • 書籍発行日 : 2023年5月
  • 電子版発売日 : 2023年4月26日
¥2,860(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 52pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

企画:荒木信夫(埼玉医科大学名誉教授,よみうりランド慶友病院院長)
・自律神経系は,内臓諸器官とともに全身の血管,汗腺にも分布し,内臓諸器官の機能調節,血圧,体温の調節を行う.自律神経学の最も重要な研究対象は,それらの活動を統合的に制御する神経性・中枢性の制御機構である.
・多くの器官に関わる自律神経系の研究は,基礎医学から臨床医学まで広い分野に及び,西洋医学だけでなく東洋医学にも関連が深く,さらに生物学,薬学,心理学などを含んだ生命科学の広い領域とも密接に関係している.
・自律神経系の支配は中枢から全身の各臓器,血管,皮膚まで及んでおり,いわゆるhomeostasisの本幹に関わるシステムである.本特集では,この自律神経に関わる最近のサイエンスとしての考え方を紹介している.

≫ 「医学のあゆみ」最新号・バックナンバーはこちら
週刊『医学のあゆみ』 定期購読(2023年1月-12月)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

はじめに

自律神経の概念は1898 年にLangley1)により創出され,胸・腰髄(または脳幹部・仙髄)から起始する植物神経の末梢線維を自律神経と命名したが,運動神経と感覚神経が中枢線維と末梢線維をあわせてそうよばれていることを考慮すると,自律神経には中枢線維が存在しないという定義であり,妥当でなかった2).近年では,自律神経の中枢は中枢自律神経線維網(central autonomic network:CAN)とよばれる神経ネットワークであることが確立している.

自律神経系は,内臓諸器官とともに全身の血管,汗腺にも分布し,内臓諸器官の機能調節,血圧の調節,体温の調節を行っているきわめて重要な神経系である.そのため,その研究分野は非常に多くの領域にわたっており,血圧や脈拍の変動,呼吸の調節,消化管や肝臓の活動,排尿や排便,体温の調節,ホルモンの分泌,生殖活動,そして瞳孔の調節など多岐にわたる.そして,現在の自律神経学の最も重要な研究対象は,それらの活動を統合的に制御する神経性・中枢性の制御機構である.このように多くの器官に関わる自律神経系の研究は,基礎医学から臨床医学まで広い分野に及ぶ.基礎医学の立場からは,生体の機能を全体的に統合する自律神経機構の先端的研究が世界的に進められており,それは脳科学・神経科学の分野でも重要な領域となっている.また臨床医学においても,脳神経内科学,消化器病学,循環器病学,内分泌代謝学,泌尿器科学,眼科学など,さまざまな学問領域にわたる.また,西洋医学だけでなく東洋医学(漢方,鍼灸)にも関連が深く,さらに生物学,薬学,心理学,体育学などを含んだ生命科学の広い領域とも密接に関係している.

このように自律神経系の支配は中枢から全身の各臓器,血管,皮膚まで及んでおり,いわゆるhomeostasis の本幹に関わるシステムであることがわかる.本特集では,この自律神経に関わる最近のサイエンスとしての考え方を各分野で活躍中の研究者の皆さんにまとめていただいた.読者の方々にこの自律神経の世界を堪能していただけたら幸いである.

文献

1)Langley JN. J Physio(l Lond)1898;23:249-70.

2)田村直俊.自律神経2019;56:64-9.


企画:荒木信夫(埼玉医科大学名誉教授,よみうりランド慶友病院院長)

目次

第1土曜特集

はじめに 荒木信夫

自律神経の中枢制御

視床下部―自律神経系と神経内分泌系の統合中枢 丸山 崇上田陽一

自律神経系と予測処理機能 朝比奈正人梅田 聡

情動と自律神経 田村直俊

体温調節と自律神経機能

体温調節と発熱の中枢司令の基本原理 中村和弘中村佳子

自律性体温調節と行動性体温調節の相互作用―環境の温度刺激に対する応答からの考察 永島 計

血圧と自律神経

血圧調節における自律神経の役割 岩瀬 敏

腎交感神経による血圧体液調節機序 桂田健一苅尾七臣

消化管と自律神経

脳腸相関を介するストレスによるコレシストキニンの増幅作用 山口菜緒美屋嘉比康治

腸-肝臓-脳ネットワークによる腸管恒常性維持機構 寺谷俊昭他

迷走神経がつなぐ脳による腸管バリア機能調節 奥村利勝

胃電図による消化管自律神経機能の解析 荒木信之自律神経のサイエンス

パーキンソン病における自律神経機能障害

パーキンソン病に伴う心血管系の自律神経機能障害 山元敏正

パーキンソン病に伴う自律神経障害―排尿排便障害 山本達也

パーキンソン病に伴う心臓交感神経障害 竹ノ内晃之中村友彦

多岐にわたる自律神経の役割

発汗調整機構と発汗障害 大田一路中里良彦

睡眠と自律神経 藤田裕明鈴木圭輔

自律神経と排尿機能 朝倉博孝篠島利明

自律神経によるエネルギー代謝制御 中里雅光

交感神経によるリンパ球動態の制御―その分子機構と生理的病理的意義 鈴木一博

眼自律神経障害からみたcomputer vision syndrome―生活習慣病としてのデジタル機器による視覚への影響 原 直人

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:10.8MB以上(インストール時:26.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:43.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:10.8MB以上(インストール時:26.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:43.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784006028506
  • ページ数:120頁
  • 書籍発行日:2023年5月
  • 電子版発売日:2023年4月26日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。